ヒーリングセッションやっています

パワーストーンブレスレットの寿命はある?替え時サイン5つを伝授!

パワーストーンの替え時をおしえます。

石屋さん

まめたろう

直感がその時なのです。

※この記事は、パワーストーンブレスレットの寿命がいつなのか?そして替えるベストなタイミングについて具体例を挙げつつお伝えする内容になります。

今日はパワーストーンブレスレットを身に付けている上で、湧き上がってくるだろう疑問についてお答えしますね。

よくある疑問が、

パワーストーンブレスレットってずっと付け続けていいの?

いつ替えたらいいの?

といった疑問です。確かに身に付けていて例えば、壊れたとかならめちゃくちゃ分かりやすいんですけど、中には壊れてないけど替えてあげてもいいかも。と思えるようなブレスレットはわりとあります。

なので、今回は、ろばのせかいでオーダーメイドブレスレットを提供してくれている石屋の彼女にパワーストーンブレスレットの寿命かも?そして替え時は?をテーマにお伝えしてもらう内容になっています。

ぼくも彼女のブレスレットを使用しています。以下の記事でどんな人がつくっているかがわかるので興味がある人はのぞいてみてください。

パワーストーンブレスレットの寿命は?

私は石が「もう守れそうにないかも〜」「もうあなたには必要ないよ」などと言ってるように感じたことがあります。

なので「元気バリバリ!まだまだいけるよ!」みたいに感じる場合は付けてます笑

基本そんなざっくりした直感で大丈夫なんですが、分かりにくいと思うので、お客様から聞いた話に基づき、いくつか例をあげてお話していこうと思います。

自分が寿命かも?と思ったら寿命ということが大前提らしいです。

まめたろう(僕)

パワーストーンの寿命は・・
自分が替え時と思ったそのときがベスト!!

パワーストーンブレスレットの替え時サイン5つ

これだけで終わるとさすがにわけがわからないので、分からない人は、以下をみていきましょう。

①いくら浄化しても石の濁りが戻らない

石のパワーが落ちてしまっているかもしれません。自分がもういいなと感じたら、感謝をして手放しましょう。また、自分の心身の状態によっても、若干ですが石の輝きが変わることがあります。

なので自分の調子が上がれば輝きが戻ることもあります。あと石によって、日に当てすぎると色が変わる石もあります。

詳しくは以下の関連記事でも読んでみてください。

②石が欠けた、又はヒビが入った

綺麗に1つだけ割れた場合、その石だけ魔を受けた可能性があります。

何個かヒビが入った、2個以上石が割れた場合はそのブレスレットとはさよならした方がいいでしょう。また、割れた場面にも注目してください。あなたに何かを伝えようとしているかもしれません。

あと、当然ですが硬度が低い石は、ぶつけたり落としたりしたら割れてしまうことがあります。

③繋いでたゴムが切れた

これは、人によって色々なパターンがあります。単純にゴムが劣化して切れた。その場合は結び直して付けても大丈夫です。普段から丁寧に扱うのはもちろん、ブレスレットは引っ張らずに、コロコロ転がすように付けてください。

引っ張ると、結び目がでてしまったり、ゴムが劣化する原因になります。

身代わりで魔を受けて切れた。何かの縁が切れた、または縁を切った方がいい、というメッセージで切れた。そろそろ替え時かなと思ったら切れた。などという人もいます。

④ブレスレットを無くしてしまった。

役目を終えたのかもしれません。あまり落ち込まずに、感謝の気持ちを送ってあげてください。

まだ縁があれば、その内ひょっこり見つかることもあるかもしれません。

⑤気に入っていたけど、急に付けたくなくなった

石が疲れている可能性もありますが、浄化しても気持ちが変わらない場合、もう手放す時期かもしれません。自分が新たなテーマやステージに向かう時に、もうその石が合わなくなることもあります。

付けたいか、付けたくないか。これが1番簡単な判断基準です。自分の感覚を信頼して手放すか決めましょう。

番外編:人にあげたブレスレットが切れたとき

あと、替え時とは関係ないですが、自分の付けてたブレスレットを人にあげたら切れたという例があります。

ブレスレットはあなたを持ち主として、あなたのエネルギーと同調している状態です。急に違う人が付けたらそれは石もびっくりします。もう自分は必要無くなったと思って切れてしまいます。誰かにあげたい場合は、新しいものをプレゼントしてあげてください。

他にも聞いた中で色々な例がありますが、主によく聞くのはこんな感じです。参考にしてみてください。

パワーストーンブレスレットの替え時まとめ
  1. 浄化しても濁りまくり
  2. 石が欠けたorヒビ入った
  3. ゴムが切れた
  4. ブレスレットを紛失
  5. 身に付ける気がなくなった

パワーストーンブレスレットの処分方法は自然へ返す?

石の状態が変わると、「よくないことが起こるかも…」と不安になる人もいるかもしれません。でも、あまり不安にならずに「身代わりになってくれた」と考え、「今までありがとう」と感謝の気持ちを送りましょう。

役目を終えた石は、自然に帰してあげてください。土に埋めたり、流れのある川に流してあげてください。

人の迷惑にならない場所にしましょう。近くにそういう場所がない場合は、自宅の植木鉢や、瓶、小皿などに集めておいてもいいです。今まで付き合ってきたパワーストーンです。ゴミ箱にガサッと捨てることはしない方がいいです。

パワーストーンは、自分の状態を写すこともあり、自分を知るきっかけにもなります。普段から観察して、石からのメッセージを受けとってみてください。

最初から意識を高く持たなくてもいいけど、パワーストーンと向き合っていくことで、自分と向き合う練習にしてほしいと思います。

まとめ:パワーストーンブレスレットもエネルギー調整が必要かも

今回はパワーストーンブレスレットの替え時をお伝えしていきました。

ぼくも頻繁にブレスレット替えているわけではないですが、彼女の言うように切れたり、必要ないなあと感じた時は新しいものに交換しています。

余裕があったり、好きな人は2-3個ずつ持っておいてローテーションで使っていくと、石の消耗を防ぎやすくなったりもします。

自分の石を大事に扱いながら相談することをかなりおすすめしておきます。

いつも読んでくださってありがとうございます。

彼女のブレスレットが気になる方は以下よりぜひご覧ください。

石屋さん

長持ちさせるためには浄化が大切です。さざれ石などの浄化グッズも販売していますのでオーダーの際に気軽にお伝えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください