ヒーリングセッションやっています

カラダと心を癒す簡単にできるおすすめセルフヒーリング方法

今回は、ぼくがやっている自己ヒーリングをお伝えします!

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

癒すでぇぇ!

※この記事は、自分で簡単にできる自己・セルフヒーリングの方法をお伝えし、ストレス社会にそっとさよならをするあなたにこんにちはしてもらう内容になります。みなさんはどんな感じで自分を癒していますか?

セルフヒーリングと言っても、様々な方法があります。スピリチュアルっぽいエネルギーワークから、散歩したりよく寝たりする方法まで。

今回は、ぼくが疲れた時や、ほとんどないんですが、ストレス溜まった時、あるいは自分の整理整頓ができていないときやるセルフヒーリングをお伝えするので、なにかヒントになれば嬉しいです。

ヒーリングの種類

ヒーリングには、たくさん種類があります。レイキ、ライタリアンなどのスピリットヒーリング、自然の力で癒しをもらう・与えるヒーリング、音楽によるヒーリング。

世の中がいかに癒しを求めているかがわかりますね(笑)ヒーリングミュージックとか探せば無限にでてきますもんね。

今回は、すべてに触れつつ、自分でピンっときたものを探してもらう、そんなイメージです。

まあ、正直疲れているときは、お酒に逃げるのではなくて、ちょっと長めにお風呂に使ったり、月光浴したり、感覚をシャットアウトして目覚ましかけずに寝まくるなんて方法が一番癒されるのかもしれません(笑)

ぼくのイメージだと、スピリチュアル的なヒーリングを無料でも有料でも誰かから受けるときは、あまりエネルギーを混在させない方がいいです。

端的にいうと、週あるいは月に何度もヒーリングを受けたり、様々なヒーラーさんのセッションを受けたりです。自分にマッチングするエネルギーであればいいですが、そうでない場合、混在させると余計なことも多くなってくることもあるかもしれません。

自分で簡単にできるおすすめセルフヒーリング方法

ぼくが昔からやっていたこと、今もやっていることを交えながらたぶんみなさんも普段やっていることもでてくるので、参考になる部分だけピックアップしてもらえれば嬉しいです。

温泉に行ったり、散歩したり、睡眠とったり、マッサージしたり、当然にやっていそうなことは今回は端折ります。おそらくズボラなぼくよりみなさんの方が詳しいと思うので(笑)

①アーシング&グラウンディング

グラウンディングは、ぼくにとってはセルフヒーリングの一種です。

どんな方法で行っても間違いはないですが、リラックスしたり癒されることにフォーカスして、それを実感してみることがポイントかもしれません。

②月光浴×瞑想

月光浴もやり方とか場所とかいろいろありますが、ぼくは外に出て、目を閉じてすることが多いです。

月のエネルギーも日によって違うので、「今日の月のエネルギーめっちゃいいわああ。」ってときにやりますね。

もちろん、満月で綺麗だからとかそういう部分もありますが、観察すると男性的なとき、女性的なとき、凛としているとき、優しいとき、月もけっこう違うので、実感してみることをおすすめします。

月光浴しながら、瞑想して、自分のカラダが光っていく、あるいは毒素が溜まっていそうな人は、それが綺麗に流されていくイメージをすると、より月光浴の効果がアップするかもしれません。これはぼくが勝手に思ってやっていて実感はしていることです(笑)

③食事や水分補給

食事や水分補給でもセルフヒーリングはもちろん可能です。

ぼくは寝る前、(飲みたいときだけ)コップ1杯程度の水を飲みますが、ただ飲むだけではなく、その水が煌めいて輝いて、自分のエネルギーと統合していくイメージをしながら飲みます。

これをやるとたまにオンになって寝られなくなるのはぼくだけではないはず(笑)

水は、他の飲料水と違って混じりっ気がないので、素直にエネルギーに反応を示してくれますね。

食事も一緒です、外食でも自分でつくるとき、あるいは家族につくるときでも、元気になれー。とかこれで癒されてみー。とかそういうイメージをもって、光らせながらつくるとマジでパワーアップしちゃいます(笑)

お母さんやおばあちゃんが、最後のひとつまみ塩をパッと振りかけるときとか絶対これで美味しくなる!って無意識に思いながらやるからめちゃくちゃ美味しいんですよね。

そして、食べるときも一緒です。食事が光って、自分のエネルギーと統合していく、自分が元気になるイメージをしながら、野菜とか肉とか魚とか素材にセンキュー!っていうと、

食事は、胃を満たすだけの流れ作業じゃなくて、儀式になります。目や鼻、耳、口、舌触り、内臓器官にいたるまで、すべてで食事を摂るとたぶんマックでも細胞ビンビンになります。まあ、マック食べすぎるとカラダ重くなりますが(笑)

たぶん、これがスピリチュアルで語られる波動の側面のひとつですね。まあ、あんまり外でやりすぎると確実に変態扱いされますが、みんなどこかしら変態チックなので気にせずいきましょう(笑)

④気功

上手な言葉が見つからなかったので気功としましたが、手で疲れているところに触れるだけです。

方法としては、以下の手順だとわかりやすいかもしれません。

  1. 両方の手のひらを数センチ空けて、胸の前あたりで向い合わせにする。
  2. なんとなく手が温かくなってくる。
  3. 手が触れない程度に数センチの間隔を広げたり、縮める。
  4. 温かさをより実感したら、徐々に間隔を広げる。
  5. 両方の手のひらにエネルギーがあるイメージと実感をする。
  6. 疲れているところに手を当てて、そこが癒されるイメージをする。

なんとなく伝わりますかね?

ぼくらは、ほとんどの人が、目に見えないだけで、自分から常にエネルギーがでています。それを手に集めて、自分の疲れているところに注入するイメージです。頭に手をあてると、スッキリしますよ。

グラウンディングと合わせると地球のエネルギーを自分に、月光浴と合わせると月のエネルギーを自分に、宇宙と合わせると宇宙のエネルギーを自分にもってくるセルフヒーリングになります。

色々と試して遊んでみてください。イメージしにくい人は、目を閉じると温かくぼんやりしてくるかもしれません。

ただ、これは周りに人がいるとヤバいやつって思われること確実なので、お風呂上りとかにこっそりやることをおすすめしておきます(笑)

⑤瞑想(イメージング)

④の応用で、今度は手を使わずに、イメージだけで行うセルフヒーリングです。瞑想やイメージングなんかとほぼ変わらないかな。

ぼくは瞑想も含めヒーリングと一括りで呼んでいるので、まあ、みなさんが自由にイメージしてOKです。

これも、方法はいろいろありますが、一応ぼくがやっている方法を共有しておきます。たぶんオリジナルで自分でピンってくるやつが一番良いので、これをベースにしても、しなくても色々と試してみることをおすすめします。

  1. 目を閉じる(静かな場所が良いと思います)
  2. グラウンディングする
  3. チャクラを元気にする、光らせるイメージ
  4. 自分のエネルギーを頭の上に集める(丸い玉をイメージをするひとが多いみたいです。)
  5. 集めた自分のエネルギーを宇宙かそれ以上にあげる(好きな場所、エネルギーをもらいたい場所でOK)
  6. そこで、集めた自分のエネルギーにチャージする
  7. 集めた自分のエネルギーをカラダに戻す(これやらないと宇宙から帰ってこなくて余計疲れます(笑))

なんとなくわかりますかね?チャクラビンビンにして、光(エネルギー)を集めて上に飛ばす感じです。飛ばしてチャージした後は、ちゃんと帰ってきてください。魂とカラダの分離が起きちゃう可能性もあるので。。

最後に、戻ってくること・帰ってくることだけはちゃんと行ってください。イメージしやすいところだと、幽体離脱しっぱなし状態なんてこともあります(笑)感覚の鋭いひとは、余計疲れます。

あと、ここでいう上というのは、宇宙が好きなら宇宙。自分の高次存在を意識する人ならその場所。天使とかそういうのが好きならその場所。なんでもOKですが、自分が直感で今日はここやな!って感じが一番だと思います。

イメージを膨らませると無限にいっちゃうかもしれません(笑)

ゆっくりチャージして、エネルギーを感じてみてください。もちろんセルフヒーリングなので、自分が癒されることが大前提です。

できなくてイライラしたり、なかなかイメージできなくてダメだぁぁ。と思う自分で終わったら間違いなく逆効果で本末転倒なので、とっとと寝るかお風呂入りましょう(笑)

頭が引っ張られるような感覚、寝ているけど起きている状態、なんとなくですがそんな感覚がぼくにはあります。もちろん、とても心地よくてリラックスできます。ヒーリングなので癒されます。

やんわりとカラダが温かくなったり、ハートが軽くなります。たっぷりチャージして意識やエネルギーを感じてみてください。

以上が、簡単なセルフヒーリングの方法でした。ぜひぜひ、色々と試して、これいいですよ~!なんてモノがあればぜひぼくにも教えてください。

いつもありがとうございます!

2 COMMENTS

UNO

なんか最近瞑想するとすごく疲れて、その後よく寝てしまっていました。この記事を読んで納得しました。ちゃんと戻します 笑

返信する
まめたろう

UNOさん、いつもありがとうございます!
ぜひ、戻す作業もきちんとやってあげてください~

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください