ヒーリングセッションやっています

第1チャクラが活性化&覚醒しすぎている9つの兆候と整える方法

まめたろう
まめたろう

今回のテーマは第一チャクラが過剰!

たっかぶり
たっかぶり

何事もバランスが大事よね!

※この記事は、ルートチャクラ、第一チャクラがバランスを崩して、活性化しすぎているときの兆候をまとめつつそれを整える方法なんかをシェアしていく内容になります。

第一チャクラについては、以前の記事でがっつりまとめてありますが、今回はそこの痒い所に手が届くような意味合いで過剰すぎ、暴走気味?なんかバランス崩れていないみたいなサインをご紹介します。

一般的に、ルートチャクラは「恐れ」と直結しているところだといわれ、肉体をもつぼくらがコントロールするのに苦労する人もけっこういるのではないかと想像します。

ぼくはルートチャクラが乱れることがけっこうありますよ。ぜひバロメーター的なチェック替わりに参考にしてみてください。以下の記事を読んでからこちらを読むと理解が深まる予感があります。

第一チャクラの意味・場所・色とは?ルートチャクラを開き活性化する方法
今回のお話の流れ
  • 第1チャクラのバランスが乱れていると・・
  • 第1チャクラが活性化しすぎている9つの兆候
  • 第1チャクラの暴走を整える方法
  • まとめ

第1チャクラ(ルートチャクラ)の乱れの傾向サイン

第1チャクラが乱れているときの傾向をマインドとボディに分けてみていきましょう。

感情の不調和

第1チャクラの乱れ(感情編)
  1. 恐れや不安
  2. 逃避
  3. 落ち着かない、不安定
  4. 拒絶感や孤立感
  5. etc…

第1チャクラが不調和(過剰でも不足でも)を起こしているときには、恐れに対して過剰に反応しているか、恐れにネガティブな無抵抗になっているイメージです。

ぼくの勝手なイメージだと、過剰なときは片意地を張って、エネルギーを食い散らかしにいっている感じを共有することが多いです。

(渇望して作られた)理想の自分になるために、自分や他人を犠牲にしている感じですね。

身体の不具合

肉体レベルの症状だと、こんなことが第一チャクラの乱れに関係があるといわれています。

第一チャクラと病気
  1. 便秘
  2. いぼ痔
  3. 潰瘍性大腸炎
  4. 下痢
  5. 盲腸炎
  6. 高血圧・低血圧
  7. 脳血管障害(脳卒中、脳梗塞)
  8. 鼻血
  9. 手足の冷え
  10. 頻尿、おねしょ、尿失禁
  11. 膀胱炎
  12. 腎臓結石
  13. 性機能障害
  14. 膣けいれん
  15. 性病(カンジダ、ヘルペス)
  16. 変形性関節症
  17. 水虫
  18. 骨粗しょう症
  19. パニック障害
  20. 不眠症
  21. 貧血
  22. etc…

不眠症やうつ症状に似た感じのものから生殖器官の不具合を引き合い出すことが多いです。

第1チャクラが活性化&覚醒しすぎている9つの兆候

ルートチャクラが過剰なバランスにあるとき、具体的にはどんなことが起こりやすいかをみてみましょう。

①恐れベースの決断や思考パターンになっている

恐れとは何かというとシンプルな答えは、自分の(造られた)想像と現実の乖離だとぼくは思います。要するに不安、懸念、心配のことです。

基本的にルートチャクラが暴走気味なときは、サバイバル根性が心の部屋を占拠しているので、

〇〇をしなければ〇〇にならないと自分で自分に足かせをつける決断や思考パターンをすることがほとんどです。

成功するためには、もっと頑張らないと!と思うことはそれが原動力となっているうちは恐れ(≒ルートチャクラのバランス)がとてもいい感じに働いていますが、

逆に、そう思いすぎて、裏の気持ちでは常に自分は不十分であると言い聞かせている状態になり、何に対しても満足できないというマインドを育てます。これが自己肯定&否定とか自己効力感みたいなワードにもなりますね。

恐れや恐怖の本質とは?手放す方法、克服する方法ってなんかある?

②うつ状態になりやすい

うつとは、気分が落ち込んだり、やる気が起きない状態のことです。エネルギー的にみると、絶望や悲しみに関連します。

ルートチャクラが過剰反応をしていると、物理的な側面、物質的な側面ばかりに目が行きがちになるので、目に見えるものだけが唯一無二の人生を構築する要素としてみなすような思考パターンになり、

自分自身が制限されます。

物質的な側面に目がいくのは決して悪いことではありませんがそれがすべての基準になり、「そこに」満ちていない自分はダメ。とか、「ふつう」でない自分を責めるなど、

うつ状態の引き金を起こす種をまきまくる可能性が高くなります。

物質を求めるなとか、欲は捨てよ。となるとお坊さんが登場するのですべてはバランスだよとぼくの心の一休さんはいっていますけどね。

③なんか身体が重い?

ルートチャクラは「尾てい骨」あたりにあるとされるエネルギーの出入り口です。そこが必要以上に活発化していると、身体が重くなるような感じを受け取る人もいるようです。

マインドの状態でいうと、表面上レベルのニーズにだけ極端に焦点が偏り、全体としての視点や視野を欠いている状態になります。

友達がたくさんいた方が素晴らしい人間だ。とか、お金を持っている人だけが正しいとかとか。いろいろですね。

また、物理的な部分でいうと、必要以上に買いだめをしたり、不要なモノで家があふれかえっているとかです。蓄えよ。備えよ。というのは行き過ぎると恐怖心を覆い隠す行為に他ならないってやつです。

④極端な視点、思考パターンに偏る

集中力にかかわるルートチャクラですが、こちらのバランスが崩れ活性化しすぎていると、視野が極端に狭まる可能性が高いです。

「もうこれしかない」「これだけだ。」「絶対~」みたいな口癖をよく使っているのであればルートチャクラ不調和を疑ってみましょう。

サバイブセンサーがスーパー敏感になっているとき、人間は極端な思考に偏ることが多いみたいですよ。

⑤欲求不満の負のループにいる

欲をもつことは良くないという価値観をもっている人もいますが、ぼくはそうは思いません。

欲求はその対象が何であれ、卑しいものでもダメなものでもなく、自分が欲しているものをクリアにする表現方法(マインド)の1つです。

ただし、それが(自分が足りないからなどの)渇望から来ているのか、純粋な願望から来ているのかを見極めてあげる必要があるとぼくは思います。

前者であれば、何をやっても満足感は得られず、厳密に言えば瞬間的な、かりそめの安心や満足は得られても次なるモンスターが登場する可能性が高いです。

後者は自分の純粋なところが希望しているところなので、めっちゃ満足したああああ!という感じはないかもしれませんが、ゆったりとした幸福感に包まれるイメージをぼくは持っています。

ルートチャクラが偏りすぎているまさにこの渇望のような状態になる可能性が高いです。

⑥「外側」が命!

ルートチャクラの得意な側面は物理的な部分にあります。

ただ、それが不調和を起こし、過剰反応していると、「見た目」がすべてになります。

例えば、お金をこの人生で使い切れないほど持ち、他人がうらやむ豪邸に住み、高級車でぶいぶいすることのみが、「人生の成功」としているなんて感じでしょうか。

もちろん、いろんな魂があり、それを目的にする魂もあるので一概には言えませんけどね。

少なくとも表面的な部分だったり、外側や物理的な世界にだけ焦点があっていて、もし人生に納得感を感じていないのであればそれは本来のあなたとズレている可能性がありますよ。

⑦蓄えすぎ問題

先ほども少し言及しましたが、ルートチャクラ過多は、サバイバルセンサーを過敏にさせます。

無駄遣いを多くしたり(もう何年も袖を通していないシャツが家に溜まっていたり)、必要以上に食べ過ぎたり、

冷凍食品や保存食の山が自宅の秘密の食糧庫にたまっているかもしれません。

エネルギー的な側面をいうと、自分の身体に必要以上にエネルギーをためすぎてる状態ですので、寝ても寝ても寝足りないとか、まったく眠くならないとかですかね。(てきとう)

⑧今あるものがわからなくなる

ルートチャクラを感情的にみると、不満足感に直結します。

スピリチュアルな言い回しをすると、自分に必要なものはすべてベストタイミングで来るし、すべてベストタイミングで起きるようになっています。いわゆる神聖なタイミングという宇宙の法則です。

このリンクが途絶えるので、今自分に何があって、この瞬間にあることを忘れてしまいます。

結果、過去の後悔が多くなったり、未来への不安がつのります。

今ここに生きるとは?真理ではなく1つのツールかもしれない件

⑨テイカーになる

自己啓発書に登場するギバー(Giver)とテイカー(Taker)ですが、前者は他人を優先する人を指し、後者は自分の利益を優先する人が主な定義になります。

必要以上に与えるのも受け取るのも個人的にはバランスを欠いた状態だと思いますが、ルートチャクラ過多のときは、不満足感から常にとるようなマインドが働きやすいです。

行き過ぎると、自分勝手な人、自分以外はどうでもいいみたいなネガティブな意味合いの自己中心的なアイデンティティが顔を出すでしょう。

また、スピリチュアルな言い回しをすると、地球もエネルギーですので、肉体をもって地球に住まわせてもらっているという感謝のエネルギーがなくなってしまうみたいです。

この美しい星よ万歳!と思っているそこのあなたには当てはまりません。

第1チャクラ(ルートチャクラ)を整える方法

活性化しすぎてるルートチャクラをバランスよくするにはたくさんヒントがあります。

基本的には先ほどあげた関連記事を参考にしてもらえればOKですが、ここでは、シンプルな方法を1つだけピックアップします。

心の条件を外す

物質的な側面に目がいきすぎているとき、ルートチャクラは働きすぎているので、物理的なもの以外で自分が満足感を得ることをかがけてみるといいです。

例えばですが、以下のステップを参考にしてみてください。

願望を決める

心の安定とか、今ここにいる幸福感とかそういう目にみえないものでいいとおもいます。

条件を外す

基本的にオーバーアクティブルートチャクラは、〇〇をしないとという前提条件をつけています。なのでそこに気が付いてみましょう。

今を感じてみる

無条件にいてもOK!これでいいだなあ。というエネルギーや心理状態を実感すると、自分のルートチャクラのバランスが保てたことになりますよ。

こんなことでお金や豊かさ、理想のパートナーが引き寄せられるのかよ!だからスピリチュアルなんてって突っ込まれるかもしれませんが、

すべては調和とバランスになるのでもしオーバーアクティブしていたらおそらくスムーズに人生が流れていきますよ。自分を大切にしてあげるとそこから流れが変わるってやつです。

ルートチャクラを整えてヘルシーな人生を

今回はルートチャクラ過多みたいなところに焦点をあてましたが、これはすべてのチャクラで言えることなのでゆっくりまとめていこうと思います。

簡単に言えばルートチャクラが過剰なときは、「恐怖心」を乗り越えようとあるいは、この地球でサバイブしようと肩の力を入れすぎて必死になっている自分の状態ともいえます。

ルートチャクラが不足の時はその逆ですね。地球どうでもいいとかどうせ自分はとか。

必要以上に肩の力を入れて人生を過ごすことは悪くないし、むしろ競争社会だったら重要なことかもしれませんが、一生それだと僕は疲れますので、白旗あげてゆっくり自分の世界を生きる日があってもいいのかなと思います。

自分にも他人にもひいては、地球にもやさしい人でいたいですね。

いつも読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください