ヒーリングセッションやっています

グラウンディングやアーシングの意味や効果は?簡単にできるおすすめ方法まとめ

今回はアーシングとグラウンディングについて!

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

疲れを出して、チャージすること!

※この記事は、アーシングやグラウンディングの意味やぼくのイメージするところをお伝えし、アーシング&グラウンディングでみなさんが疲れた心とカラダにエネルギーチャージしていただく内容になります。なにかヒントになれば嬉しいです。

スピリチュアル好きな方やヨガをやっている方ならもちろん耳にしたことのあるアーシング・グラウディングですね。地に足をつけるとか、地球と繋がるとか、それぞれが色々な表現をしています。もちろんすべて正解かな、たぶん(笑)

グラウンディングする目的や、意図することによっておそらく若干ニュアンスが異なり、アーシング・グラウンディング方法も変えたらスムーズになるイメージがあるので参考になれば幸いです。

グラウンディングやアーシングの意味や目的は?

グラウンディングやアーシングをする意味や目的が人それぞれなので、もちろん方法やイメージするところも異なります。ここを誤解しがちで解釈がバラバラになって当然なので、ちょっと目的別に分けてみます。

みなさんがそれぞれなぜグラウンディングするのか、少し整理してみることをおすすめします。

ちなみに、グラウンディングは英語でGrounding、アーシングはearthing、簡単に言えば、大地や地球とエネルギーで繋がるとかって言われます。ぼくのイメージではエネルギーチャージです。

①リラックスするため

まず、リラックスするためにアーシングやグラウンディングを行うことはぼくもやるのでおススメです。

ここでいうリラックスは、心とカラダはもちろん前提としてあるんですが、主には思考の整理という意味合いです。

日常生活でのあれやこれ、イライラしたり悲しんだり、ぼくらの頭は必要な情報から必要ではない情報でパンパンです。なので、リセットボタンを押すみたいに、ゆるりとグラウンディングするイメージですね。

②高次意識につながる準備運動

意識を3次元より上に、もっていくためのエネルギーチャージとしてのグラウンディングやアーシングです。

思考の整理と、言葉が違うだけで、ほぼほぼ意味は一緒なんですが、おそらくグラウンディングとはなんぞや。意味わかんねーな。なんて方は言葉に引っ張られてしまうので、こんなイメージにしておくといいと思います。

ぼくの中で、グラウンディングやアーシングは、意識を上にもっていく前に、チャクラにエネルギーチャージする準備運動的な役割を果たしています。

③地に足をつける

グラウディングやアーシングでよく出てくる言葉なので、ちょっとぼくのイメージをお伝えします。

地に足をつけるというのは、現実をみなさい!とか3次元の地球にアクセスしている状態を保ちなさい!とかそういうことではぼくはないと思っています。

宇宙に意識が行きっぱなしの人であれば、そればかりだとどうしても疲れやすくなったりする(3次元の身体と5次元の魂で乖離しっぱなしとか)ので、グラウディングしておく。

エンパスやオーラの範囲が広い人は、周りからは理解しにくい疲労感があるので、アーシングしておく。

そんな感じです。現実や地球に捉われるという意味合いで使うわけではもちろんないです。夢や空想の世界に浸り、現実の世界をないがしろにしているから、エネルギーがブレているということでももちろんありませんね(笑)

地に足をつけるという言葉はどのようにも受け取れますが、意識と身体を統合しておくと疲れない時もあるかもという感覚でOKだとぼくは思います。

なんとなく、イメージできてきたでしょうか。なぜグラウンディングやアーシングを行うか。その目的をはっきりさせておくと、上手に付き合っていくことができるかもしれません。

グラウンディングの目的

  • リラックスする=思考の整理
  • エネルギーチャージ
  • 身体と意識のバランスを整える

グラウンディングやアーシングの効果は?

グラウディングやアーシングの効果は、主には上の3つですね。ただ、人によって自分はこういうときに、こういう効果があるっぽいから使ってます~。なんてのももちろん正解です。

そもそも、グラウディングやアーシングに正解や間違いがあるとぼくは思ってはいません(笑)

①直感をつくる

グラウディングやアーシングで得られるのは、思考を整理することが主な効果の1つでしょう。

もう少し掘り下げます。

ぼくらが意識や無意識と呼んでいるモノは、直感と思考でほぼできています。日々の生活で、なんとなくひらめいたり、ポン!とアイディアが浮かんだりするときは、この直感が意識の割合で多めにでてくるときですね。

つまり、思考を整理するということは、直感をつくることにつながります。

日々の生活で溜まったストレス、考えすぎの思考だらけの脳みそを少し整えて、直感の入る隙間を与えてあげてみてください。

②チャクラ活性化

グラウディングやアーシングの効果は、エネルギーをチャージすることにもあります。

地球はぼくらが想像している以上にエネルギッシュです。今の地球は波動がブレているからグラウンディング危険やで!という方もいるんですが、それは本来の地球にアクセスしていないからでしょう。

ぼくが勝手にイメージする地球はめちゃくちゃエネルギッシュでパワフルで、かなりエネルギーをくれます。もちろんケチケチしてないし、素直なので、すんなりくれますよ。

その本来の地球にあるエネルギーを自分のカラダ、主にはチャクラ活性化に使ってみてください。驚くほど光っちゃうかもしれません。(笑)

③身体と意識の統合

ぼくらが宇宙意識や高次の意識に繋がったり、あるいは他人からエネルギーをもらっちゃうときは、意図してなくても、意識とカラダが乖離したり、バラバラになってしまうときがあります。

そんなときは、バランスが悪くなって、妙に疲れやすかったりしちゃいます。そのバランスを整えるためにアーシングやグラウンディングの効果が現れるかもしれません。

なんとなくイメージできますかね?意識とカラダは、自由に離れ離れになることもくっついていることもできるので、もし3次元より上に行きたいときはその時だけそうして、あとはおろしておいてあげましょう。

色々試して、効果を自分で確かめてみてください。

グラウンディングやアーシングは危険でやるべきではないの?

ネットサーフィンをしていると、グラウンディングやアーシングは危険だし、やるべきではない!なんてことも言っている方がいたので、この辺のイメージを共有しておきます。

グラウンディングやアーシングは、リラックスすること、チャクラを活性化させること、意識とカラダの調和をするので、間違いなく危険な行為ではありません(笑)

ただ、グラウンディングとはこうだ!とかアーシングはこうあるべきだ!と窮屈に捉えているひとは注意してあげてもいいかもしれません。もっと自由です。

また、グラウンディングはやっちゃいけいない!なんて文脈で捉えるひともいたので、これは捉え方の違いだと思います。

地球の波動は重くて、ブレている。そもそも、人間は高次の意識と繋がれるのに地球に縛られちゃう。

グラウンディングは3次元に人間を閉じ込めるために誰かが伝えたテクニック。

こんな主張もありますが、ぼくはそうではないと思います。まあ、そう捉えたらそうなるんでしょうが(笑)

確かに、いまぼくらがいる地球は重かったり波動がブレているバージョンの地球もあります。ただ、本来の地球は軽くて美しくてエネルギッシュです。まあ、パラレルワールドですね(笑)

グラウンディングするときにぼくはそんなイメージが入ってくるし、実際にアクセスする地球もそんな感じです。

そして、さきほど伝えたように、グラウンディングやアーシングは、準備運動です。現実をみていきるため!とか地に足をつけろ!とか地球に閉じこもりなさい!とかそういう文脈ではぼくはないと意図しています。

みなさんはどんなイメージを抱いていますか?

目的別、アーシングやグラウンディングの方法

目的や効果でアーシングやグラウンディングをどう使うかどんな方法で行うか、ぼくはおそらく使いわけている派なので、なんとなくみなさんにヒントになれば嬉しいです。

参考にできるところだけ、ピックアップしてみてください。

①自然を素足で歩く=思考の整理整頓

ちょっと色々考えすぎでリラックスしたいなあ。と思うときぼくは、自然を素足で歩いたり、散歩したりします。

ポンってアイディアがでてきたり、直感でなんか浮かぶときが多いからです。もちろん、自宅にいてもグラウンディングすれば、思考の整理だったり、身体や心のリラックスだったりはできるんですが、

自然を歩く方が気分的にスッキリするのでおすすめしておきます。

②イメージする=エネルギーをチャージ

おそらくみなさんが、ネットや本で収拾したグラウンディングの方法はここにフォーカスされていると思います。

根っこをイメージして・・大地に根を張って・・足から地球のエネルギーを・・・なんて感じでしょうか?その方法でも、グラウンディングやアーシングはもちろんできます。ぼくはやってみて少し窮屈で時間がかかっちゃうので合いませんでした(笑)

ぼくは、チャクラを意識して、全部のチャクラをひとつにまとめて、地球におろして、地球からそのひとつにまとめたところにエネルギーをもらって一気にチャージしてチャクラが光るイメージをします。

第一チャクラだけ落とすときももちろんあります。第一チャクラと地球、地球の核みたいなところに繋がって、そこから順番に1-7のチャクラまでを光らせるイメージですね。どちらでも良いと思います。

時間的には1分もかかりません、早い時は10秒以内ですね。地球はパワフルでぼくらの意識もめっちゃフル回転してくれるので、エネルギーのチャージは一瞬で終わります。

早かろうよかろう、遅かろう悪かろうというわけではもちろんありませんが、ぼくら余計なこと考えがちなので早めにブレずにやったほうがうまくいくこともあるかもしれません。

あくまで、意識を上にもっていくときの、準備運動ですので。

③イメージするその2=身体と意識の統合

こちらも、身体と意識がチグハグのときに行うグラウンディングです。

意識だけ上に飛びすぎたりとか、意識だけ自分のカラダから離れすぎているときは、それをちゃんと地球にいるカラダにおろすイメージをしてみてください。

小旅行でぶんぶん行っている、意識や魂がカラダとピッタリになれば、すぐに戻るはずです。

イメージが難しい人は、土を触ったり、アスファルトではない地面に手を置いたりするだけでもOKだと思います。

自分で試して、一番しっくりくる方法をぜひ見つけてみてください。

グラウンディングやアーシングについてのまとめ

いかがでしたでしょうか?なんとなくグラウンディングやアーシングをどう使うかヒントになりましたかね?

そもそも、グラウンディングしなくても、思考の整理バンバンできるで!とか

アーシングしなくても、高次の意識にはよゆうでいけるで!という方にはする必要もありません。

グラウンディングやアーシングしなくては、例えば、リラックスは絶対できないとか、意識は上にいかないとか、地球のエネルギーが入らないとか、チャクラが活性化しないということは間違いなくありません。(笑)

あくまで、エネルギーが循環しやすくなるテクニックの1つです。

ぼくは、グラウンディングやアーシングで心とカラダがスッキリしたり、エネルギーが循環したり、していることを実感できているのでやっているだけです。

強制的にとか、無理やりとか、こうでなくちゃ。なんてことはここでも全く必要ありません。

エネルギーがやんわりまわるためのグラウンディングやアーシングにおける方法は、1つではありません。

グラウンディングやアーシングだけが、地球と繋がったりそこからエネルギーもらったりする方法ともぼくは思っていません。ぼくらはそんなに窮屈で狭くはできていないです。たぶんね(笑)

あなたが一番、こうすればエネルギー回るでええ!とか地球っぽいエネルギーくるでええ!なんて方法がベストです。自分だけのグラウンディングやアーシングをぜひぜひ模索して楽しんでみてください。

いつもありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください