ヒーリングセッションやっています

潜在意識と顕在意識の違いは?現実を書き換えて人生を好転させる方法

今日は、脳のもつ不思議な展開になる予感です。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

○○したいは、顕在?潜在?

※この記事は、顕在意識と潜在意識の違いを認識して、どうやって現実をつくっていくか、小学生の必須科目的な楽しい科学な内容になります。思い通りにならないことが多い。人間関係が複雑でごちゃごちゃだ。

何故か不幸なことばかり起こる。にっちもさっちもいかない人生だ。ストレス社会に押しつぶされそうなあなたの魂に響けば嬉しいです。

潜在意識と顕在意識の違い

顕在意識とは

顕在意識と潜在意識は、よく氷山に例えられます。心理学者のユングさんが有名ですね。簡単に言うと、顕在意識は、ぼくらが頭で考えることです。理性的、自分で○○しようと決めた意識。表層意識などの表現で描かれることが多いです。

例、

今日は、食材を調達しにスーパーへ行こう。天気が良いから散歩に行こう。好きな人に連絡してみよう。などです。

潜在意識とは

一方で、潜在意識は、自分の無意識的な部分です。理性の反対に位置する本能的な部分。のことです。ユングさんは、この潜在意識(無意識)には、二つあって、それが、個人的無意識集合的無意識です。前者は、個人が経験的に得たもので作られた無意識で、後者は、個々の経験を越えた全人類の共通意識のことです。

無意識を意識にもっていくと顕在意識になるのでわけがわからなくなりますね笑

ちなみに、人間の意識は10%が顕在意識、90%が潜在意識を占めていると言われています。圧倒的に無意識が占めている割合が多いんですね。

ぼくは、心理学者でもカウンセラーでもないんで詳しくは本を読んでもらうとよくわかりますよ。

潜在意識と顕在意識の違い
  1. 顕在意識=理性的な表層意識。○○したい!
  2. 潜在意識=無意識の部分。二つある。意識の9割をしめる。

ここで、重要なことはひとつだけ、自分の意識が世界を現実をつくるということです。ぼくのイメージでは、潜在意識も顕在意識もどちらも大切です。

例えば解決したい出来事があったとして、潜在意識だけを変えるアプローチだけでも、顕在意識を変えるだけのアプローチでももしかしたら不十分かもしれません。

大切なのは、両方の意識をすり合わせていくことでしょう。理想は、潜在意識と顕在意識も融合させた状態にいることなんですが。

顕在意識と潜在意識を活用し、意識融合させる

ここからは顕在意識と潜在意識をどう活用していくかについて書きます。顕在意識と潜在意識は違いがあるようでないので、どちらも重要ということがわかりました。この章では、どうやって意識を高めるあるいは変えていくかについて議論します。

思い込みなんて存在しない。

潜在意識を変えていく。ネガティブをポジティブにという表現がされることが多いですが、これは思い込みという言葉で表現していきます。無意識レベルでネガティブな感情がある(と思い込んでいる)。潜在意識は変えられない(と思い込んでいる)。

そんなことは絶対ありません。

思い込みは、色々なレベル、あるいは観点からみることができます。例えば幼少期についたトラウマ、親からの遺伝、カルマレベルのものです。

色々な方法でダイエットを試してきたけれど、どれも成功しなかったあなたがいると仮定しましょう。顕在意識では、ダイエットしたいあなたがいて、潜在意識には、ダイエットできないあなたがいます。ここに大きな矛盾が生じていますね。

でも、その潜在意識を無理やり変えると疲れてしまいます。ですので、自分の声を聴いてあげてください。なんでダイエットができないと思っている(思い込んでいる)のか。いつその感情が生まれたのか。

なんでその想いに至ったのか。5W1Hで自分に投げかけると思いがけないところにヒントが潜んでいることがあります。そもそも思い込みなんて存在しないので。

顕在意識もおろそかにしないように

いくら、潜在意識を変えたところで、欲しいものが手に入ったり、理想の自分にはならない状況ももしかしたらあるかもしれません。引き寄せの法則が失敗すると何かに懐疑的になったり、一層スピリチュアル商法に盲目になる人が陥ってるアレです。

潜在意識が変わった、あるいは変わったと思い込んでも、理想の自分や状況が舞い込んでこないのには理由がちゃんとあります。それは、あなたが潜在意識で否定しているからです。と意味わからないことは言いません(笑)もちろん、そういうこともあるかもしれませんが。

でも、ほとんどの場合の理由は、これ。地球では、時間が存在するので、ギャップがあるだけです。

「引き寄せの法則」の本質とやり方で誤解していることをまとめてみた。

この記事で深く説明しているのですが、簡単に言うと、潜在意識は宇宙ルールに近いです。無意識なので。思ったらそれが「現実になる」には時間的ギャップがあったり、もしかしたら物質的ギャップがあったりするかもしれません。

そこで大切なのが、顕在意識です。顕在意識は、あなたの表層意識です。ここもおろそかにしないように注意しましょう。例えば、ダイエットできる。と潜在意識で意識していても、上手くいかない場合、顕在意識が欠けています。具体的には、行動です。ネガティブな言動です。

ゴールに近づきたいと無意識的に意識していても顕在意識が拒否をしている場合はそれがかなわない状況にあることが多いので、ダイエットしたいひとは、ダイエット本を読むのをやめて5分でも歩いてみましょう。

ダイエット食品を買い込むことを止めて、1日10歩でも多く歩きましょう。絶対体重減りますよ(笑)

潜在意識と顕在意識を拡げる

ぼくのイメージでは、意識をうまく活用できるようになると、潜在意識も顕在意識もその境目というものがなくなってきます。意識=あなた=現実的な図ができあがります。簡単です。

意識を拡げていくとどこにいくか、それがスピリチュアルな用語で言う魂や宇宙になりますね。ぼくらのゴールおそらくここにあるので、思い込みをどんどんなくして、顕在意識もビンビンにして、その過程をみんなで楽しみましょう。手品師もびっくりですね。

集合的無意識の行先

心理学者のユングさんがいうところの、「集合的無意識」は、どこに向かっているのでしょう。スピリチュアル○○みたいな方達が色々な言葉で表現しています。それが引き寄せの法則だったり、魂の意識だったり、地球のアセンションだったりしますね。

表現が違うだけで、主張や目指す方向は同じです。それは「軽くなる」ことです。このブログでも散々言っていますが、すべては波動です。宇宙では、念じたらそれが動きます叶います。おまじゅう食べたいと思ったら、もう次の瞬間おまんじゅう食べています。

集合的無意識の力はめちゃめちゃ強いです。例えば、時間は本当はないんですが、地球に生まれたみんなが時間はあるって思いこんでいるので、実際に、地球には時間があります。

ニュートン力学は存在しないかもしれないのに、みんながニュートン力学を信じているので、ニュートン力学が地球では絶対です。

もう一度大事なのは、すべては波動で、ぼくらはどうやら「軽くなる」ことを実践したいみたいです。

地球は遊び場と実験場

潜在意識を変えたり、それらを融合させたりする方法はヒトの数だけ無限に存在するのですが、ぼくらが大事にしたいのはその過程を楽しむことでしょう。例えば、お金欲しいなと。お金持ちになる。と潜在意識を変えたいひとがいたら、それを2秒で実現させましょう。

地球は、現実を科学することが実験的に行える素敵な場所なので、毎日楽しいですね。

ダイエットを思考で意識で成功させてみてください。その経験をシェアしてください。地球は遊び放題できる場所なので、日々現実を科学できる面白い場所です。

色々な観点から、日々の生活がなんとなく笑えて軽くなるような地球にしていきましょう。

潜在意識を書き換えて理想の現実を手に入れる方法

潜在意識を書き換える方法はけっこうシンプルです。一発で変えてあとは、それを慣れさせていく=習慣化させていくだけですね。

アファメーションで潜在意識を変える方法

潜在意識を変えて理想のキラキラした毎日を手に入れろ。とか巷の自己啓発系の本やセミナーに多く登場していそうなこの言葉ですが、潜在意識は2秒で変えられます。(笑)

それは、潜在意識を変えたあとの自分を想像することです。引き寄せの法則にも近い部分がありますが、○○したいではなく、○○できました、あざーす。みたいな断言系のことばです。魔法のことばですね。

スピリチュアルな言葉では、アファメーションとも言われますね。

例えば、あなたが親からの愛情を受けずに育ってきたから親の愛を知りたい。と顕在意識でも潜在意識でも思い込んでいるとしましょう。この○○したいを。○○しました。と感じてみてください。

もっと、極論をいうと、お金持ちになるのもイージーです。それはお金を空気と同じようなものだと意識することです。空気は吸えば手に入りますよね?お金も一緒です。

日本に住んでいれば蛇口から水が出てくることが当然なようにお金も水や空気だと思い込むのです。この世に有限なものは本当には存在しないので。これが潜在意識を意識を変える超簡単な方法です。でも、ガッチガチな大人だと少し難しいかもしれません。

そこで必要と思われているのが、瞑想とか催眠とかそういう小手先テクニックになってきてはいます。(笑)

人間はクセに弱い

ぼくらは、習慣というものに身体も心も奪われる傾向にあります。

もし、アファーメーションで潜在意識が変わっても、実際の行動がそれに反していたら、その潜在意識は薄れます。とても不便ですね(笑)なので、ぼくらが得意な習慣の技術をつかっちゃいましょう。

例えば、ダイエット。

1日5分歩くダイエットで10キロ減りました、ありがとうー!とまずは潜在意識を変えちゃいます。そして、ちゃんと1日5分歩いてください。そして、それを習慣化すると、歩くことが楽しくなって、ダイエットも楽しくなって、あれ、気づいたら減ってね?

みたいな現象を体験するかもしれません。

潜在意識に訴えることで行動が変わりますね。行動が変われば、そこに没頭する自分がいます(笑)なんかよくわからんけどうまくいっちゃうときってたぶんこういうときなんですよね。

没頭することの大切さ

潜在意識を変えることも、顕在意識を維持していくことももちろん両方大切なのですが、ぼくはこの「没頭する」もかなり大切なのではないかなというイメージがあります。

ここが地球でなくて、宇宙の場合は、○○したよ、ありがとう!だけで即そのままになりますが、ここは地球です。

ぼくらは行動も必要だし、また、行動している自分を忘れるくらい没頭することも大切にはなってきます。子どもが泥遊びして時間忘れて怒られる勢いで、ぼくらももし、理想の現実を手に入れたい、いまを変えてみたいと思ったら、没頭してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください