ヒーリングセッションやっています

東京バイバイして田舎に移住するといのししとか普通にもらえますよ。~ゾンビだらけのTOKYO編~

今回は、ちょっとじぶんについての移住を位置付けてみたいと思います。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

田舎舐めんな。

移住のススメ?・・・

前略、東京は臭かった。

いつもブログを読んでくれてありがとうございます。今回は、ちょっと自分のことについて書くのでつまらない人には、つまらないかも!

まず、僕の生い立ちとして、ぼくは地方出身で大学入学と同時に東の都は東京へと、上京した次第です。

まあ、語りえぬことも多々あるんですが、やんやあって卒業後は、サラリーマンをしていました。

電車に揺られ、どんぶらこ、どんぶらこ。バスに揺られ、痴漢の濡れ衣をきせられることはなかったけど、ゆらりゆらり、強風にあおられる雲のような生活でしたね。それでも、東京での生活は、わりと面白かったと思います。

あらゆる人があらゆる速度で行き来して、色々な角度からモノがモノを刺激する、コンクリートジャングル!な一面もあれば、

電車で少し走ると、片田舎のような風景が広がる。夏の夕暮れ時に、電車の窓から早送りのコマみたいに覗かせる風光明媚な雑踏は、結構好きでした。

仕事も、好きで、プライベートもパリピほどとはいかなかったけど、「まあ満足。」と言える世界でした。

でも、ある日、気づいたのです。

東京の水ってまずいな。って。

東京の空気は苦いな。って。

東京のもやしって腐ったにおいがするな。って。

東京ってゾンビがたくさんいるな。って。

頭の先からつま先まで流れている、纏っているものが嫌になって、あー。俺ここには住めないな。ってなっちゃったんですよね。

生活のせいでも仕事が嫌になったわけでもない、ましてや、上手くいかなかったことなんて、そんなになかった気がする。

それで気づいたら、日本地図開いて、あーここが俺をよんでいる気がするって思えて、地方のよくわからない土地を目指して全部捨てて、

歩いてました。うん、ほぼへんたいだね。でも、良いんです。頭で考えることより、心で感じたことの方が重要だし、心で聞いたことの方がたぶんぜったい役に立つから。直感ひらいたひとは、たぶん東京になんかいないんじゃないかな(偏見だけど。笑)

そんなこんなで、ぼくの場合、「移住」ってことばよりも「散歩」とか「遊牧」ってことばの方がしっくりくるのおいておいて、

とりあえず、さらば青春の東京!くるりの東京っていい曲だなーと思ってたら、いまいる場所につきました。

 

移住のメリットとデメリット

住む場所を変えたら、いのししをもらえた件。

そんなこんなで、ある場所にやってきたんですけど、トータルを考えたら、正解だったと思います。

よく、「田舎 移住 おすすめ」とか調べて出てくるようなススメ方はまったくできませんが。そもそも助成金やら、なんやら、移住促進、田舎暮らしに幻想抱いている時点で、たぶん今いる場所にいるほうがいいですよ、

大変なので。笑

あと、地方移住とか、移住しようとか、国や市やコンサルあるいは個人が動いてますが、大部分はやり方次第でブルーオーシャン(だった)だからじゃないですかね。笑

おしゃれな雑誌、専門学的な文献や新書、準じたイベントや政策、マクロもミクロも含めると、絶対簡単に儲けられるからじゃないかな。って思っちゃいます。これだけ、地方消滅とか、移住者増やそうとか言ってると、そっちの方が怪しいというかね。

だって、近所の農家さんとかみると、別に困ってないですよ。たべられる米と野菜と肉と魚。卵だって豊富にある。

確かに、若者消えていってるし、高齢者多いけど、死ぬとか100%ないですもん。

何十年後とか見越しているんだろうけど。そのとき、テクノロジーの発展とか、むしろ「生きる」概念的なモノが変化していない根拠なんてゼロじゃないですか。

この辺は、ぼくはあまり詳しくないので、もうちょっと勉強しようかな、おススメあれば教えてください。

話をぼくに戻すと、田舎暮らしのメリットは以下になりますかね。

移住メリット
  1. いのししとかブリがタダでもらえる。
  2. 空気がうまい
  3. 「外側」より「内側」が大事!
  4. 方言が面白い
  5. 少しだけできると尊敬される(ソフト面)

いのししいる?わりとフランクに聞かれることもあるんで今度もらって、さばきたいと思います。

逆に、デメリットはこんな感じ。

移住デメリット
  1. 人との距離が近すぎる。
  2. 文化がじゃっかん違うので誤解を生む。
  3. 癒され過ぎてダメ人間まっしぐら。
  4. 噂好きなひとがおおい。
  5. マックとかファーストフードなし。

 

人間、矢張りないものねだりなところが多いので、要するに自分が何が欲しいかで住むところなんて、

地球でさえあれば何でもいいと思いますよ。老後に火星もいいかもね。

なにをしたいかよーーーーく考えてみる。

ぼくは、きっと111歳以上は生きると思っているので、四半世紀ごとに過去の自分捨てて、人生何回もやりたい。って思います。

そしたら、「東京」バイバイまた来世で。っていう答えになりました。

見たことないものを食べてみたいし。感じたことない感情を聞いてみたいし。食べたことないものを感じてみたい。

もっといろいろな自分に会ってみたいし。って感じで気づいたら「散歩」に出ておりました。

※奥さんからは前世からのストーカーで、東京の生活捨てて、隠れてる私を見つけに来た。とへんたいと言われております。

移住ってことばがハードルを高くしているんじゃないかなって感じるので。

元来、ホモサピエンスとかもっとさかのぼると、

ぼくら人間の行動原理って飢えなくて死なないように。住みやすいところ。天敵から逃げよう。

みたいな感じだった思うんですよ。

それが、今天敵もいなくなって(社会と人間っていう天敵はいるけどね。笑)、そうなったダラケきった仙人みたいな状態なぼくらが

やることってもう、「好奇心」とか「興味」だけが必要で、それに基づいて行動したほうが人間らしいと、ぼくは思いますよ。

少なくとも、ぼくは、自分の感受性くらいは自分で食べておきたいかな。茨木のり子ちゃんとはちょっと違うけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください