ヒーリングセッションはこちら

【地球からみた宇宙】宇宙に関するおもしろ最新ニュースをまとめてみた

思いつきで宇宙に関するニュースをまとめてみます。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

興味深いね。

※この記事は、ぼくがピンってきた宇宙に関するニュースをまとめたものです。日常生活からオカルト、みなさんが想像する宇宙まで、さっくり読んでみてください。

タコやイカは宇宙に起源のあるエイリアンだった?!

面白いですね。タコやイカなどの頭足類(軟体動物で足がめっちゃあるやつ)は、「宇宙からやって来た」とする説を多国籍グループの科学者さんが提唱したそうです。

参考 タコやイカは地球外生物の影響から生まれた」とする説を科学者グループが発表Gigazine

イカやタコの見た目がエイリアンや宇宙人っぽいという理由ではもちろんなく、DNAや遺伝子がホモサピエンスのそれとはかなり異なる特異性からこの説を提唱しているようです。

気になる方は英語の論文を読んでみてくださいね。

ちなみに、ぼくの感覚だと、人間のなかに、イグアナ系とかドラキュラ系とか爬虫類系はいるのですが、タコやイカなどの頭足類の人間にはあったことがありません。

タコやイカが宇宙から来たエイリアンだとしたら、ぼくら宇宙人いるの?でアホみたいに議論しているところが、一気に、「人間、宇宙人日常的に食べている説」に変わりますね笑

132億光年先で発見。宇宙誕生初期に酸素が存在していた?!

これも、なかなか興味深いですね。大阪産業大学や国立天文の国際チームが地球からはるか132・8光年かなたに、酸素を発見したそうです。

参考 酸素、宇宙誕生初期に存在 132億光年先の銀河で発見朝日新聞DIGITAL

「人類史上最も遠い酸素が見えた時には、嬉しさを通り越してドキドキしていました。興奮のあまり、その日の夜の夢にもこの銀河が出て、よく眠れなかったほどです。」by橋本 特任研究員

酸素発見して、興奮して夢に銀河がでてきたひとは、おそらくこの橋本さんが宇宙で初めてでしょう。完全に変態ですね。笑

ちなみに、「132.8億光年かなたの銀河MACS1149-JD1の成長のようす」がyoutubeにあがっていたので是非ご覧ください。めっちゃエネルギー強いですね。

今回の研究結果で、生命の存在そのものを証明する証拠にはならないそうです。それでも興奮しますね。

天文学者たちが宇宙で最初の星、その痕跡を観測?!

宇宙の第一世代の星(初代星)は長く研究されている事柄のひとつです。その出現時期はまったくわからなかったのですが、今回宇宙で最初に誕生した星たちがビッグバンの残光として残したとみられる痕跡を発見したようです。これは暗黒物質(ダークマター)の手掛かりになるやもと言っていますね。

参考 Astronomers detect light from the Universe’s first starsNature

宇宙や銀河は、なぜ、いつ誕生したことはたぶん宇宙人も含め、もっといえば宇宙自身も含め誰もわかっていないから不思議です。ビッグバンと宇宙誕生説も本当かどうか確実なものでもないですしね。

僕の感覚では、ビッグバンが起因となるような「宇宙の誕生」もあったのだろうな。というイメージが入ってきます。

木星(エウロパ)に間欠泉をガリレオ探査機が発見したってよ。

エウロパは、木星の第二衛星のことで地球外生命体いるんじゃない?って言われてた有力候補の星のひとつですね。間欠泉がみつかったことで、地球外生命体、エウロパの海や湖に絶対いる。という単純な話になるわけではありません。

間欠泉に、宇宙船通せば、エウロパの水の中から生命体見つけられんじゃね?という話ですね。「いつになってもみつからない宇宙人」と「どこにでもいる宇宙人」。ぼく個人的には、どちらが先に「みつかる」か今後も注目していきます。

ちなみに、エウロパは、超有名な天文学者ガリレオ・ガリレイが発見した星のひとつですよ。

参考 【解説】木星の衛星エウロパに間欠泉、ほぼ確実NationalGeographic

ちなみに、宇宙やほかの惑星の地球外生命体は、目で見たことないのでわかりませんが、地球に地球外生命体がたくさんいるのはみなさんもちろんご存知ですよね。

故スティーブン・ホーキング博士の最後の論文は多元宇宙論について

「車椅子の天才科学者」と言われていた、あのスティーブン・ホーキング氏ですね。彼の本で、宇宙観が変わった人も少なくはないのでは。

ホーキング博士が、死去直前に書いていた論文は、「多元宇宙論」だったそうです。つまり、”われわれの宇宙とは別の宇宙が複数あり、それを観察できるかもしれない。”と主張していたようです。

パラレルワールドを拡げた、パラレルコスモスですかね?めっちゃ面白いですね。ホーキング氏。地球のルール(物理やニュートン力学)でこれを観察したらとんでもないことになりそうですが、これはぜひ研究を引き継いで論文を発表していただきたいですね。山口達也メンバーに揺れている日本人も目が覚めていくでしょう(笑)

参考 死去直前に完成のホーキング博士の論文、他の世界の痕跡の発見法を語るSputnik 日本

今回は、このへんで。ジャンジャン追記していますね。宇宙的なことは物理ルールだけにとどまらず近年では哲学や心理学の分野から様々なアプローチがされているので、けっこう解明されていきそうですね。楽しみです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください