ヒーリングセッションはこちら(初回半額)

スピリチュアルが危険なのはなぜ?ヤバいスピ系にみられる11の傾向

まめたろう
まめたろう

今回のテーマは「スピリチュアル×危険っぽい」です。

たっかぶり
たっかぶり

こんなスピリチュアルなら捨ててもいい。

※この記事は、よくスピリチュアルは危険だ。と言われる理由についてまとめつつ、そんな「ヤバいスピ系」にみられる11の黄色信号サインをピックアップする内容になります。

スピリチュアルが危険だといわれたり、ヤバいじゃん。と煙たがられる存在になるのかについてはいくつか理由があると思いますが、

スピリチュアルを用いてガスライティング(心理誘導やマインドコントロール)された。と感じるからだと思います。要するに不安や恐怖心の隙間に怪しいスピリチュアルの概念がとりつくろうと、

人はそれを「よりどころ」にしすぎて、中毒性があったり、依存的なものにさせるからだと思います。お金が絡んだりしたらイチコロですよ。めちゃくちゃ高い水を買って幸せになる人もいればそうでない人もいますから。

でも、ぼくにとってのスピリチュアルは、そんな危険でヤバいものではなく、むしろこの世を楽しむための1つのツールに過ぎません。

水にありがとうとか言って怪しいのは否めませんがそれで実際に自分の身体が良い感じにトリップするときもありますからね。めちゃくちゃ面白いですよ。

今回は、こんな「スピリチュアル」だったらおそらく自分が最終的にはきつくつらくなるだけだからやめちゃいなよ的なぼく個人的な意見をお伝えしていきます。何か参考になれば嬉しいです。

この記事は以下のような人におすすめ
  1. スピリチュアルが苦手な人
  2. 不安の拠り所にスピリチュアルがなっている人
  3. 神様や天罰が怖い人
  4. スピリチュアルを楽しみたい人

スピリチュアルが危険と言われる理由

まずは、スピリチュアルヤバいよ。と言われる理由をいくつかみてみましょう。

①とにかく目に見えなくて怪しい

これはぐうの音も出ないほどイエス!だと個人的には思います。

目に見えないものっていうのは怪しいですから。それに加え、「スピリチュアル」をどう切り取るかにもよりますが、

例えば、自分のカルマが悪くて今の人生がクソだとか、ご先祖様の祟りで最近良くないことが起こるとか、悪魔に取りつかれているとかとか。

怪しいから危険だというのは、見た目がよくないから不味いと言っているようなものだとぼくは思いますが、でもこの怪しいから危険っていうのが理由の1つにランクインすると思います。

②ルールや条件がつくと思われているから

スピリチュアルはよく(新興)宗教と同じ土俵に立つことがあります。宗教はそれぞれルールがありますが、大雑把に言ってしまえば、超越的存在(それぞれの宗教における神)を信仰していれば、天国にいけます。

的なやつです。

スピリチュアルもこれと同じシステムだと思う人が多くて、柔らかい例を挙げるなら、引き寄せの法則において、自分の願望を引き寄せるにはポジティブでいなければならない。ってやつです。

あとは、スピリチュアルコミュニティは今無数にあるのですが、そのグル(指導者)の教えに反することをやったら、人生めちゃくちゃになってしまう。とか、

グルが推奨しているプロダクト(製品)を買えば人生がうまくいくとか。

ですね。それはスピリチュアルの一面にあるときもありますが、個人的にはそんなスピリチュアルはめちゃくちゃつまらないと思いますよ。

何が真実かはわからないよ・・

冒頭でも言ったように、スピリチュアルが危険視されるのは、簡単に言ってしまえば、怪しさにその依存性や中毒性があるものだと思わされているからだと感じます。

正しさなんて最初からない。あるのは正しさじゃなくて、都合だ。」というセリフがとあるアニメに昔ありましたが、まさにこれで、

「スピリチュアル」(目に見えない怪しい何か)を使って、

人々をコントロールしたり、自分の都合のいいように支配しようとしているんじゃない?実際にそういう例もあるし。みたいな議論がスピリチュアルが危険であるといわれるゆえんだと個人的には思っています。

こんなスピリチュアルは危険?ヤバい黄色信号サイン

buddha statue

理解できないものや目に見えない世界を何でもかんでも「ダメなもの」「怪しくてヤバいもの」とレッテルを張るのは正直びみょーだと思いますが、社会不安が高まるとそういうものにすがったりハマりたくなる傾向が高くなるのが人間の性です。

特に昨今はこういう社会情勢ですからね。

発信する側、いわゆるスピリチュアルをいいものだよ。と言う側の視点でいえば、ハマらせたり中毒性をつくるフックみたいなものが必要以上にスピリチュアル要素に入っていたらそれはちょっとつまらないかも。と個人的には思います。

究極的に言ってしまえば、価値観や人生観はスピリチュアルによって規定されるものではなく自分でつくっていくものだからです。いわゆる真実に自分がなるってやつです。

なので、ここではフック要素がふんだんに敷き詰められているプンプンなスピリチュアル典型例を紹介してみます。(もしスピリチュアルをこんな風に捉えていたらつらいよ。的なやつです。)

①善と悪の戦い

スピリチュアルあるあるなのですが、こちら側は光であちら側は闇というやつですね。

別にそのコンセプト自体はいいんですが、異なる意見やエネルギー観を排除するというのは、ぼくの知る限りのスピリチュアルにはありません。なんせワンネスですから。

人類の歴史をさかのぼってみてもパワーゲームと一緒で、排除した側が結局バランスを崩して崩壊するなんてのはあるあるですから。「じゃない方にも」愛と光をもってジーザスイエスしておくのがヘルシーだと思います。

②至上主義かつご都合主義

こちらもスピリチュアル世界ではあるあるですが、この教えが一番で最高でベストなものだ!それ以外は認めん。みたいなやつです。

結局こちらもパワーゲームになったり、優越感&どっちが正しいかの争いになるのでつまらんです。そういうのは物理次元だからこそ楽しめる要素ですからね。

ただ、これはスピリチュアルな世界だけでなく、あらゆるジャンルや界隈に飛び交っているものの1つだと思いますよ。

③スピリチュアルを推しすぎて孤立する

自分は〇〇(スターシードやエンパス、チャンレンジングな魂その他)だから特別だ。というときによく登場するエゴです。

その結果、今まで親しかった友人や家族、知人と散り散りになって、自分の「いい側面」しかみないスピリチュアルだったらそんなに肩の力入れるのはなんでよ。と自分に問うてみるのがよきです。

決して排除したり孤立化することがスピリチュアルを面白いと思ったポイントではないはず。ただ、アウェイクニングプロセスの1つに孤独感あるいは人間関係のシフトチェンジが入っているからこちらもバランスです。

バランスというのは「必要以上」をやっていなかですね。

④〇〇しないと不安(不幸)になる

こうしないと不安だ、あるいは反対にこうすれば安心できる。というのは時と場合によってはすごく力になる概念のひとつではありますが、ぼくが好きなスピリチュアルのいいところは、なんもしなくても大丈夫。

と謎の安心感を抱けるマインドを育む要素があるところです。ありのままのあなたでも大丈夫。

というのはサステナブルでピースフルなエネルギーを生み出します。

⑤世界の終わりと終末思想

予言チックなスピリチュアル分野好きな人、ハマる人に当てはまりますが、結局、地球は〇〇にアセンションする!ゲートが閉じるのはいつ!系は、いつまでってもそれが来ないことにしびれを切らしてエネルギーがごちゃごちゃするか、

預言予定日のリスケが日々行われるだけです。来るも来ないもどっちでもいいから、今を大切に楽しも。くらいの方が自分のセキュアな部分が育ちます。

⑥パワーワードが多い(呪い、前世での悪行などなど)

物理次元でスピリチュアルを浸透させるには、正直仕方のない部分もあります。派手な部分にはスポットライトがあたりやすく、大人しいところには人を惹きつける訴求アピールがなくなりますから。

そういうパワーワードが好きなエネルギーを引き寄せたいという目的や願望があるのなら、それはそれでいい感じに人生が巡っていきますが、もしそれでスピリチュアルなんて嘘だ!ハマっているやつはきもい!みたいな

自分嫌いを育むエネルギーを誇張する結果になるならそんなコンセプト自体を自分の世界適用させなくてもばっちりハイヤーセルフや守護天使やガイドはあなたの味方をしてくれますよ。

⑦〇〇するだけで運気アップ!!!!!!

占いであれば驚くほどよく当たる!ヒーリング系でいえば、〇〇するだけでご加護が受け取れます!引き寄せ系でいえば、〇〇するだけで彼氏(彼女)から連絡が来ます!みたいなやつでしょうか。

この手のあやしさはスピリチュアルならではの「旨味」みたいなところもあり、ぼくは面白いなあ。としか思わないんですけどね。

身の丈に合わないほどのお金やエネルギーを投資し過ぎて、「運気」をもらうみたいなものは良くも悪くもないんですが、特定のバイブレーションに沿ったものが集まるのは確かだと思います。

⑧エリクサー的なグッズやサプリ

エリクサーとは、錬金術の世界における「万能薬」です。

こちらも⑦と一緒で、面白いなあ。くらいにしか思わないんですが、一般的にスピリチュアルが危険。と言われるのはこのあたりのジャンルなのは確かだと思います。

そしてそれが、困っている人、あるいは不安や恐怖心で押しつぶされそうになっている人を潜在的なターゲットにしているところが問題視される大きな理由の1つです。

なんでもいいんですが、依存状態をつくる前に冷静な自分を召喚するか、誰かに相談とかして、いったん目的にあった行動かどうかを整理するのをおすすめします。

⑨グル(指導者)が映えすぎている

今や、スピリチュアルも「映え」が大事な世界です。

ぼくがこっそり運営しているスピリチュアル掲示板サイトに以下のような書き込みがありました。

「同じことを言ってるなら容姿端麗なほうが支持される」という傾向があるその容姿端麗な人のところに集まっておいて「自分らしくありのままに」とか言って頷き合ってる?人たちを見てると「ホントかよ!」と思ってしまいます(笑) 

スピ界のちょっとした違和感

まさにこれそうだよなあとぼくも思います。

「お金じゃないんですよ~」と言いながら、借金数百万円から私なりの引き寄せメソッドを実践したら、年商〇〇千万、会社を10社運営しています!みたいな訴求アピールが目立ちますから。

見栄えが良い程度に自分の身なりや見られ方を意識するのはとても素晴らしいことだと思いますが、それが虚栄心だとしたら、虚栄心をもった類友が集まるか、どこかでガス欠が起きて燃え尽き症候群になります。

それも含め、人間の愛おしさではあるんですけどね。笑

これはスピリチュアルの世界だけじゃなくてもあるあるだと思いますよ!

⑩教えなどに反すると心がヘルシーでなくなる

スピリチュアルコミュニティに入ること、それらを運営して仲間を集めることはとてもいいことだと思います。ただ、それが一定の意見や価値観を排除して、自分のグループの正しさを突き通す。みたいな集団だったら、

どこかでババ抜きゲームが行われていると思ってもいいです。

何かや誰かの教えを追随するのは、共感をして、自分の心や体、エネルギーがヘルシーになることだとぼくは思っています。そうでなければ、わざわざ目に見えない世界に興味持つ必要もないですから。

⑪自分のスペースがなくなる

昔、野菜も食べて、お肉も食べて、魚も食べるとすくすく育って大きくなれるよ。とじいちゃんばあちゃんが言っていませんでしたか?

要するにバランスですよ。3次元での学びは境界線とバランスにある。と言っても過言ではないと個人的には思います。

なので、スピリチュアル的な何かに没頭しすぎて他の領域がなくなり、本来自分で埋めたり補強してもいいスペースを他人やその他に明け渡すことになっていたらひじょー---にもったいないです。

人生の楽しみをあげちゃっているわけですから。お肉もお魚もお野菜もお米も、自分の好みは自分で決めて、自分の好きなように調理して自分の好きな人と好きなときにいつでもおいしくいただける自分でいたいですよね。

スピリチュアルは危険でヤバいんじゃなくておもしろい

これまでの短い人生でいろいろなスピリチュアルをみてきて、確かに上のような要素があるのがスピリチュアルの世界の一部です。そのグラデーションが妙にいとおしいのですが、ぼくなりにおもろいところを伝えておきます。

対立や違いを越えられるところ

ぼくにとってのスピリチュアルはなんなの?と言われると正直まだ答えはよくわからないのですが、1ついえることは、自分も他人も真実になれることだと思います。

物理的な世界(目に見える世界)では、こっちが正しければ、あちらが間違っている。これが良いならあちらは悪い。など、その結果や結論、表現を二分しなくてはいけないところがでてきます。

ところが、どちらも正しい、どちらも間違い、いやそもそも正解は自分でつくっていいんだよ。となるのがスピリチュアルな世界、メタの次元です。(ぼくの知るかぎりは。)

目に見えないエネルギーというのはあらゆるグラデーションがあって、それが相互作用的につながっているんですよ。だからスピリチュアルは黒と白を分断するツールではなく、むしろ逆で、黒と白を繋ぐツールなんですよね。

あやしさ&うさんくささがウケる

ぼくがスピリチュアルの世界を発信したり、がっつりやってみよ。みたいなきっかけの1つになったのは、自分自身に起きた「肌荒れ」でした。

病院にいっても、生活環境を改めてもまったく良くならなかった肌荒れが、怪しいけど面白いスピリチュアルな視点でヒーラーさんにお願いしたり、自分で見つめなおしたらよくなっていったんですよ。

今や令和の時代で、最先端の美肌ツールはたくさんあるんですけど、それがありがとうって水に言って肌にてきとうに塗ったりそれを飲んだりして、ツヤツヤになるなんてめちゃくちゃ胡散臭いけど最高に面白い世界じゃないですか。

ぼくらは真剣に生きすぎて真面目になりすぎる傾向があるので、エネルギーでほほい!ってやってみるくらいでも実は身体にもメンタルにもポジティブな影響って起こる人が一定数いるのは、面白いです。

そしてそれは、選ばれた特別な人とか、自分が誰かに比べて優れいているあるいは劣っているから体験できるわけじゃなくて、みんなエネルギー由来だから誰でも起こるなんて本当にウケます。

スピリチュアルのヤバさをポジティブに変換してもいいかもね

スピリチュアルといっても本当にいろいろな価値観や思想体系が混在しています。

スターシード的な概念が好きな人もいれば、神様や宇宙人が好きな人もいます。はたまた陰謀論をもてはやすことで自分の自尊心が回復する人も。

それぞれがいろんなコントラストを持っていて、壮大なロマンとイマジネーションを抱けるのがスピリチュアルな世界だとぼくは思っています。(今のところは。)

宇宙の法則の1つに、エネルギー(万物)は変化する。というものがあります。当たり前すぎてわざわざ宇宙ルールなんて大げさに言うまでもないと個人的には思うのですが、

怪しいぞ!ハマったら危険だぞ!と思い続けるのに疲れたら、その怪しさを楽しむ自分もぜひぜひ顔を出してあげる日をつくってみてもいいかもしれません。

まあ、なんでもいいですが、自分が楽しめるものを楽しめる範囲で紡いでいけたらいい感じのバイブレーションフロウで人生が送れると思います。

みなさんはスピリチュアルな世界についてどう感じていますか?

いつも読んでくださって本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください