ヒーリングセッションやっています

【体験談】ソウルメイトの意味は?出会ったときの特徴とソウルメイト診断方法

ソウルメイトっているんですよねー。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

私がソウルです。

※この記事は、10日で結婚決めたぼくがソウルメイトにめっちゃ会える方法をこっそり伝授する内容になります。ツインソウルとかツインレイとかツインフレームとかは、チャネラーが言葉を作ったんですがなんかキラキラしているイメージですね。

みなさんは、ソウルメイトという言葉にどんなイメージを抱いているでしょうか?運命の人?会ったら心が通じる人?言葉では説明できない?色々な考えがあって、感じるままが正解なのは間違いないです。

ソウルメイトは、要約すれば、魂が呼応するパートナーとのことです。今回は、ソウルメイトっぽい人と出会って結婚したぼくが出会った時に感じたこと、特徴、どんな意味をもつかをぼくなりの目線で共有していきます。参考になる部分があれば嬉しいです。

目次

体験談 ソウルメイトと出会って10日で結婚したぼく

いまさらぶり返す必要もないのですが、今の妻とは出会って10日くらいで結婚を決めています。お互いの過去とか、周りの交友関係は結婚してから知ったことの方が多いですね。

周りからえ?と言われることが多いですが、ぼくからしたら、結婚をするかしないかなんて感覚ビンビンだったら2秒で決まります。

主には自分の魂・ハートに従って行動していれば、色々なことが早くなりますね。そのくらい今の地球は軽くなってきています。結婚はかなり想定外でしたが。

結婚していえるのは、ソウルメイトは言葉で想像したり、妄想するよりも会えばわかるのでなんとなく伝えるのが難しいですが、ひとりでも多くの共感覚をもつひとと会えると地球での生活が何万倍も楽しくなります。

そして、これからのぼくらには互いに理解が深いパートナーはかなり必要になってくるでしょう。とりわけ、エンパスだったり、相手との距離感に悩んでいるひとには理解者という存在ほど心強いものはないです。

ソウルメイトの意味は?ソウルメイトの種類

最近だとソウルメイトやツインなど、耳にしたことのある人が多くなってきましたね。よく運命の人や恋愛における文脈で語られていますが、それは「一部分」ということを理解しておいた方がいいです。

日本だと、ソウルメイト=運命の人だったり、ツインレイは最強のパートナーという文脈で語られますが、もちろん異性のことや同性のこともあるということは片隅にとどめておいてもいいかもしれません。

正直、性別なんてどっちでもいいんですよね、ぼくらは何度も両方体験しているので(笑)

ソウルメイト=恋愛や結婚に結びつけることは必ずしもできません。

ソウルメイトはおそらくスピリチュアルっぽいチャネラーさんから生まれた言葉ですが、ぼくの中のイメージでは、以下になります。

  • 前世で関わりのあった人
  • 生まれた星(出身星)が同じ
  • 同性も異性も両方
  • 今世で互いに学びがある人
  • 互いの成長を促す人

細かくあげればもっとあるのですが、端的に言うと、魂のつながりをもったひとです。チャネラーのリサさんは、「地球の人間関係における7つの段階(ピラミッド)」と題していくつかに分けて定義しています。

参考 参考サイトリサスミスさん

1.ディバイン・コンプリメント (Divine Complement)

直訳すると、神聖なる補完者です。簡単に元サイトを翻訳すると、ネガティブな面もポジティブな面も映し出す鏡のようなひと(相手)。のことです。

互いに「学び」が与えられる関係にある間は一緒にいるけど、終わったら、すぐに離れていくようなひとです。年齢や価値観とともに人間関係が変わる経験を誰しもしたことがあるのではないでしょうか。

リサさんによれば、地球で結婚もあれば離婚もある一つの理由はこのコンプリメントをパートナーに選んだ場合と言っていますね(笑)

互いに高め合える存在であるうちは・・・。といった感じでしょうか。ぼくらは波動上昇し続けたいと願うので、学びが終わったらそれまでです。キッパリ次にいきましょう(笑)

2.ソウル・メイト (Soul Mates)

リサさんによると、ソウルメイトは、生まれ変わる前に約束を交わしてきたひとで、あなた自身が誰であるか、あるいは何であるかを強く伝えるために現れるひとのことです。自分とは何者かを教えてくれる人のことですね。

特別な出会いで、人生を変えるひとで、それはネガティブでもポジティブな意味でもどちらも可能性があります。というのも人によって学びも立ち位置も違うからです。

今世と別世(過去世や来世)のソウルメイトは違うこともあります。(パラレルワールドのようなイメージをしてもらうとわかりやすいかもしれません。あなたは「今」ここにいるんですけど、同時に「今」ここにいない的なイメージです。)

人によっては、恋愛関係になるひともいるし、そうでないひとも。もちろん同性でもありうるし、異性ということもありえます。人生や今世での学びによって、人それぞれ違うところですね。

3.ディバイン・エクスプレッション(A Divine Expression)

直訳すると、神聖な表現者のことです。あなたの人生にめちゃくちゃ強い印象を与える存在のひとです

間違った方向に進んでいるときに叱咤してくれるような人や、正しい方向に進んでくれる時にめちゃくちゃ後押ししてくれる存在です。

ツインレイに会った時のような衝撃を覚えることもあります。

4.ツインメイト(A Twin Mate)

ツインメイトは、地球・太陽・銀河のワーク(活動)のためにつながる存在(集団の一部分)です。1人につき最低でも144人は存在するそうです。けっこう多いですね(笑)会社とか想像してしまいます。

地球にいる人もいれば、宇宙にいる人もいるようです。ハートチャクラビンビンにしておけば必ずつながる存在でもあります。

5.ツインソウル(A Twin Soul)

ツインソウルは、非常に近い振動数(波動)をもっているひとです。ここはぼくの解釈ですが、おそらく魂の根本的な波動の部分のことです。ツインメイトの中でも、かなり波動が合うひとで、主に地球での活動をともにします。

かなり昔から知っていた、そしてこれから先もずっと一緒に学んでいくと感じる相手です。アセンテッドマスターも一緒です。こちらも恋愛関係になることもあれば、ならないこともあります。

6.ツインフレーム(A Twin Flame)

ツインフレームは、銀河(宇宙)にいた時から3次元に至っても一緒に活動(ワーク)してきた存在です。かなり前に決められて、そして永遠にずっと同じツインフレームをもち、7人いるそうです。ツインレイを除けば一番結束が固い存在です。

ツインレイに出会う前にこのツインフレームが集まるらしいです。言わずもがな、今の3次元にもいるし、高次の次元いることもあります。

ツインフレームにはかなり強く特別な絆があり、心の深くから繋がれる存在で一生忘れません。地球における男女の性を越えて「個」としてハートで分かり合える存在です。

7.ツインレイ(The Twin Ray)

ツインレイは、互いにとって究極の存在です。多くのアセンテッドマスターが再統合(再会)を待ち望んでいます。もう一人の自分、あるいは自分の半分と思えるような存在。ミッションも責任もまったく一緒です。

あなたが3次元(地球)にいるときに、ツインレイは宇宙にいたり、または逆だったりすることもあり、地球で会った完璧とおもえるパートナーは、ソウルメイト、ツインフレーム、あるいはツインソウルという可能性もあるくらいなので、もしパートナーがツインレイだったらめちゃくちゃ珍しいらしいです。

なんとなくイメージが掴めたでしょうか?まあ、リサさんは色々と定義していて、専門用語もあって、分かりづらいですが、難しく考えずに、あなたの人生に影響を与えるひとはどれかには入るということですね。

結婚相手が、ツインフレームだとか、恋人はツインレイだとか、ぼくの感覚だと気にする必要全くなしです(笑)頭でっかちになるよりも、感覚で言葉では表現できない部分で語り合える関係の方がとても素敵です。

サナンダ的人間関係の図
  1. ディバイン・コンプリメント
  2. ソウルメイト
  3. ディバイン・エクスプレッション
  4. ツインメイト
  5. ツインソウル
  6. ツインフレーム
  7. ツインレイ

ソウルメイト診断!会った時に感じるソウルメイトの特徴7つ

ソウルメイト診断って言いましたが、この人ってソウルメイトかな?って見た目で見分けるのってかなり難しいとぼくは思います。というのもソウルメイト自体が、魂のつながりに重きを置いているからです。

一般的な特徴は、気が合う。初めて会った気がしない。とかでしょうかね。なんとなくぼくがイメージするソウルメイトの特徴を投げておくのでヒントにしてみてください。

言わずもがなですが、これに当てはまれば、ソウルメイト!当てはまらなければソウルメイトじゃない!なんてことはまったくありません。

ぼくは妻とソウルメイトだと勝手に思っているのですが、ぼくと妻に共通する事項でも、書けばたぶん誰かの何かの参考にはなると思うのでぜひ(笑)

ソウルメイト特徴①手や足の形が似ている

これ、たぶん色々なひとが言っていることの1つだと思うのですが、手や足の形は似ています。身長はぼくの方が大きいのですが、ぼくと妻はほぼ同じくらいの手の大きさですね。

(妻の手がやたらとでかいわけではありません(笑))

手や足の形が似ているのとソウルメイトに関して必ずしも相関関係があるとはぼくは思っていませんが、おそらく、今の時間軸以外だったら、性別が入れ替わったり、性格が逆転しているから、手や足にも共通点があるのではと予測します。

ソウルメイト特徴②波長が合う

この、波長が合うも多くのひとが言いそうですね。結局、ソウルメイトは前世や次元の違う場所でつながりがあるので、波長は合います。ただ、ぼくのイメージでは、ここでいう波長が合うというのは、本来持っている波長という意味の波長です。

ぼくらは色々なモノに縛られたり、引っ張られたり、思い込むことで、波長は日々変化しています。ただ、本質、本来自分が持つ波長というのは実はそんなにブレないんじゃないかなというイメージがぼくにはあります。

だから、波長が合うのは、互いの本質部分での相性が良いということですね。言ってわかることよりも言わなくてわかることの方が多いなんてこともあるかもしれません。

ソウルメイト特徴③波長が全く合わない

波長が合うのと全く合わないって全員やないかい!って感じですよね(笑)

これは、上の延長になります。波長は変わるので、互いが出会った時、一方が本来の自分の波長をもっていたとしましょう。もう一方は、本来の自分とは違う波長をその時点では持っていとしたら、この波長が全く合わない現象が起こりうるのかなと思います。

だから、良くも悪くも、お互いどんどん変わっていくし、その過程で互いの本質に気が付く場合もあるし、そうでないことももちろんあります。今世はここまでで、また来世で会おうぜ!って感じですかね(笑)

ただ、互いが成長する鍵を絶対持っているので、気付きはたくさんあります。

ソウルメイト特徴④初めて会ったような気がしない

過去世や前世に関係があるソウルメイトもたくさんいますので、これは感覚の部分ではあります。ただ、ぼくのイメージだと、結局ぼくらが「いま」の時間軸で出会っているひとって、結局過去でも次元が変わっているところでも何かしら関わりがあるので、

全員会ったことあるし、会っているんですが(笑)ただ、ソウルメイトの場合は、他よりはじゃっかん強く魂の部分が反応するイメージがあります。デジャブなんかも起こるかもしれません。

恋愛やロマンス寄りになると見失うことも案外あるかもしれません。

ソウルメイト特徴⑤性別が気にならない

これ、ぼくが勝手にイメージしていることですが、おそらく過去世や次元が違うところでは、性別が逆転していたり、同性同士だという可能性もあるので、

ソウルメイトに関しては、同性だろうと異性だろうとあんまり関係なく、その人自体をみつめることになるかもしれません。言わずもがな、肩書やその人が何をしているか。なんてことも全く気になりません。

ソウルメイト特徴⑥魂が共鳴する(耳鳴りとか)

魂部分が繋がりが深いので、ソウルメイトは会えば魂が共鳴します。具体的に、耳鳴りがキーンってするとか、一緒にいると眠くなるとか、そういう反応が起こる場合もあります。

また、人間関係が変わったり、自分が変わることもあります。外側の変化よりは内側の変化が大きい印象です。

ソウルメイト特徴⑦会えばわかる

もとも子もない言い方にはなってしまうんですが、会えば絶対にわかります。というか、魂は直感的に気が付いているのに、自分がブレていると、疑念や雑念が入る可能性が高いので、もしかしたらそれはソウルメイトではないかもしれません。

ソウルメイト!ってパって一瞬で思って、おそらくブレることなく、そして、一瞬でその想いが消えちゃうなんてことも珍しくありません。直感ってすぐに消えちゃうので(笑)

掘りだせばまだまだ、あるんですが、とりあえずのところこの辺が軸にはなってくるのかなと思います。ぜひソウルメイトっぽいひと探してみてください(笑)

ソウルメイトと結婚するの?既婚で出会ったらどうなるの?パートナーシップについて

ソウルメイトが仮に異性だったり、同性が好きな方は同性だったり、つまり恋愛関係を想定した場合、かなり気になるところだと思います。男女の恋模様って乱気流より激しそうですもんね(笑)

ぼくらはたまたま、タイミングで結婚という形を取りましたが、ぼくの感覚だと必ずしもそうなるとは限りません。だからと言って、運命の人じゃない。ソウルメイトじゃないっていうことにはならないのでご安心ください。

ソウルメイトとのパートナーシップについていくつか分類してみましょう。どれを選んでも間違いとか失敗とか、正解とか合っているとかはないです。このあたりは悩んでいる方はぜひご相談してください。

ソウルメイトと結婚する

ソウルメイトと結婚するぼくらみたいなパターンもあります。強烈に惹かれたから。とか、ドラマティックなあれやこれをイメージさせそうなので一応言っておきますが、ぼくらは違って、結婚以外にその瞬間は考えられなかったからです。

だから今後は離婚するかもしれないし、そのときの互いの気持ちに寄りますよね。結婚は紙一枚の契約なので、ぼくも妻もそこは特にこだわりはないんですが、状況とタイミングでした。

互いに既婚のソウルメイト

既婚同士で出会うソウルメイトも多いです。ここ、勘違いしがちなので、言っておきますが、だからと言って、今の旦那さま・奥様がベストパートナーではないということではまったくありません。

ぼくは不倫や浮気が「悪いモノ」とは全く思いませんが、ソウルメイトだから今のパートナーと離婚しなきゃ。とか、惹かれたらヤバイ。とか思わないで良いですよ。だって、そういう恋愛感情を抜き出るところがソウルメイトの面白さなので。

相手が既婚者で自分が独身(逆もしかり)

こういう形のソウルメイトもいますよね。しつこいようですが、結婚はぼくらだけのルールです。宇宙とかソウルグループには結婚うんぬんの規約・規定・ルールはありません。

ソウルメイトとのパートナーシップってけっこう相談も多いんですけど、人それぞれ状況が異なるので、なんともこうです。ってことが言えないんですけど、おそらくどんな結果を辿るにせよ、あなたが何を学べるのか。ってところに落ち着くかもしれませんね

ソウルメイト診断&リーディングについて

ソウルメイトは診断方法ってぼくは正直ないと思っているのですが、ぼくがリーディングすると一応どんな感じに見えるかだけお伝えしておきます。ちなみに、そんなにバンバン会っている人はあまりいないかな?人にめっちゃよりますね(笑)

①ソウルグループパターン

ソウルメイトって、信じるか信じないかは別にして、ぼくがみるイメージだと同じ星にいることが多いです。出身星っていうのがあるとかって言われていて、ぼくもそんなに興味は湧かないのでなんともアレなんですけど、リーディングすると、星のお仕事していたり、

星で一緒に遊んでいたり、そんなイメージがけっこう降りてきますね。同じグループの人って感じです。

②過去世で繋がりがあるパターン

過去世でなんども一緒に過ごしている風景はよくリーディングでみます。ぼくと妻は、鎖国時代?の九州とかって言われたり、ぼくが妻のリーディングしたときは、シャーマンとかマヤ文明っぽいやつをみたりしました。ほかにも色々ありそうです。

男女関係で言えば、過去世で約束して一緒になる!みたいな人は必ずしもソウルメイトとは限らなかったりはするので、こればかりはみないとわからないって感じです(笑)

ソウルメイトって診断したり、リーディングしてくださいって頼まれたり聞かれることはよくあるんですけど、ぼくの本音を吐露してしまうと、ソウルメイトだろうとソウルメイトじゃなかろうと、ぶっちゃけどちらでもいいんですよね。

本質は案外そんなところではないです(笑)

ソウルメイトに出会う方法はシンプルかも

広い意味では、あなたの人生に関わったすべての人がソウルメイトといえますね。ただ、僕の感覚だと、頻繁にソウルメイトに出会うのは少し珍しい印象があります。

願っても来るタイミングや波動があるので一概に言えませんが、ぼくなりに出会う方法を共有します。

①自分の心に従って生きる

ソウルメイトに会う一番簡単な方法はこれに限ります。実物的なモノとか、「現実的に思える事柄」に引っ張られると難しく感じてしまうんですが、

実は、自分の心を殺さずに、のびのびと3歳児のように興味が赴くまま生きるのが一番ソウルメイトに会いやすいし、軽くて綺麗な想念を近づけるでしょう。

実際にぼくも、ソウルメイトっぽい妻と会ったのはやりたいことをやっていた時で、ソウルメイトに会うなんてこともほぼほぼ頭からかけ離れていました。やりたいことに夢中になっているときは、なんかうまくいくときが多いです。

そのひとつとして、タイミングでソウルメイトに会うかもしれません。

②具体的なイメージをもつ(アファメーション)

ぼくは瞑想や想念のせかいをもっているのですが、そういうイメージの世界であなたが実際にソウルメイトに会った。そして会った時の感情、その後の出来事、におい、空気をイメージすると、案外ソウルメイトに会うのは早いです。

アファメーションなんて言われる方法ですかね。ソウルメイトに会いたいなあ。と思うより。ソウルメイトに会ったぜ。センキューって断言しておく方法です。

そして関連記事に詳しく書いていますが、やっぱり行動して、ソウルメイトに会った時の感情を実際に味わうとかなりソウルメイトに会います(笑)

③行動する

一度断言&イメージしておけば、もう会うことは決定したんですが、やっぱり行動が大切です。ここでいう行動とは、出会い系アプリに登録しようとか、婚活に行こうとかそういう意味ではもちろんありません(笑)

自分をひたすらクリアリングするための行動です。具体的には、①の心に従って生きるとか、自分や周りに誠実になるとか、感謝の気持ちをもつとかフワフワした方法にはなってきてしまうんですが、

ぼくの感覚だと、ソウルメイトに会うのは決定事項に近いイメージなのでそこまで意識はしなくてもいいかもしれません。シンプルに自分らしく楽しんでみてください。

どうしてもそれができない状況っていうのがあるからぼくらは日々学んでいるのかもしれません。

ソウルメイトに会うことはゴールではなくスタート

正直ぼくの感覚だとソウルメイトがどうとか、そういう言葉には何も意味がないです。

ツインレイとカップルや結婚したひとが偉いのかというとそうではないですよね。

ただ、間違いないのは互いが互いに成長するための、学ぶためのスピード感や質感をかなり高めてくれることは間違いないのがソウルメイトです。パートナーになれば喧嘩や言い争いをする可能性もたくさんありますが、魂的に共鳴がハンパないからです。

ソウルメイトを引き寄せるよりも、まずは、あなた自身の魂と想念をスッキリクリアにしておけばまず間違いなくバンバンソウルメイトに出会うでしょう。

そして、ソウルメイトと共鳴することでまたひとつ本来のあなたに戻ることができるかもしれません。

ソウルメイトに会うことはもちろんゴールであったり、目的にはならないと思います。それがゴールのうちはたぶんまだそぎ落としたりする感情や、取り入れといた方がいい感覚があるかもしれません。

ソウルメイトは世界中誰にでも、どこにでもいるので、自分のアンテナビンビンで、意識やエネルギーでやんわりとつながってみてください。

ソウルメイトと会う前と会った後の変化について

ソウルメイトに会えば人生が光り輝いて、なにもかもがキラキラしてワクワクして、最強だ!世界は光に満ちている。なんて劇的な変化を期待しがちですが、そんなことはないとぼくは思っています。もちろんそういう人もたくさんいますが、

常に、そういう状態に無理矢理、在るのは逆に自分の首を絞めることになるのではないでしょうか。ソウルメイトに会ったのに人生うまくいかないなんて、この人はソウルメイトじゃないかも。と疑心暗鬼になる人も中にはいると思います。

人間なんで当然です(笑)

ソウルメイトに会って、一緒に話したり、コミュニケーションをとったり、異性であれば付き合いをしていく中で、たくさん発見があると思います。自分をうつしてくれる鏡のような存在です。

本来気付かなかった自分に気付いて、相手からたくさん学ぶことがあります。それがソウルメイトに会う本質ですので、ある種の「お役目」が終了したら、また次のソウルメイトに会うための準備が・・・なんてこともあり、別れを経験する人もいるかもしれません。

ソウルメイトに会ってどんな結末が待ち受けていても、あなたは必ずより自分らしさというものに気が付いているはずですので、ブレないでいてあげてください

ソウルメイトに会いたい、どうすればいいのかわからない。なんて悩みがある方はヒーリングセッションもしていますので、気軽にお問い合わせください。

いつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください