ヒーリングセッションはこちら

パソコンに飲み物をこぼしたときの水没・水漏れ対処法まとめてみた。

ノートパソコンびしょ濡れ事件は本当に困る。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

派手にやっちまったよね。

 

ノートパソコンに水をこぼした時の対処方法(事前回避編)

パソコンを頻繁に良く使うひと、会社でやっちゃうひと、本当によくいるんですよね、

そして水をこぼしたときマジであわてふためき困ります。本当に気を付けましょう。

実際にぼくが、水こぼして復活するまでの過程を交えながらどうぞ。

パソコンの周りに飲み物を置かない。

そもそも論に集約しますが、これが一番の対策です。疑わしきは早めに回避。まずは、飲み物を置かないようにしましょう。でも、作業中にコーヒーとか、お麦の飲みものとか飲みたくなりますよね。でも、なるべく回避するのが無難です。

防水シートでキーボードをカバーせよ。

防水シートでキーボードをカバーしておくのも有効ですね◎ただ、100%安全じゃないし、横からこぼすケースもあるので、一応の対策としてカバーしておく。程度になります。

防水防塵機能がついたPCも最近だとリリースされていますが、ちょっとハードルが高いな。と感じる人には、

防水用のキーボードを普段使いで使うのが良いですね。

メーカーの修理・故障有料保証に加入しておくべし。

パソコンを購入するときについてくるあれですね。メーカー保証。ただ、有効期限があったり、故障の状況によって保証が付かない場合もあるので注意が必要ですね。最近だと、ノートPCなどのモバイル端末を対象とした保険もあるので、要検討してみましょう。

ノートパソコンに飲み物をこぼした時の対処法(実践編)

実際に水、コーヒー、ジュースなどの飲み物をこぼしたとき、どんな対処でデータを保全できるか、実践してみましょう。

何をこぼしたか確認しよう

まず、水、コーヒー、ジュース(砂糖)で復活の確率が変わってくるので、注意しておきましょう。復活の確率はこんな感じ(あくまで個人の感想)

  • 水>コーヒー>ジュース

これは、不純物が入っているか否かによってきます。砂糖や化学調味料などの不純物が入っているジュース類は、乾いて後でも、残る可能性が高く、復活が難しいとされている飲み物ランクNo,1ですね。ノートパソコンにこぼすのであれば、なるべく水がいい。これ覚えておきましょう。

電源コードを速攻で取り外す。(できればこぼして10秒以内)

まず、一番にやるべきはこれです。ノートパソコンに水をこぼすと、

①そのまま電源が落ちる

②電源はそのまま

のどちらかになると思います。

①の場合は速攻でノートパソコンの電源コードを抜きましょう。プラグオフです。

②の場合はシャットダウンをしてから、電源コードを抜きましょう。

これは、一番大事です。誰でもできるので簡単ですね。電源コードを抜くことで回路の「ショート」を防ぎます。難しいことや好きな子のこと考えすぎると「ショート」しますよね、それとまったく一緒です。パソコンが濡れて一番怖いのはショートして壊れることです。ですので、プラグオフが一番大事。また、周辺機器バッテリー(ノートPCの場合)も忘れずに取り外しておきましょう。バッテリーも絶対外してください。もし、バッテリーまで水が浸透していた場合、これも故障の原因になりうるので。

復活のカギは3つ

  1. パソコンに飲み物をこぼしたあと、10秒以内に行動
  2. 電源コードを抜きまくる。
  3. バッテリー&周辺機器もはずす。

絶対に動かさない&電源を入れようとしない

これも、超大事です!絶対に動かさない。かつ電源ボタンを連打しない。

飲み物をパソコンにこぼすと、ついつい焦って、PCを傾けて水を抜いたり、あるいは、電源ボタンを連打しがちです。でも絶対に動かさない&電源ボタンは押さないでください。PCを動かすと、浸水領域が広がり、濡れていない部分まで濡らす原因になります。絶対、傾けたり、焦って振り回したりしないでください。超重要です。また、PC電源ボタンを押すと、ショートの原因になります。完全乾燥するまで、絶対に電源ボタンは押すな!押してもダメなら引けとかそういう理論はいりません。絶対に押さないでください(※フリではありません)

超重要ポイント二つ+α

  1. PCを動かしたり傾けたりしない。
  2. PC電源ボタンは絶対に押さない。
  3. 復活すると念じる。

ひたすら、乾燥させる。(タオル、布、ベストはこたつだよ。)

電源コードを抜いてバッテリーを外したら、できることはしっかり吹いて乾燥させるだけです。もうそれしか、自分でできる対処方法はありません。

タオルや布を使って吹きまくる

キーボードにこぼした場合、キーボード上をゆっくり吹いてあげてください。ゴシゴシは厳禁です。そんなにしつこい汚れは、ついていません。ゴシゴシ洗うのは、油とプライドだけで十分ですね。全水分よ、このタオルに吸い付け!とクロコダイルばりに頑張りながら水分を取り除いてあげましょう。PCの扱いに自信のあるひとは、メインボードの方も外して、分解してよく吹いてあげるといいです。

ただ、自信のない人はやらないほうが絶対に良いです。

ドライヤーを使って乾かす。

タオルや乾いた布で吹いた後は、ドライヤーを使うといいです。ドライヤーの冷風か温風かって迷うと思うのですが、近づけすぎると温度が高すぎるので、冷風がおススメです。ドライヤーマスターにここでなっておきましょう。

こたつにぶち込め(一番おすすめ)

天日干しがいい。など、水没させたパソコンを完全乾燥させるには色々な方法がありますが、冬にこぼしてしまったあなたはラッキーすぎます。こたつというノートパソコン専用、最強乾燥マシーンがあるからです。こたつで放置すると8割方、復活の可能性がありますね。(余計なことしなかった場合)ぼくも、水を大事なノートにこぼしましたが、こたつという最強マシーンがあったため、1日で復活しました。冬でなくても、すぐにこたつが出せそうな場合、やってみる価値まじでありますよ。

後日PCに詳しい方に話を伺うと、こたつで24時間ー72時間(多ければ多いほどいい)放置して、電源を入れると、かなりの確率で復活するそうです。絶対に乾燥するまで電源は入れないようにしましょう。

パソコン修理のプロに依頼しよう。

一番、間違いないのは、修理のプロ。

完全、乾燥を試みて、満を持して、電源をON…でも、つかない時もありますよね。ちーん。でも、まだあきらめないでください。パソコン修理業者にお願いしてみましょう。

データ復旧からもしかしたら、本体復帰まで、完璧に見てくれるプロにおまかせですね。

パソコン修理はドクター・ホームネット

パソコン修理設定サポートの【ドクター・ホームネット】

ドクター・ホームネット

であれば、24時間頼めるし、日本全国対応しています。ぼくも水を愛用ノートパソコンにこぼしたとき、絶望していましたが、データ保全だけは修理屋さんにもっていけばできると確信していたので、なんとか心を落ち着けることができました。笑こぼしても、あきらめないで。念じてみよう。

今回は、パソコン水没解決方法でした。

まめたろう(僕)

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください