ヒーリングセッションやっています

15チャクラ?主要7つ以外のチャクラの種類や意味をまとめてみた

今回のテーマは「7つ越えチャクラ」です。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

宇宙までいっちゃうのかもしれませんね。

※この記事は、一般的に言われる「7つのチャクラ」以外のチャクラに関して、その種類や意味をまとめた内容になります。チャクラにも実にいろんなカラーがあって、バリエーションがあるらしいです。みなさんはどんなイメージをしているでしょうか?

チャクラとは、オカルトチックな話になりますが霊体(意識体)として在るぼくらのエネルギーの出入り口と言われています。ポピュラーな考えではチャクラは7つ説なんですが、いやまだまだたくさんあるで。という説もあります。

具体的には12、13、15、22チャクラ説なんてものがあります。22まで行くとさすがに宇宙まで行きそうなので、今回は15チャクラくらいまでをみていきましょう。

一般的な7つのチャクラの意味とは?

ヨーガマスターさんや、インド哲学マスターならご存知ですが、わりと一般的にポピュラーな考えでは7つのチャクラ説ですね。

7つのチャクラまとめ

こちらは、、各チャクラの意味やイメージ図に関してはいかにまとめてあるような感じです。

場所 テーマ
第1チャクラ 尾骨付近 赤色 生命力・バイタリティー
第2チャクラ 丹田 オレンジ色 感受性・欲求
第3チャクラ 胃のあたり 黄色 自我・個性・不安
第4チャクラ 心臓のあたり 黄緑 信頼・愛情
第5チャクラ のど 水色 自己表現・意思疎通
第6チャクラ 眉間・額 藍色 インスピレーション・直観
第7チャクラ 頭のてっぺん 紫色 宇宙意識・霊性

なんとなくイメージしてもらえれば大丈夫です。各チャクラに関して、ぼくがヒーリングなどでみる感覚、どうすれば活性化できるかなどについては以下の関連記事でまとめていますので、興味のある方は読んでみてください。

7つのチャクラ以外のチャクラの種類や意味まとめ

メジャーな7つのチャクラ以外にも、エネルギーの出入り口はかなりの数あるとされていて(70,000とか言う人もいます笑)、それ以外のチャクラをちょっぴりご紹介していきます。

ぼくは、「確かにこれは感じるし、みるときあるな」ってやつもあれば、「なんじゃそりゃ」ってやつもありました。個性によって見え方は違うので面白いですね。

まずは、画像をつくってみたのでそちらをご覧ください。色はめちゃくちゃてきとうです(笑)

上から順番に説明していきます。名前がやけにかっちょいいですね。

①ゴッドヘッドチャクラ(God’s Head Chakra)

まず1つ目はゴッドヘッドチャクラです。めちゃくちゃ名前がいいですね笑

場所は、クラウンチャクラ(頭のてっぺん)あたりから約30cmほど上にあるらしいです。聖人っぽいひととか神っぽいひとの後光が差す。とほぼ一緒のやつらしいですよ。

このチャクラが活性化すると、高次っぽい意識が刺激されて、内側からゴッドのエネルギーが溢れちゃうとか。逆にこのチャクラが乱れると、虚無感(無力感)がでてきたり、シンクロを感じられなくなるらしいです。

ゴッドヘッドに関してはぼく自身、実際にみたことないんでわからないんですけど、確かに後光っぽいオーラをもっている人がいて、この辺りのバランスを整えるといい感じになったりするときがあります。それがゴッドなのかは知りませんが笑

②ソウルスターチャクラ(Soul Star Chakra)

2つ目は、ソウルスターチャクラです。こちらはわりと知っている人も多いんじゃないかなと思います。色は白っぽい光です。(人によって個人差はあると思います。)クラウンチャクラの上に位置するって言われていますね。

このチャクラが活性化すると、ハイヤーセルフと繋がりやすくなったり、カルマ的な部分から解放されたり、異次元っぽいところに行きやすくなったり、色々起きるようですよ。

逆に、バランスが崩れると、宇宙っぽいところと繋がる感覚が欠乏しちゃうとか、意識の現実化がハードモードになるとかって言われています。

ぼく自身、この部分はあんまり意識的にはみないんですが、ピカーンって光っている人はみたことあります。その人がカルマを浄化したり、ハイヤーセルフと繋がっているのかは神のみぞ知るって感じでしょうね。

③松果体チャクラ(Pineal Gland Chakra)

3つ目は、松果体チャクラです。これは、サードアイチャクラの内側、いわゆる松果体の部分にあるチャクラです。

松果体が光るとサードアイチャクラが活性化するのはこれが理由なのかもしれませんね。確かにエネルギーの出入り口と考えれば松果体チャクラあるなあ。と感じるんですが、ぼくは初めて知りました。

松果体チャクラが活性化すると、いろんなスピリットとコミュニケーションができるようになったり、自分とも深くなれるらしいですよ。逆にバランスを崩すと、直感的なメッセージからは遠ざかったり、(社会的な)不安を感じやすくなるらしいです。

④ウェルオブドリームスチャクラ(Cerebellum Chakra)

4つ目はウェルオブドリームスチャクラです。夢の井戸とも言われているらしいですよ。ちなみに、英語だとCerebellum Chakraといわれていて、Cerebellumは小脳って意味があります。

場所は、首の裏側、後頭部と首の付け根にあるらしいです。(ここを押すと頭がすっきりするツボでもありますよね。)

夢や予知夢なんかを司るチャクラ、また、物事の価値判断をシンプルに受け取るにはこのチャクラをいい感じにするといいらしいです。逆にここのチャクラのバランスが崩れているときは、ネガティブな側面に心がいったり、にごった判断をしがちで、直感は薄れるらしいですよ。

この場所にチャクラがあるのは初めて知ったんですが、確かにここにサイキックアタックだったり、ネガティブなモノを溜めがちな人は、バランス崩れているときのような症状が出がちだとぼくも思います。

⑤サイムスチャクラ(Thymus Chakra)

5つ目は、サイムスチャクラです。別名は、ハイヤーハートチャクラらしいです、なんかかっこいいですね。

場所は、心臓とノドの中間くらいなので、だいたい胸骨あたりをイメージしてもらえればいいんだと思います。

ここのバランスがいい感じだと、神聖な愛(慈悲でもエゴでもない愛)や自分への愛で満ち満ちたいい感じになるらしいです。また、あらゆるものの中に感謝と美を見出せるけっこう愛溢れる人間になれるっぽいです。

バランスを崩しちゃうと、視野が狭くなって、物事をあらゆる角度から捉えにくくなるらしいです。押し付けがましい人、自己正義が素晴らしく強い人はここのバランスが乱れているのかもしれませんね。

サイムスチャクラも初めて知ったので今度からオーラバランスやチャクラバランスをチェックするときに仲間入りさせたいです。

⑥セイクリッドハートチャクラ(Sacred Heart Chakra)

6つ目は、セイクリッドハートチャクラです。場所は、ハートチャクラのすぐ下でわずかに左寄りにあるらしいです。

ぼくはハートチャクラとほぼ変わんないイメージでしたが、人間っぽい感情より、無条件の愛とか意識拡大(ワンネスとか)をコントロールしているようです。

ここが活性化していると、人生で進んでいる道に自信が持てたり、見えない世界からのメッセージを受け取りやすくなったり直感が冴えるっぽいです。逆にバランスを崩すと、混乱や共感力を損なう性質があるようです。

このチャクラに関しては、ぼくはハートチャクラとおんなじ枠でみていました。確かにハートチャクラがビンビンなときってみえない存在や世界から受け取りやすくなっているときなんですよね。

⑦コアスターチャクラ(Core Star Chakra)

7つ目は、コアスターチャクラです。場所は第二チャクラのちょい上、横隔膜のすぐそばらしいです。

魂の学び、神秘的な(深淵な)知識の追求を意味しており、このチャクラが活性化していると、この世界での役割や魂の目的を理解できるらしいです。逆にバランスが悪いと、ディスコネクト感が強くなるらしいです。

呼吸を司るのが確か横隔膜だった気がするので、このチャクラを活性化するには、瞑想とかが効果的のようですよ。

こちらもぼくは初耳チャクラです。

⑧アーススターチャクラ(Earth Star Chakra)

8つ目はアーススターチャクラです。場所は、足元の約30cm下らしいです。我らが母なる地球とのつながりを意味しています、読んで字のごとくですね。

このチャクラがいい感じだと、地球とのつながりを感じられたり、あとは地球が楽しくなったりするらしいです。逆にバランスが崩れていると、ホーム感が薄れて帰りたいとか言い出したり、自然のサイクルからプツンと離れるらしいです。

ルートチャクラ(第一チャクラ)をみるときここもついでにみるようにはしているチャクラです。アーススターっぽいチャクラは確かにぼくはあると勝手に思っています。

参考 The 8 Other Chakras You Haven’t Heard AboutSpiritual Unite

チャクラの種類は無限?

ざっとですが、7つのチャクラ以外のチャクラをまとめてみました。

もちろん、ここに記載しなかったチャクラ以外にもまだまだあります。それだけぼくらはエネルギーの出入り口に溢れているんでしょうね。

少し、ボリュームが多かったので、7つのチャクラ以外の8つのチャクラを表にしてみます。今回色について、記載しなかったのはけっこう色々な意見があって、たぶん人によって見え方の個性が出るんでしょうね。

場所 テーマ
ゴッドヘッドチャクラ 頭のてっぺんのけっこう上 高次意識・神のエネルギー
ソウルスターチャクラ 頭のてっぺんのちょっと上 カルマ・ハイヤーセルフ、他
松果体チャクラ 松果体 スピリットとのコミュニケーション
ウェルオブドリームス 後頭部と首の付け根 夢・価値判断
サイムスチャクラ 胸骨 Divine的な愛
セイクリッドハート ハートチャクラのちょい左下 無条件の愛・意識拡大
コアスターチャクラ 横隔膜あたり 魂の学び・神秘
アーススターチャクラ 足元の約30cm下 地球とのつながり

まとめ:チャクラの数や種類、意味はかなりあるかも?

チャクラの数に関しては、12や15だけでなく、22とする説など実にいろんなバリエーションがあります。

個人的には、7つのチャクラだけバランシング&調整しておけば特にそんなに意識することはないんじゃないかなと感じています。ぼくもヒーリングセッションでは基本的に7つのチャクラを整えています。

でも、せっかくいろんなチャクラがあるって今回勉強になったので、モノは試しで自分のソウルスターチャクラとかコアスターチャクラとかを刺激してみたいと思います。

確かに、今回ご紹介したチャクラに関しては、エネルギーの出入り口感はあるよなあというところばかりですね。あと、ぼくだけの感覚かもしれませんが、上にいけばいくほど色が薄く光っぽくみえる感じがします。あえて色でみるならばですけどね。

チャクラはどこが光っていればOKでどこが暗ければダメというのではなく、あくまで全体的なバランスが一番ぼくは大切なように感じています。

オーラもしかりですね。個性があって当然なので、得意分野・不得意分野はあります。それにしても、チャクラってなんなんですかね?笑

オーラに関しては、以下の記事でもそれっぽい感じで載せているのでより理解が深まるかもしれません。

いつも読んでくださってありがとうございます!

まめたろう(僕)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください