ヒーリングセッションはこちら

睡眠や夢で潜在意識やハイヤーセルフ、パラレルワールドに繋がる方法

今回のテーマは夢とパラレルワールド!

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

宇宙へのトラベルコちゃん。

※この記事は、みなさんが普段毎日とるであろう睡眠や、みるであろう夢をヒントに宇宙や自分の潜在意識につながり、パラレルワールドへトリップしていただくための楽しい内容になっております。

一般的に、脳波とリラックス状態は関係があると言われていますね。アルファ波、ベータ波なんて表現を聞いたことあるひともいるのではないでしょうか。

ぼくらは、睡眠状態でも起きている状態でもこの脳波をコントロールできるっぽいので、ぼくが自己流でやっている方法を伝授します。

瞑想的なことにはなりますが、無意識に意識に繋がる感覚と非常に似ています。そして、それは、宇宙や潜在意識、パラレルセルフと繋がる楽しい旅になる予感です。

睡眠と脳波、リラックス状態の関係性

脳波は脳から生じる一定のリズムや周波数をの電気活動を記録したものです。Hz(ヘルツ)という単位で表しますね。1秒間に1回の周波数で1ヘルツです。

人間の脳波はガンマγ、ベータβ、アルファα、シータΘ、デルタΔ、5つの状態に分けることができます。

それぞれどんな状態かちょっと整理してイメージをつかんでみましょう。

γ波(ガンマ波)

26Hzー70Hzの状態です。1秒間にMax70回程度の周波数を脳波が出していたら、めちゃくちゃ興奮状態あるいは不安状態にいるようです。

スポーツ選手がアドレナリンでまくっている状況ですね。ぼくらが夜な夜な将来や未来に不安を感じて眠れなくなる時のソレです。この状態が続くとストレスを感じるようです。

スポーツ選手の場合、そこを越えると、例えばランナーズ・ハイのときはリラックス状態になります(笑)

β波(ベータ波)

周波数が14ー30Hzの状態です。人間が起きて活動しているときはだいたいがこの帯域らしいです。例えば、事務作業をしているとき、スマホやPCでネットサーフィンしているとき、暇つぶしでテレビなんかをみているとき。

集中もできますが、持続性がなくて、途切れやすい周波数ですね。

α波(アルファ波)

周波数が8ー13Hzの状態です。これは、脳がリラックスしている状態のときです。目を閉じて瞑想したり、睡眠に入る直前。なんて表現をする人もいます。

起きていても集中力がめちゃくちゃ上がって、時間を忘れてしまったり、勉強していて周りの声や景色が消える。なんて経験一度はあるかもしれません。好きなことを夢中でやっているときはこの状態です。

ぼくもブログを書いて集中しているときは、この状態が多くて、妻に声をかけられても生返事になってケンカになることもあるアルファ状態と覚えておいてください(笑)

θ波(シータ波)

周波数が4ー7Hzの状態です。この周波数は、潜在意識の状態になっているとき、直感とつながっているときなんて表現をします。この状態だと脳を90%以上使っているので、ひらめきや洞察力ビンビンの状態です。

睡眠中、深い眠りに没頭する直前の状態で、夢を覚えていたり、夢か現かわけわからん。的なとき、潜在意識に繋がったり、宇宙意識やハイヤーセルフなんかともつながるなんて人もいいます。

臨死体験をしたひとは、肉体の活動が停止していも脳は動いていることは有名ですが、おそらくこの領域かそれより下のデルタ波なんではないでしょうか。ぼくは臨死体験したことないのでわかりません。。

δ波(デルタ波)

周波数が4Hz以下の状態です。この状態は深い眠り、あなたが寝たら一瞬で朝だったとか、夕方だったあのときのやるせなさで味わう周波数です。

脳波は0Hzにはなりませんので、0.5とかそのあたりくらいまでいくといわゆる昏睡状態なんて感じでしょうか。

なんとなく、イメージが掴めたでしょうか。とりあえず、脳をアルファからシータくらいの周波数にもってくれば、ぼくらは夢をコントロールできたり、パラレルセルフやパラレルワールドへトリップできそうな予感です。

ただ、例えば、ダリルアンカがバシャールとチャネリングするときにガンマ波にいるらしいです。なので、シータ波が絶対とかアルファ波が絶対トリップできるとも言えませんね、まあ、自分がトリップしやすい周波数を探すといいかもしれません。

ちなみに、ぼくはヒーリングのときに、シータ波に近づけるイメージをしています。ぼくの場合ですが、興奮しているとフィルターがかかりすぎちゃうので。

小難しいことは置いておいて、リラックスすることがポイントですね。悟りを開く瞑想で、「無」の境地とか、考えないようにするとかは、脳をリラックスして頭の隙間をたくさん空けるような一環のイメージです。

脳がリラックス状態にあると何ができるか?

アルファ波とかシータ波ということばはどちらでもいいですが、脳がリラックス状態にあるとき=ぼくらが夢をみたり、睡眠に入っているとき、何ができるでしょう。

おそらくみなさんがサイキック能力と呼んでいるようなことが可能になります。

オーラがみえる

オーラをみるのは、基本的には、脳がリラックスしてある状態です。たまにナチュラルにオーラみえるひともいますが(笑)

以前オーラみるでええ!と気合を入れてもみえないという理由がわかりますよね?リラックスです。

第三の目(サードアイ)が開く

サードアイももちろん開きやすい状態にあります。無意識の部分でコントロールするので少しコツがいりますが、なんとなくイメージできるでしょうか。

第三の目も一緒で、開けええ!とか、活性化させる食べ物たべるでええ!とか究極必要ありません。もちろん助長はしますけどね(笑)ただ、大事なのはやっぱりリラックス状態ですね。

テレパシー、テレポーテーション

テレパシーやテレポーテーションの類も全部一緒ですね。人間には隠されたというか大半の人が思い出していないだけで、ちゃんとそういうことができるようにはなっています。

なんとなく興奮しませんか?テレポーテーションについてはリクエストがあれば記事にしたいと思います(笑)

潜在意識やハイヤーセルフと繋がる

この辺もすべて一緒で、本当の自分と繋がるには脳がリラックスしているときです。なので、瞑想したり、夢の中でみたことはかなりヒントになります。

夢占いとかそういう類の話ではもちろん、ありません。(笑)夢で出てきたビジョン、臭い、音、感覚などから、「いま」のあなたに投げかけられているメッセージは案外たくさんあるかもしれません。

なんせ、リラックスして脳を90%以上使っているので、ややもすると、あなたが思う「現実」なんてはるかに凌駕するほどの情報量が溢れているかもしれません。

パラレルワールドにいける

ぼくらは、実は瞬間瞬間でパラレルワールドに行っているというお話を以前しましたが、夢の状態はこれに限りなく近いでしょう。

また、パラレルワールドは縦横の平行線でできているわけではなく、ぼくのイメージだと、もっと歪んでたり丸かったり収拾がつかないほどです(笑)

脳をリラックスする状態を無意識で意識的にさせると小旅行にいつでも行けるかもしれませんね(笑)

なんとなくイメージをつかむことができたでしょうか?

脳をアルファ波、シータ波にしてリラックスさせるおすすめ方法

脳をリラックスさせる方法はいくつかありますので、ぼくはこんな感じでやっていますというのを共有しておきます。直感に繋がる方法とほぼ同じです。

大きく分けて、寝ている状態のときにできること。と寝ている状態に分けられますね。

①アーシング・グラウンディング

地球につながるアーシングはリラックスするのにおすすめです。

自然を裸足で歩いてみてください。海が近くにある人は砂浜を、山や芝なので自然が近くにある人をそのあたりを、ポイントは素足になることです。冬の時期は寒いのでちょっと大変ですね(笑)

身体が冷えない程度に、あくまでリラックスできる状態を意識してみてください。アーシングソックスなんてのも最近はあるようですが、ぼくは素足最強だと思っています。

②瞑想&呼吸法

瞑想もリラックスさせるのにはおすすめです。

瞑想をするのは思考を整理したり、雑念をとりのぞくなんてことも効果としてはあるんですが、やっぱり脳をリラックスさせるのが一番ですかね。繋がりやすくするための前段階ですね。

③月光浴

ぼくもよくやるのですが、月光浴は最高です。

月も太陽も全部エネルギーです。地球のエネルギーをたっぷり浴びると浄化されて想念がクリアになります。これも冬の時期はカラダが冷えないように気を付けましょう(笑)

月光浴はパワーストーンの浄化にもなりますね。

④睡眠

ここからが今回の本題です。

睡眠はカラダを休める役割もありますが、脳を本来の状態=リラックス状態に戻す効果が絶大です。

ぼくのイメージですが、おそらく古代に超能力の類に目覚めていた人類は、このリラックス状態がおそらく「ふつう」だったのではないでしょうか。

現代に生きているぼくらは、時間を気にしたり、自然のエネルギーを感じる機会が少なくなっているため、常に脳がベータの帯域にいます。そういう人がほとんどです。

ぼくら全員が例外なく潜在意識の状態をふつうに持ってこれるのですが、ちょっと余計なモノが多すぎる感じですかね。

「昔の人間」は、呼吸するように行動していたし、呼吸するように食事していたし、呼吸するように会話をしていたのだと思います。だから常に脳がアルファかシータの状態だったんではないかなというイメージですね。

テレパシックなこともぼくらがいまサイキックと呼んでいることも何ら変わりないふつうのことだったんでしょう。

そんな「ふつうの状態」をぼくらが思いだすめちゃくちゃ簡単な方法が睡眠です。ベッドや布団に入ってぐっすり寝れば、視覚はシャットダウンして、脳だけがゆるーーく起きている状況をつくってくれます。

なのでゆっくり寝ましょう(笑)

で話が終わったらたぶんつまらないので、ぼくが寝るときにやっているルーティンをお伝えするので、パラレルワールドやハイヤーセルフにいくヒントにしてもらえればうれしいです。

夢や睡眠でパラレルワールドに行く、ハイヤーセルフに繋がる方法

夢や睡眠もコツをつかめばパラレルワールドに行ったり、ハイヤーセルフや潜在意識に無意識だけど意識的に繋がることができます。

先日ぼくはパラレルワールドに行ったのですが、すべてが同時に起きているパラレルワールドなのでいわゆる直線的なイメージではなくて、一気に映像が溢れかえる状況でした。

1つの軸ではおそらく「いま」の自分がいるところ。また別の軸では人類が全員ショートグレイみたいな宇宙人になっている軸。また別の軸では、宇宙会議に参加している自分(笑)またまた別の軸では・・・・

というようなイメージで、それが一気に一瞬で来るので、起きた時に覚えているのは稀ですね。みなさんも夢は儚いなんて言葉があるように覚えてないことが大半ではないでしょうか?

①夢日記をつけてみる

明晰夢のお話でもしましたが、夢日記はけっこう面白いです。朝起きて、夢で覚えていたことをとにかく速攻で書いてみてください。書くのが面倒なひとはボイスレコーダーに残しておいたり、同棲しているひとは話をするでもいいかもしれません。

とにかく無意識の状態=夢の記憶は、かなり一瞬で消えちゃいます。そしてほとんどの人が記憶していません。なので、書き留めて、夢日記をつけてみると、無意識でなにをみていたかがわかります。

②グラウンディングしてから寝る

グラウンディングは素足でなくてももちろん可能です。ぼくらは意識やエネルギーでつながる存在ですので、意識を地球あるいは地球の核にもっていってからエネルギーで満たしてハートチャクラビンビンにしてから寝ると、

無意識に繋がるのでシータ状態が続くイメージがあります。ただ、グラウンディング状態のままだと、たぶん意識は地球にいます。(笑)

素足で自然を歩かないグラウンディングは、おそらく数十秒とか、ぼくの場合、ほとんどが一呼吸です。なんせ意識っておもっている以上に早く動けるので(笑)

早かろうよかろうというわけでもないので、じぶんで色々と試してみてください◎リラックスしてエネルギーチャージすることが目的です。

もちろん、身体も心もリラックスするので想念をスッキリさせる効果もありますよ。

③行く「場所」を設定してみる

もし、パラレルワールドならパラレルワールド。ハイヤーセルフがいる場所ならそこに。寝る前に自分で設定してみてください。

意識がおそらく上にあがって、幽体離脱的な感覚に陥るひともいるかもしれません。魂だけふわふわするあれですね(笑)目が覚めればふつうに戻ってくるので大丈夫ですが、行きすぎると、

起きててもパラレルワールドに入ってるなんてことがあるので、そんなときはちゃんと帰宅してください(笑)

ぼくは最近、勝手に意識がある場所に向かうので、そこに繋がっていますが、そこがどこなのかはまったくわかりません(笑)

ヒーリングするときもその場所につながっていたはずなんですが、なんか若干変わって、たぶん今はその意識が自動的に向かう場所が最適っぽいのでそこで意識やエネルギーで遊ぶようにしています。

感覚的な話なので、言葉にするのはけっこう無理があるんですが、ハイヤーセルフがいる場所もパラレルワールドがいる場所も、人から聞いた話や自分の思考が作り出した偶像だったりするとちゃんと繋がらない気がします。

意識やエネルギーが勝手にいっちゃう。なんか呼ばれてるからそっちに行ってみる。なんて感覚の方が近いかもしれません。

なんとなくイメージがつかめたら、ぜひ毎日とる睡眠でリラックスさせながら遊んでみてください。そしてその感覚をより自分のモノにするため、誰かに話したり、自分でメモしておくことをおすすめします。

たくさんのヒントが得られるかもしれませんね。いつもありがとうございます!

2 COMMENTS

ろみ

まめたろうさん。
初めまして。
2週間ぐらい前に
ここを見つけました。
めっちゃ面白い
毎日楽しみです。ありがとう

返信する
まめたろう

ろみさん

コメントありがとうございます!
そう言っていただいて嬉しいです^^こちらこそありがとうございます◎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください