ヒーリングセッションやっています

道タオ(TAO)とは?タオイズムから学ぶ人生における大切なこと7つ

まめたろう
まめたろう

今回のテーマは「タオ」です。

たっかぶり
たっかぶり

なにもしないんですよ。

※この記事は、道TAO、タオについて、その考え方や教えがどういうもので、どう人生に活かせるかをシェアしてみる内容になります。


「何も考えず、努力もしないことが、道を理解するための第一歩です。どこにも行かず、何もしないことは、タオで平和を見つけるための第一歩です。何もないところから始めて、道を追わないことは、タオに到達するための第一歩です。」

— 荘子

タオを表すなら、上の引用のやつです。万物斉同、無為自然、要するに、あるがままに生きれば問題ないよ。というやつです。

なにやら的を得ない感じですが、これはスピリチュアルの最もベーシックな考えにも通じるところがあります。万物は姿かたちは違えど、すべてはひとつの「何か」かが変化しているに過ぎない。

つまり、ワンネスであるというやつです。

だからなんだ。と言われればそれまでなのですが、人間関係や仕事、家庭などなど目まぐるしい毎日を過ごす中で、わりと大切なことを見逃すのが得意なのはぼくら人間です。

原点回帰ともなるタオ(道・TAO)には改めてどんなエッセンスが散りばめられているのかをみていきましょう。

この記事は以下のような人におすすめ
  • ワンネス的な考えが好きな人
  • 内側をみる機会が薄くなりがちな人
  • すべては今ここにあるのかもって思える人
  • 人生で大切なことを見落としがちな人

道タオ(TAO)とはなにか?

まずはタオやタオイズムについてみてみましょう。

道タオ・TAOの意味

老子によると、道とは名付けることのできないものであり(仮に道と名付けているに過ぎない)、礼や義などを超越した真理。を表すそうです。

また、老子は、タオとは名前のあるもの、名前のないものの両方です。名前のないものとしてそれは、すべての起源です。名前のあるものとしてそれはすべての母です。とも言います。

つまり、スピリチュアルな言葉を使えば、宇宙や大自然のもっとも奥にあって、すべてのものを生み出していく“エネルギー”のことです。

波動とは何か?波動の仕組みがわかるとすべてがわかる件

タオイズムとは?

タオイズムとは、いろんな考えがありますが、シンプルに言えば、

タオに沿っていきる、無為自然の生き方のことです。

古代中国の賢人たちは、どうやら人間も含め、万物は、空っぽ(無、空、タオ、エネルギー)からの派生らしいということに気が付きます。

私たちがそのタオの派生であるのであれば、それらに沿う≒流れるままにありのままで生きる方が最も最適(≒根本にして自然)だと考えるのです。

スピリチュアルな言い回しでいうなら、ワンネス的な生き方ってやつです。

ワンネスとは?宇宙の正体や目的をワンネス意識で説明!

道タオ(TAO)から学ぶ人生における大切なこと7つ

yin yang symbol on brown beach sand

さて、どうやらタオイズムはなんとも的を得ているようで得ていないぞ!って感じですが、

これらには現代スピリチュアルにも通じるとても深く、そして迷子になったときこそ覚えておきたいエッセンスが詰まっているので簡単に紹介してみます。

①すべてに陰と陽がある

Yin&Yangですね。すべてのものには陽があり、その背後に陰をはらんでいるということです。

人生における、すべての人、出来事、状況、目的、そして経験には明るい面と暗い面の両方で成り立つということです。善と悪、男性と女性、愛と恐れ、内側と外側、生と死がすべてにあります。

タオイズムライクに生きるには、その二面性のすべてを受け入れて生きることが大切だといわれます。

そうすることにより、非二元、ワンネス、ホールネス≒TAOにつながっていくからです。

だからなんだよ!っていう人も多いでしょうが、ぼくはこの手の話は三日三晩やっても飽きないほど大好きです。

確かにすべてのものの二面性があることはわかっていてもそれを体験したときに、なかなかそうは思えないのが人間ですよね。

不運には幸運が寄りかかっていて、幸運には不運が寄りかかっています。そのどちらに優劣があるわけではなく、タオなんですよ。

②バランスが必要不可欠である

道タオといえば、「老子道徳経」(老子がタオについて書いたとされる5,000字程度の書)なのですが、これを一言でまとめるなら、「バランス」です。

タオはバランスの本質がつまっていて、それに沿うことで、自分の人生に平和と調和がもたらされます。

ぼくら一般的にいってもおんなじで、例えば、食べ過ぎたり、食べなさすぎたりすると体調は悪くなります。人間関係で、無理をしすぎたり、無理をしなさすぎたり(≒投げやりになる)すると、それらは満足いったものにはなりません。

バランスは人生のあらゆる分野において、豊かさをもたらすんですよ。

ぼくが畏れ多くもタオイズムに付け加えるとしたら、この「バランス」というのは、人それぞれ基準が違うってことです。どこからが「たべすぎ」でどこからが「たべなさすぎ」かはあなたが決めるんですよ。

3次元での学びのほぼすべてがバランスと境界線にあると個人的には思っています。

③楽な行動は、幸福、成功、内なる平和をもたらす

すべてのものに、陰と陽があることを認識し、自分オリジナルのバランスをみつけることで、無為(≒ありのままの楽な行動)を体験すると道教は考えます。

一生懸命働いたり、何かのために必死に頑張ることはとても素晴らしいことです。ただ、それらを我慢しすぎてプッシュしすぎると、どこかでエネルギー切れ≒燃え尽き症候群を起こします。

あるいは、その反対で、ネガティブな意味でどうでもいいやあ。状態が続くとそれは人生に対する匙を投げあきらめ感と欠如がもたらされます。どちらの「やりすぎ」も自分らしさをなくすものになります。

「健康」についての例をあげるなら、いわゆる添加物とかは絶対NG!!ピュアナチュラル無添加万歳みたいな人がいるとしましょう。

基本的に不健康な食品を必要以上に拒絶した場合、その性質は拡大し強化される傾向があります。だからといって添加物を推奨したい!というわけではまったくないんですが、すべてのものの二面性を忘れるとバランスはみつからず、無為は体験できないんですよ。

(オーガニック好きならそれはナチュラルに摂取しまくってくださいね。笑)

昨今のマスクするしないもそうだし、陰謀論チックなやつも全部ぼくはそうだと思いますよ。

極端な自分、必要以上の自分に気づき、それらを手放すことによって無為の体験が生まれます。

ありのまま受け入れるマインドフルネスとジャッジする生き方を比較してみた

④執着せず。はバランスと無為に至る一歩目

荘子は、「完璧な人は、自分の心を鏡として使います。それは何もキャッチせず、拒否しません。受け取りはするものの、キープはしません。」

ぼくらが執着をしないとき、孤立とか切断を経験したり、何らかの形で思考や感情を超越しているわけではありません。エネルギーの行き来をみつめているだけなんですよ。

タタータ(起きることは起きる、流れるものは流れる)の精神でいることで、自分で苦しくなるものにしがみついたりはせず、楽な行動、楽な自分で生きる道を選ぶようになっていきます。

そうなるともうタオ状態なんで完璧です。

執着するな。と言われてもしちゃうのが人間なので、徐々にタオれば良いんだと思いますよ。(やりたければ)

執着は手放す方がいいの?執着のスピリチュアル的意味と手放す方法

⑤愛、節度、謙虚さという3つの宝

先ほど登場した、老子道徳経では、愛、節度、謙虚さを育むことが道タオを実践するシンプルかつダイレクトな方法だと説いています。

ぼくもこれにはけっこうイエスなのですが、加筆修正をしてもいいのであれば、「謙虚さ」についてはちょっと補足が必要だと思います。

愛はもちろんすべての根源であるからイエス、節度も要するに自分のちょうどいいを探そうね。ってことでイエス。ただ、謙虚さについては、自分を低くして相手をたてなさい。って解釈ならちょっと違うと思います。

自分と相手とをイコールに扱うという意味での謙虚さだと思います。すべては道タオで、空っぽで母なるものなので、そこにはちょうどいい配分のピュアさがあるんですよ。

自分よりも他人を大切にせよ。常に自分を低く見積もりなさい。と言う教えは日本文化のあるあるですが、ぼくはこれは正直びみょーだと思っていて、そこに優劣をつけない感じが僕らがタオる秘訣だと思っています。

心の境界線を引く7つの方法!バウンダリーは健全な人間関係に必須?

⑥柔らかく水のようにサレンダーする

道タオの教えは、屈強でタフで力強さを誇張すれば覇者になれるような3次元に中指を立てて、なんもしなくていいんよ。っていうものだと個人的には思います。

スピリチュアルでいうところのサレンダーです。

このサレンダーとは、投げやりになったり、個性を捨てたり、欲をダメなのモノとして抑え込むものではありません。

ネガティブな自分もポジティブな自分も、ネガティブな他人もポジティブな他人もすべて、自らの意志で信頼し、オールOKサインをだし、自分にオールインすることだとぼくは思っています。

硬くタフなエネルギーではなく、水のように流れるエネルギーを意識してみましょう。

サレンダーのスピリチュアル的意味!すべてを手放すと願いを引き寄せる?

⑦内なる静けさを体感し、宝物をみつけよう

タオの教えは、あなたが探しているものはすべて今ここのあなたの中にあります。というものです。

エックハルトトールでいうところのstillness speaksってやつですね。

外側の世界に「宝」を求めても、それはなく、自分自身のルーツから切り離されます。ルーツから切り離されるということは、世界で自分自身を失うこととイコールです。

とはいえ、自分の内側に理想のパートナーや、思い描いた豊かな暮らしなんてどこにもないじゃないかという人はまだまだタオのバランスの入り口に立つ準備が始まっていないので、まずは、

現実的になにかできることから始めるのをおすすめします。

道タオ(Tao)で宇宙を体感しよう

タオイズムについては、スピリチュアルなレッスンがふんだんに詰め込まれていると思います。

人生で大切なことって人によって何個もなん十個もあると思うんですけど、スピリチュアルからみれば、それはすべてエネルギーなんでオールOKというシンプルなものに行きつくと個人的には感じています。

そんなこといっても現実はなかなか。。というのはスピリチュアルと現実を結ぶミッシングリンクとして何十年もあるのも事実ですが、内側の穏やかさを発見できることで、それがフィジックスな世界でも豊かさに繋がる部分は

ぼく個人は確かにあると思います。

なにもしないこと、楽な行動を選択していくことで、なんもないところに気が付くタオイズム的な考えは、混沌としている人ならしているほど有効になるのかなと思っています。

静かなところに繋がると無限と空が並んでいるあの感覚にタッチできますのでそんなタオる日をつくってみるのはいかがでしょうか?今日やんなきゃいけないことなんて1つもないんですよ。笑

いつも読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください