ヒーリングセッションはこちら

チャネリングとは宇宙人との交信?誰でもできる練習方法やり方、コツや注意点まとめ

宇宙との交信、それがチャネリング!(ではないです(笑))

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

宇宙人、ヤヴァイよねええええ

※この記事は、「チャネリング」を宗教とかオカルトチックに捉えている方々が、もっと身近にチャネリングを感じて、それを使って、自分の人生に活かす方法についてまとめたモノです。

「チャネリング」ってぼくのイメージだとみんなふつうに日常でやっている行為のひとつで、そこをどう捉えるかの違いだと感じてます。殊、スピリチュアルになると怪しいとか宗教やん。という解釈になるのは、みなさんが一面でしかみていないからですね。

このせかいは意識やエネルギーがすべてです。繰り返しすぎてますが。

チャネリングの意味とは?

「チャネリング」という言葉を聞いたこともあるひとも、もちろん知っているというそこのあなたも、どう定義して捉えていますか?

宇宙との交信、高次の意識とつながる、霊性やスピリットのメッセージを受け取る=チャネリングとスピリチュアルな文脈では語られていて、そう理解しているひとが多いのではないでしょうか?

もちろん、そういう一面もチャネリングではあります。ただ、それはチャネリングの一部に過ぎないということは心に留めてそっと胸ポケットあたりにしまっておきましょう。

ぼくのイメージでは、チャネリングは特別ではなく、ほぼ100%全員がすでにやっている行為をチャネリングという言葉で表しているすぎません。

バシャールのチャネリング

先日、都市伝説にも出てきたバシャールのチャネラー、ダリル・アンカ氏。

スピリチュアルな話が好きならほぼ誰でもしっているあのワクワクのバシャールです。彼(ここではダリル氏かな)にとって基本的にチャネリングとは、

何か(自分の好きなことなど)に夢中になっていて時間を忘れている状態」と表現しています。チャネリング中は、エネルギーの滝を浴びているような感覚とも言っていますね。

ダリル氏は、バシャールのエネルギー(波動)にチャンネルを合わせるため、(自分に)没頭して高感覚ともいえるような状態に入ってるイメージがぼくにはあります。

やりすぎ都市伝説でも、めちゃくちゃ変な音だしていましたもんね(笑) ダリル氏は、バシャールと繋がるために、チャネリングを使っていましたが、彼の言う「没頭して時間を忘れている状態」、ここに本質に近い部分がありますね。彼のこの感覚には100%同意です。

ここでは、分かりやすく都市伝説にも登場していたバシャールを例に出しましたが、世界中に宇宙や高次の意識とチャネリングするチャネラーさんはめちゃくちゃたくさんいます。

日本だとアシュタールが有名ですかね。

ぼくのイメージするチャネリング

ここまで読むと、やはり、宇宙人とかスピリットとの交信がチャネリングじゃないか!と突っ込まれる気がしますが、ちょっと落ち着きましょう(笑)

ぼくのイメージするチャネリングは、もっと単純でエネルギーや波動を合わせる行為です。対象は、自分だったり、相手だったり、モノだったり、宇宙だったり、スピリット的存在だったり、そのときによって違います。

もっと簡単に言えば、気持ちを合わせること=チャネリングです。「相手の気持ちになって物事を考えなよ」。などの表現を聞くと思うのですが、あれがチャネリングです。

この気持ちを、スピリチュアルな文脈では波動とかエネルギーという言葉で表しているだけです。そういうイメージでいると、あなたは日々の生活でつまるところ、チャネリング状態を経験していると感じませんか?

例えば、好きなひとができたとき、相手の気持ちを妄想しますよね?海や自然に触れた時、ああ、海も自然も心地いいな。と感じたことはありませんか?もっと言えば、食事をするときに、作ってれたひと、食材に想像を膨らませませんか?

ぼくの感覚だと、これら全ての意識や行為がチャネリングです。人、そして自然、食べ物など、ぼくらは無意識的に波長を合わせて、それらを実感しています。ごくごく普通の行為です。

なので、そういう感覚にダリル氏がいうように没頭することで、例外なく誰でも高次の意識やスピリット的存在、もちろん宇宙人とも余裕でチャネリングできます。

嘘だと思うなら、無我夢中になってみてください、たぶん変人扱いされます(笑)

チャネリングの定義

  • チャネリング=気持ちを合わせること
  • その感覚に没頭して時間を忘れること
  • 宇宙人とのコンタクトはチャネリングの一面性

なんとなく、チャネリングを身近に感じてきたでしょうか。チャネリングの方法は、本当に人それぞれで、正解も不正解もありません。

ポイントは、ダリル氏の言葉を借りると、没頭する・夢中になることです。余計なことをどうしても考えてしまうひとは、瞑想状態に入るかもしれないし、ただただリラックスするひともいるかもしれません。なので自由です。

そこに集中しなきゃ!チャネリングしなきゃ!とか雑念は必要ありません、だって自分や意識・エネルギーに浸るだけなので。

子どもが砂遊びとか泥遊びとか、虫取りとかに夢中になっていると周りが見えなくなる(自然や土と一体化する)と思うのですが、あれがぼくらが手本にすべきチャネリングなのではないでしょうか?笑

チャネリングは危険?注意点はあるか?

チャネリングに対する特別なイメージが少し変わってきたら、あとはそれを活かすだけです。別にチャネリングってわざわざ言葉で表現しなくても構いません。

エネルギーや意識に浸って、心地いい自分を実感するだけです。これは人生や物事を違う角度からみる練習にもなるし、いい意味で楽観できることにもつながるかもしれませんね。

そして、よく言われるチャネリング危険やで!注意しなさい!って言われるやつですが、ぼくのイメージだと、チャネリングに注意点も危険もありません(笑)

テレビみるのに危険とか注意しなければならない。なんてないですよね。それと同じで、気持ちを合わせたり、波長を合わせる行為なので、チャネリングは危険だ!注意して行わなければヤバイ!と思ったら、もちろんそういうチャネリングになるだけです。

強いてぼくがアドバイスできるとするなら、以下の点です。

  1. 疑いすぎない
  2. 信じ込みすぎない
  3. フラットな気持ちでありのままを受け取る

チャネリングを行ってもそれがすべてとは限りません。自分の意志でよっしゃ、宇宙人とチャネリングしたるでえええ!と気合をいれるとエゴい宇宙人に見事に着地します(笑)それもチャネリングなんですけどね。

チャネリングのやり方まとめ!日常生活でできる練習方法

自分にチャネリングする

まず、簡単に実感できるのは、自分にチャネリングすることです。みなさん、自分に夢中になっていますか?自分を見つめていますか?鏡で自分をみるとか、見た目がどうとかそういう話ではもちろんありません(笑)

いまの自分はどういう状態で、どういう感覚があって、なにをしたいのか?自分と自分の意識のチャンネルを合わせてみましょう。

自分は究極の自分なのに、こんな自分もいたのか!これも自分だったのか!あれ?わたしって神じゃね?って思えるひともいるかもしれません。

ぼくらはどうしても余計なことや雑念を入り混じってしまうので、瞑想してみると簡単に自分にチャネリングできるかもしれません。もちろん、方法は自由ですよ。

他人にチャネリングする

次に、人にチャネリングする感覚を実感してみましょう。自分の身近な家族やちょっと気になるひとでも誰でもいいです。そのひとが何を考えていて、何を感じていて、自分にどう影響しているのか。

頭や理性で捉える「分析」とは違います。もちろん、心理学などという狭い意味でもありません。他人と繋がるということは、そのひとの意識と繋がることです。頭でっかちに考える必要はないです。

チャネリングする相手に対する固定観念を限りなくゼロにして、自分のフィルターをなくすことも必要かもしれません。ぼくも普段のヒーリングセッションでやっていますが、難しいことではないです。

練習はちょっぴり必要かもしれませんね。(笑)

自然にチャネリングする

心や身体が疲れているひとは、海・山・川などの自然にチャネリングしてもいいでしょう。ぼくが言っているのは、広大な自然を味わえるような田舎に行けとか、海外の素敵な自然を味わえる場所に旅行してみれば?ということではありません。

もちろん、自分の思い浮かべる心がリラックスできる自然溢れる場所を実感するために、リフレッシュしに行ってもいいでしょう。そこで感じる感覚に没頭して、夢中になって、浸ればチャネリング大成功です。

ただ、究極的に言ってしまうと、ぼくらは意識とエネルギーの存在なので、0秒でそこに行けます。ぼくは今自然溢れる離島に住んでいるので、海や山に行くこともありますが、ちょっと疲れすぎているときは、もっと癒される自然にチャネリングします。

実際には存在しない場所かもしれないし、世界中のどこかにはあるかもしれない楽園かもしれません。あなたが心地いい自然を是非探して、チャネリングしてみてください。

モノにチャネリングする

ぼくらが生きていくうえで、モノにチャネリングするとその本当の価値がわかるかもしれません。(笑)

ここでいう、モノは食べ物だったり、洋服やカバンなどの衣服だったり、家だったり、物質的に存在するモノです。なぜかはわからないけど浪費しがちなひとや、みんなが良いといっているからおすすめしているから購入しがちなひとは、一度感覚を整理するためにモノにチャネリングしてもいいかもしれませんね。

自分が本当に欲しくて、「社会」が循環する製品を知れるかもしれません。自分の価値観が一新されるひともいるでしょう。

宇宙や高次の意識にチャネリングする

チャネリングって特別なモノではないと実感できてきたでしょうか。もし興味があれば、宇宙人、宇宙、高次の意識(ハイヤーセルフなど)にチャネリングしてもいいかもしれません。

どうやってやるの?意味わからない。というひとは、上に挙げたモノと同じ要領でやればいいだけです。自分が宇宙に、自然が宇宙人に変わるだけのことです。

無我夢中になって、その瞬間に没頭して時間を忘れましょう。ひとによっては、かなりパワーを使うこともあるでしょう。ただ、慣れなので、チャネリングは誰にでもできます。

できるできないの差は、実はやるかやらないかだけなのかもしれません。宗教染みてて気持ち悪いと感じるひとは、おそらく宇宙人や意識、宇宙を特別視して美化しすぎている節があるだけかもしれません。

もっともっと普通です。目に見えないからとか、体感できないから、といっているうちはもう少し感覚を削ぎ落していくことも必要になるかもしれません。

ぼくらはすべてにチャネリングできる

チャネリングは誰でもできるし、何にでもチャネリングできます。自分の好きなモノからチャレンジしてみるのがおすすめです。

動物が好きなら動物に、食べることが好きなら食べ物に。自分が好きなら自分に。より没頭しやすいモノからはじめると、「なんだチャネリングって簡単やん」って思えるかもしれませんね。

意識や波動、エネルギーを体感する人もいるかもしれません。ぼくのイメージでは、チャネリングは意識で夢中に遊ぶ感覚に似ています。

ぼくらは、龍にだって、孫悟空にだって、ワンピースのルフィにだって、ぼくの大好きなブルース・リーにだってチャネリングできちゃいますよ。好きなあの子にチャネリングして・・的なストーカー行為はちょっと控えた方がいいかもしれませんね(笑)

チャネリングを始めとするスピリチュアルなこと、サイキック能力がヤバいモノ・変な宗教と言われる認識が強いのは、そこに神とか宇宙とか、ぼくらが美化しすぎている、固定観念の塊みたいものがあるからだけかもしれませんね。

まあ、広告やメディア、世間体や(社会的に善しとされる)常識に騙されているので、大差はないんでしょうけど(笑)

チャネリング体験しよう

  • 自分にチャネリングする
  • 人にチャネリングする
  • モノにチャネリングする
  • 自然にチャネリングする
  • 宇宙にチャネリングする
  • すべてにチャネリングする
  • 没頭して意識やエネルギーの温泉に浸かる

おわりに:チャネリングについて

チャネリングをすると危ないとか、チャネリングって特別な人にしかできないとか、既成観念が結構強いイメージがあります。まあ、ぼくスピリチュアル系の本ほぼ読まないのでチャネリングに関してどう書いてあるのかをそもそも知らないのですが(笑)

だから、チャネリングってすごい!とか、チャネリングやべえええ!とかそういう感覚をもったことがないので、伝わりにくいかもしれませんし、ぼくの解釈に異を唱えるひともいるでしょう。だから面白いんですけどね。

でも、ぼくが言いたいことは、要するにぼくらは小さい時から「チャネリング」なんてとっくにやっているよ。せっかく使えるので、しかもぼくはメリットがあると実感しているので、じゃんじゃん使えばいいよ、楽しいよ。という話ですね。

夢中になって、自分にチャネリングすると、色々な自分がいて、え?自分ってひとりじゃなくて、なにこれ?、え?なにこれって思っている自分って誰?その誰っておもっている自分って誰?と無限ループに陥るかもしれません、

そこに新たな発見もあって、わけわからなくなるときもあるでしょうが、意識の遊びなので、それを楽しんでみてください(笑)

いつもありがとうございます!

2 COMMENTS

まりえちゃん

なるほど☆
チャネリングってそういう感じですね。「ふむふむそっか!」

返信する
まめたろう

まりえさん

コメントありがとうございます!
ぼくは、なんとなくこういうイメージがありますよ^^

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください