ヒーリングセッションやっています

ありのままの自分を生きる人が心がけている15の習慣

まめたろう
まめたろう

もうやめたらしいですよ

たっかぶり
たっかぶり

素直さは素晴らしいんですよ。

※この記事は、ヘトヘトになるまで頑張りすぎてもう疲れで!という人が少しでも癒せるように人生でやらなくていい15のリストを紹介する内容になります。

苦労は買ってでもしなさいとぼくらは小さい頃から教わる確率は非常に高いんですが、その価値観が自分に合うかどうか、今のあなたに必要かどうかはわかりません。

むしろ、楽する方へ楽する方へと逃げるのも全然問題ないと思う理由は、苦しみや辛さは主に内側から生まれるものだと個人的には思うからです。

ありのままの、素直な自分でいてもいいと一度許可を出せるようになると、あんまりやらなくなることがあるみたいのでチェックしてみてください。

「本来の自分」を生きている人がなぜかしっくりくる9つの言葉
この記事は以下のような人におすすめ
  • ついつい本音を抑える人
  • 素直な自分で生きているつもりだけど不安な人
  • 本来の自分がよくわからなくなっている人

ありのままの自分ってなによ?

自分がなにものかもわからないのにありのままの自分ってなんだろうってよく最近おもいます。

オーセンティックセルフ

ありのままの自分を英語だと、オーセンティックとか、オープンマインドとかそういう言葉で表記します。

  • 素直な自分
  • 自分の良いところも悪いところも受け入れた自分
  • 本音の自分
  • 今ここの自分

あたりが言葉としてはいいんでしょうか。自己効力とは、どんな状況でも自分を信じてやれるぞと自分を認める能力のことですが、自己肯定(受容)はありのままの自分をそのままいいんですよ。と言ってあげられる力になります。

ありのままの自分は自己肯定感が高いともいえるかもしれせんね。

ハイヤーセルフとか

スピリチュアルな言い回しだと、以下のようなものがあります。

  • ハイヤーセルフ
  • 魂レベルの高い
  • 波動が上がる
  • 無条件の愛を持った自分

とかそんな感じでしょうか、個人的には今この瞬間の自分とかハイヤーセルフとかって言い回しがいいんじゃないかなって思っています。

ハイヤーセルフの意味とは?本来の自分に繋がる方法

ありのままの自分を生きる人が心がけている15の習慣

今回は前置きを少なめにしてさっそくありのままの自分だとどんなことをしなくなるのかみてみます。

①変化を何もせず待たない

ありのままの自分でいるとあんまり現状に不満を感じるってことはないと思いますが、もし自分が現状に不満を感じているのであれば、「それ」が来るのを待つんじゃなくて、小さなことから自分を変えようとします。

もしあなたが今ここにいることに耐えられず、現実があなたを不幸にするなら、あなたには3つの選択肢があります。

その状況から身を引くか、状況を変えるか、それを完全に受け入れることです。

自分の人生に責任を持ちたいなら、これらの 3 つの選択肢のいずれかを選択する必要があり、今選択する必要があります。

そしてその結果を受け入れてみてください。

ずっと慌ただしくいるってことじゃなくて、シンプルに3つくらいから選択して後はゆだねます。

②人間関係において気に入らないことを受け入れない

周りは変えられないけど、自分は変えられるってやつです。

相手のパーソナリティーを根本から変化させるようなコントロール権はあなたにはないんですが、相手に対する見方、距離感、境界線はあなたに自由意志のもと決定権があります。

それが家族や親、何十年来の友人やパートナーであれ波長が合わなくなったらやめるんですよ。

③自分のニーズが一番

これは人によりけりなところもあり、他人のニーズを満たすことが自分のニーズを満たすことだよっていう人は違うと思います。

ただ、自分にとってベストなことをするのに、誰かや何かの許可は本来ならいりません。自己擁護したり、自分の選択が如何に正しいかを説き伏せるよりも、すぐに実行してもいいと知っているからです。

やりたければやればいい。やめたければやめればいいんですよ。

自己中心的な考えの長所と短所とは?自分勝手な人は直す必要がある?

④他人のアドバイスやルールは参考文献

自分が大切にしたいこと、価値観や人生観は自分で決めるものです。だからといって、他人の意見やアドバイスに耳を傾けずに自分が正しいぞ!って思いこむ必要はもちろんないです。

人の考えや価値観は自分の価値観や考えを広めてくれることも多いにありますので、自分が必要だなと思うことは聞いて、あとは今の自分には必要ないかもと聞き流せるニュートラルな状態がありのままのあなたです。

聞きすぎるのも聞かなさすぎるのもアンバランスなんですよ。

⑤失敗は学び以上でも以下でもない

失敗できるってことは自分がトライして挑戦したという証です。つまり、間違ってしまったかもしれないけどそれは結果論で、そのプロセスではあなたはベストでした。

むしろ選択したという勇気はもっていたはずです。

なので、ありのまま自分の状態でいればそれは確かに失敗だと認めることはして、じゃあ、次どうしようかと解決に向けてリソースをさくようになります。

まあ、人生失敗です。みたいな人は来世もあるんで安心しておきましょう。

カルマの法則とは?人生で繰り返すパターンから抜け出す方法

⑥常に新鮮な自分をみつける

スピリチュアル的にみると、エネルギー的な乱れが生じる大きな要因の1つはオートパイロットモードで、何も変わり映えのない毎日を送ることです。

仕事があるから、家庭があるから、子育てがあるからそんなの当たり前じゃんと思うんですが、

ありのままの自分状態は、今この瞬間を生きるのが得意な領域なので、例えば通勤ルートを変えてみたり、幼稚園保育園を休んでみたり、今必要なことを直感的にするようになります。

⑦合わないならやめる

これはまさにって感じだと思います。人間関係や仕事だけでなくて、すべてにおいて合わないならやめて方向転換したほうがやっぱり効率がいいんですよ。

健康になりたくて、青汁飲んでるけど全然変わんないや。だったら、青汁じゃなくて、たぶんただの水とかの方があたなには合っているのかもしれません。

仕事や人間関係が続かないんですよ。で悩む人は、本当に続けたいと思っているかどうかから自分を知る必要があります。

⑧ノーに罪悪感はいらない

あなたの平和と幸福は、他人のニーズと同じくらい重要であり、何よりも価値があります。

断ったら嫌われるんじゃないか、ノーを言えない雰囲気でノーを言ったら友達がいなくなるんじゃないか。という人の気持ちはめちゃくちゃわかるんですけど、

そういう人やモノ、状況は今ノーと言わなくてもいずれ切れます。

⑨自分の感情、本能、直感を無視しない

感情はあなたの価値であり、本能はあなたの防衛機能であり、直感はあなた自身そのものです。

そのすべてにあなたのエッセンスがあるので、それを無視したり、そこを必要以上に抱えることは、ヘルシーではないんですよ。

どんなメッセージがあるか自分に注意を払ってみましょう。

本能的に感じる「なんとなく」を無視しないほうがいいこと7つ

⑩自分の痛みをオープンにする

必要以上に自分の心の傷や痛みをオープンにする必要はまったくもってないんですが、つらいよ、きついよというSOSサインは出していいんですよ。

それをキャッチしてあなたのためにスペースを確保してくれる人、動物、自然があります。全員が全員よゆうがあるかはわかりませんけどね。

転んだら手を差し伸べてよって言っていいんですよ。

⑪自分を十二分に愛する

ありのままの自分をありのまま愛せるようになるにはどうしたらいいのか?

という答えには千差万別の答えがあると思います。でもふとありのままでもいっかと思える瞬間は人生のなかで誰でも経験しているはず。

なのでやっぱり素直な自分が一番愛らしいんですよ。

自分を愛する方法と自己愛について【初心者向け】

⑫誰かを変えたり喜ばせる必要はないとしっている

他人のために何かをしたり、誰かに幸せになってもらいたいと考えるのはとても素晴らしいことです。もちろんナチュラルにそれができる人もいますが、

たいていの場合、損得勘定が優先して他人とのかかわりを設定しますよね。だからこそ必要以上はいらないんですよ。

究極的なことを言ってしまえば、誰かを幸せにできる=相手の幸不幸を自分がコントロールできると傲慢な状態でもありますからね苦笑

⑬過去は恥じらわなくていい

過去を反省したり、誰かや何かに対してやらかしてしまったよ。と自分のダメなところをみつけるのはいいことですが、そこに居座るのはありのままの自分じゃない自分が得意とするところです。

そのときはベストだったんだから、今を楽しくいきましょう。

不安を解消する方法と不安を取り除くときに大事な4つの心構え

⑭未来ではなく今に期待する

未来を考えすぎることは、現実逃避になるか、起こりもしない不安、ダメ要素をみつけすぎることになってしまいます。

ある程度大雑把な目標を立てて、多少計画に変更がありながらも、その道のりを楽しむことができるのがありのままのあなたです。

⑮自分を小さくも大きくもみせない

素直な自分でいることは、あまり周りの目がナチュラルに気にならない状態になると思います。

だから必要以上に自分を大きくみせたり、必要以上に自分を小さく低く見積もったりする必要はないとわかります。我が道をいっているときあんまり周りは気にならなくなるんだと思いますよ。

自分に嘘をつくのはなぜ?気付かぬ内に自分を偽るすべての人へ

ありのままの自分がやっぱり持続性があると思いますよ

生きていれば、誰かの愛を必要として自分を偽ったり、誰かの賞賛が欲しくて、自分を大きくみせることは誰しもすると思います。

そんなのは当たり前ですよ。誰しも嫌われるよりも好かれたいし、誉められたいですからね。

ただ、偽る日々が日常になり、それが自分の姿なんじゃないかと思い込むとそこから抜け出すのは厄介です。

そして、偽る自分は全然悪くないんですが、持続的でステイブルなモノではない気がします。それが本質です!って人はそもそもモヤモヤしたりしないですから。

他人も自分もありのままをそのままを認めて愛せるような世界線に一日に数分でもいいから行ってみるのをおすすめします。その数分の感覚が続けば、あなたは素直な自分を思い出せるはずですから。

最近、ちょっとまた新しいことに挑戦しようとこっそりしているのでまたタイミングでご報告します。どうなるかわからないのってぼくは一番おもろいんですよね。

いつも読んでくださって本当にありがとうございます。

道タオ(TAO)とは?タオイズムから学ぶ人生における大切なこと7つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください