ヒーリングセッションやっています

【目覚め】あなたはシャーマンかもしれない7つの特徴やサイン

たっかぶり(妻)

シャーマンおもろい。

ぼくも妻もアフリカに行ったことがあり、そこでは西洋医学と昔から伝わるシャーマニズムによる医療が信仰されていました。アフリカも広くて、場所によって全然違うんですが、

都市部に近いところに住む人は、やはり西洋医学を信仰する傾向にあり、都市部から離れるほど、シャーマンの植物やホワイト&ブラックパワーを信じるひとが多い印象です。

ぼくは、生まれてからずっと西洋医学に頼りっぱなしなわけで、初めてシャーマンの治療とか、アフリカの秘薬的なのを実感したときは、西洋医学鼻くそやん(笑)って思っちゃいました。結局、ぼくらが備えているナチュラルパワーってめちゃくちゃすごいんですよね。

今回の記事は、自分がもしかしたら、シャーマンかもしれんなあ。と思うひとのヒントになるかもしれません。当てはまるところがあればシャーマン的な目覚めを体験してみてください。

中島らものガダラ豚という小説はシャーマニズムの世界が堪能できるのでおススメです。昔好きで時間を忘れて読みふけった記憶があります(笑)

シャーマンとは?

シャーマンとは、自然やスピリットにつながり人々を癒し、目覚めをうながす呪術師のことです。

シャーマンはドラムやハーブ、クリスタル、スピリットガイドや神、先祖からの助言を合わせることで呪術をおこなっていて、スピリットや神、内なる神性に繋がることができる創造主です。

また、ヒーリングに使える植物やハーブを発見するため母なる地球に深く繋がります。

シャーマンの力は「死と生まれ変わり」を経験することで身に付きます。ここでいう「死と生まれ変わり」は肉体だけでなく、感情やエネルギーなど魂部分での死を意味します。

シャーマンはシャーマンとして生きる準備がすでにできている人である場合がほとんどです。

シャーマンは霊媒、ハーブ使いとして生まれつきの能力を持ったエネルギーヒーラーで、教科書からではなくスピリットと繋がることで得た知識を使っていることから、「(理由なく)知り得る人」と訳されています。

シャーマンは様々な文化でそれぞれ派生していて、まじない師やエネルギーヒーラー、薬剤師がそれにあたります。

シャーマンが行うヒーリング手法は、長い間非難されつづけ魔女は火あぶりの刑にあい、かつてのシャーマンの手法は「変化」し、多くは忘れ去られてしまいました。

一度シャーマンとしての力を身につけると、生まれ変わり後世にその知識を伝えると信じられています。

あなたは今世でシャーマンとしての力を身につけようとしているか、すでにほとんど身についているのかもしれません。

ここまで読んでピンってきているあなたは、以下の内なるシャーマンが目覚めてきている7つのサインに共感できるかもしれません。

自分でわかるシャーマンかもしれない7つのサイン

1.重篤、稀な病気から奇跡的に回復、精神病を患ったり雷に打たれた経験がある

一見バラバラのことを言っているように聞こえるかもしれませんが、すべてシャーマンの目覚めと関係しています。シャーマンになるためには、「魂の死と再生」を経験することが不可欠で、一時の病もその類いです。

このような体験で、魂の世界に戻りクリスタルやシャーマンとして生きる知識を備えてこの世に帰ってきます。

2.植物や動物と強いかかわりがある

シャーマンは自然や動物の世界と特別な関係にあり、それらをガイドやメッセンジャーとして利用することができます。

もし動植物からメッセージを受け取っていたり自然や環境に敏感なら、内なるシャーマンが目覚めてきているサインかもしれません。

3.ハーブ療法や食事療法に惹かれ、本能的に扱い方を知っている

スピリットの叡智を使うことにより、シャーマンはエネルギー的、肉体的に人を癒すために自然のハーブを混ぜ合わせて調合薬を作ることができます。

面白いことに、昔からシャーマンがヒーリングに使用していたハーブの効果が科学的に裏付けされてきています。

病を癒すための料理やハーブに興味があるなら、過去世でシャーマンを経験していたからかもしれません。

4.他世界・多次元へのアストラルトラベル(幽体離脱)の経験や鮮明な夢を見る

シャーマンは多次元を行き来し、過去現在未来にある自分の魂の情報を集めて帰ってくることができます。

睡眠中にアストラルトラベルをしたり、エイリアンやスピリットのようなものに会う変わった夢を見るようなら、シャーマンとしての素質があるかもしれません。

5.予知や霊媒などのサイキック能力がある

シャーマンはスピリットの世界ととても深くかかわりがあるため、霊媒や透視能力を生まれつきもっています。

シャーマンとしての転生があるなら、今世でもそれらの天性の能力を持って生まれているでしょう。

6.ドラムの音を聞くと、目覚める感覚や喜び静けさを感じる

スピリットと繋がったり他世界を行き来するのにシャーマンはドラムやマラカスを使用します。

ドラムや打楽器に強い思い入れがあるなら、シャーマンのルーツがある証拠かもしれません。

7.内なるシャーマンを呼び覚まされるような衝動がある

夢やスピリットの世界で他のシャーマンに呼び覚まされるように感じたなら、シャーマンの素質があると思って間違いありません。

シャーマンやメッセンジャーはあなたの行くべき道を指し示し、天性のシャーマンの能力に気づかせるため人生に現れることがあります。

あなたの内なるシャーマンは目覚めを促されていますか。

credit: Forever Conscious

シャーマンと呪術

いかがですか?日本だと、巫女さんや宮司さん(陰陽師的な(笑))の方が、ぼくのイメージだと多い気がしますが、少なからずシャーマンっぽいエネルギーをもっている人もいますね。

原文にはあまり言及がありませんでしたが、アフリカでいうと、シャーマンは、貝殻を使う人、砂を使う人、動物の毛皮や頭蓋骨などの一部を使う人、本当に様々です。シャーマンによって全く違います。

だから上の6番のドラムの音っていうのはぼくはピンと来ていないです(笑)

シャーマンの「教え」的なモノは、本や文献に記載されているわけではなく、ごく一部の地域で伝統的に受け継がれます。ほとんどが口頭による伝承なのではないでしょうか。

また、アフリカだけでなく、おそらくアマゾンやバリなども同じ感じだと思いますが、西洋医学の薬よりも、パワフルで、エネルギーに溢れるような、ぼくらの力を引き出してくれるような植物がわんさかいるのも事実です。調合方法や使い方なんかも、伝承されますね。

例えば、Aという症状が出た時は、Bという植物とCという植物を○○という手順で調合する。なんて感じです。自然のもつエネルギーにびっくりしたい方は一度、シャーマンを訪れると閃きが生まれるかもしれません。(笑)

ただ、観光シャーマンもいるのも事実なので、観光客だけでどんどん入れる地域にはほとんど「ガチ」シャーマンはいないかな?

まあ、日本でもガチな人も、お金や物メインの人もいるので、その辺は全世界共通かもしれませんね。(笑)

余談ですが、ブラックパワーは、めちゃくちゃ強力なので、トリセツ必須でございます。

2 COMMENTS

なな

コンバンワ。
「ガダラの豚」めっちゃ面白いですよね。
うちも読みふけりました。
忘れた頃に、また読みたくなるので3回ぐらい読んでしまいました。

返信する
まめたろう

ななさん、
こんばんは!

おー!ガダラの豚、ぼくも大好きで、むさぼり読みました^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください