ヒーリングセッションはこちら

生活する上で意識、エネルギーや波動、気を感じるめちゃくちゃ簡単な方法

みなさんが感じているのはなんですか?

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

大事なのは波動ってこと!

※この記事は、エネルギーや波動を言葉では知っているけど、体感したり経験した覚えのない方がこの世の中に溢れている波動を楽しく感じられるような手助けになる内容になります。世界観が少しでも揺れたら嬉しいです。

余すことなく、とてもしつこくすべては波動といっていますが実際に感じたり、体感することは難しいと感じていないですか?

実はぼくらはすべてはエネルギーでできていることを感覚的にかつ直感的に知っているので、ぜひ体験していきましょう。もしかしたらあなたの生活に色が映えてインスタも綺麗にとれるかもしれません(笑)

波動とはなにか?

波動の説明は以前に何度もしていて、読者さんの中にもご存知の方も多いでしょう。エネルギーだったり、「気」だったり、すべてのモノやひとがもつ生命力のようなモノです。言い方や解釈に正解はなくて、あなたが感じる「波動」が正解です。

ぼくは、エネルギーということばがしっくりきています。ハンターハンターや幽遊白書をご存知の方なら、あのもわんとしているエネルギーの塊のようなものです。ドラゴンボールにもでてきますね。新世界以後のワンピースにも覇王色の「覇気」なんかで登場しています。

波動をわかりやすく可視化するとああいう形にもなりうるかな。

波動やエネルギーはどこで感じられるか?

もちろん、世の中は広いので、目に見えるひともいるし、そうではない人もいます。においや音で波動がわかるひともいます。見えるか見えないかの違いは人それぞれ、得意で鋭い感覚器官が違うからでしょう。

ぼくが一番最初に、「波動」を感じたのは、においでした。花の香りが花の香りをしている。とか香水が香水の香りをしている。とかそういう話とは少し違います。

もっと本質的です。花であれば、その花の香りの奥がわかるというか、それを色や形で変換できるのです。

香水であれば○○という化学物質と××という化学物質が混ざっているとか、普段食事にとるモノ、すれ違うひとやモノ、過去や未来を越えて匂いでエネルギーを感じていました。(笑)ちなみに当時は東京に住んでいましたが、地下鉄はリアル死臭を感じていました(笑)

よく言われることで、以前も触れましたが波動は共鳴したり、伝播するという特性がありますね。ぼくも最初はなんのこっちゃ?と頭にクエスチョンマークが咲き乱れていましたが、よくよく考えると、同じにおいには同じにおいが集まっていました。

なんとなく立ち寄る喫茶店、セミナーや講習会などに集まっている人々、なんとなく同じにおいがするけど、結局これは後々考えると、波動の法則だったんですよね。

波動についてのまとめ
  1. 波動=すべてのモノがもつエネルギーのようなもの
  2. 人それぞれ感じる部分は違う。(主には五感)
  3. 波動がわかればすべてがわかる気がするぅぅう!

エネルギーや波動・気を感じるめちゃくちゃ簡単な方法を教えるよ

エネルギーや波動を感じたり、体験する方法は人それぞれありますし、絶対これ!というものはありません。みなさんが自然な形で感じればいいし、肩の力を入れて感じるモノでもないので(笑)

ここでは、誰でも気軽に、もしかしたらそうなんじゃないかなという程度のヒントになりそうなものを羅列していきますね。

グラウンディング・アーシング

グラウンディングやアーシングはそれぞれ色々な方法がありますが、一番簡単な方法は素足で外を歩いたり、土を感じることです。瞑想したり、深呼吸したりするのも自由ですし、ただ歩くだけでもいいです。不審者扱いされるかもしれませんが気にせずに(笑)

ぼくも、最初は、グラウンディングといわれても色々な方法があって、迷ってしまいましたが、日々続けると、なんとなく自分の気持ちがスッキリしていたり、うっ滞していたモノが取れていたりとかなりリラックス効果がありました

最初は、地球エネルギーだったのか!とかわかるはずもなく、なんとなく気分がいいなー。とかこの木よりあの木の下がかなり気持ちいいとか、深夜の公園でひとりブツブツ言いながら、完全に見つかったら職質か通報されるレベルのことをしていた思います(笑)

エネルギーを無理矢理感じようとせずに、心地いい感覚に身をゆだねるだけで十分効果が出るでしょう。エネルギーや波動を感じたからといって王様になれるわけではないので(笑)

お買い物

生鮮食品を購入するのが一番わかりやすいのですが、死んだ野菜と生きた野菜を見分けてみましょう

もちろん、肉や魚でもいいです。スーパーにパック詰めされて陳列されている商品ですが、必ず光っている(なんとなく目を惹かれるモノ)と光っていない食品があります。

この野菜は生きている!とかこの魚死んでるなー。とか、ぼくと妻は買い物するときそんな会話をしています。

これも、波動があるからで、もちろん物理的にはお魚もお肉も生命を終えているのですが、私を喰わんかい!と主張しているモノが必ずあります(笑)それがその時のあなたの波動にピッタリ合っているからでしょう。

買い物をする対象が、本や衣類などのモノでもまったく同じことが言えます。デザインが良い服を選んだ。とあなたは思っているかもしれませんが、突き詰めればその服を作った人や繊維・素材を直感で選んでいることがほとんどでしょう。

食事をとる

家でご飯をたべるとき、外で外食をするときもエネルギーを感じることはできます。買ってきた食材を調理したり、誰かにつくってもらったり、ぼくらのほとんどは毎日なにかしらを食していますね。

機械的にファーストフードやコンビニ弁当をたべるときでも、波動やエネルギーは感じられます。

例えば、たくさん食べたのにすぐにお腹がすくとか、反対に少ししか食べていないけど、腹持ちがいい。という経験をしたことはないですか?本質的に言えばぼくらはエネルギーを摂り入れているので、それは当然の結果です。

誰が育てたお肉やお魚、お野菜なのか、それを誰が料理したのか。そしてそれを食す雰囲気はどのようなのか。どんなエネルギーがあなたに必要で、なぜそれを食しているのか。そういうところを意識すると、そこには必ずエネルギーが入ってきます。

外食していても同じですよね。(必ずしもとは限りませんが)高い料理を美味しく感じるのは、そこにもってくるエネルギーの入れ方、食材選び、調理の仕方、お店の雰囲気など、ぼくらは「味」以外の要素で美味しく感じてしまうのです。それは波動の関係です。

人が作る料理やバーのカクテルで同じレシピなのに味が違うのは、そのひとのエネルギーが入っているからです。その波動が合うか合わないかで色々変化があるのでぜひ実感してみましょう。

人と接する

人と接するときもぼくらは自然にエネルギーのやり取り、非言語でのコミュニケーションをめちゃくちゃしています。

例えば、初対面のひとと会話するとき、ぼくはたいてい目をみればそのひとの思念や思想が入ってくるのですが、相手がどんな人なのかなんとなく想像がつくときはないですか?

話し方、言葉選び、しぐさや動作からぼくらは「何か」を感じ取っています。それはラインやメールでのやりとりでも同じです。全てはエネルギーや波動でできているので、なんとなくわかっちゃうんですよね。

その「何か」を良いモノに、反対に悪いモノに捉えるかはあなたの自由です。そこにもあなたのエネルギーや波動が入り組んでいますね。

エネルギーや波動を感じる方法のまとめ

こんな風に、ぼくらが生活しているうえで、意識している・無意識のうちに、両方ともぼくらは実はエネルギーや波動を読み取って行動をしていることがほとんどです。自分の生活を思い返してみると実は・・・!なんて発見がややもするとあるかもしれません。

エネルギーや波動を感じる方法まとめ
  1. グラウンディング・アーシングをしてみる
  2. 買い物を思い返してみる
  3. 食事に敏感になる
  4. 人とのコミュニケーション

総じて言えることは、やはり生活上であなたがどう捉えるかでしょう。無理矢理、エネルギーや波動に落とし込む必要は全くないのですが、そういう観点からモノをみることもできるよ。という風に覚えておくともしかしたら色々な音や光がみえておもしろいかもしれませんね。

エネルギーや波動を感じるとなにが変わるか?

ここからは、エネルギーや波動を感じとる前とその後とで、実際になにが変わったかぼく個人に起きた変化についてお話します。

結論から言うと、たいして何も変わらないんですが(笑)、それでも視点や視野が広がることはやはりいまのぼくには役立っていることが多いのでヒントにしていただければ嬉しいです。

キーワードは、自分に敏感になるか、それとも自分に鈍感になるかです。

モノの価値観が変わる

エネルギーや波動を感じたら、モノに対する価値観は変わります。少なくともぼくはそうでした。

例外なくすべては波動ですので、自分がなんとなく惹かれていたモノが本当に光っている(波動が高い)のかどうかというのを見分けることができるようになりました。

波動が高いモノを選ぶようになると、ぼくの場合は、極端に物欲がなくなりました。(笑)そもそも、光っているモノってあまりないことに気が付いてしまったのですかね。

頭でっかちにこれは波動が低いから・・とか波動が高いから・・と考える必要はまったくありません。ブルースリーもいっていましたね、考えるな!感じろ!と。まったくもってその通りですね(笑)

人付き合いが変わる

波動がわかるようになると、人付き合いが変化することもあります。すべてはエネルギーなので当たり前なんですけどね。

今まで、すごいなあ。とか面白いなあ。と感じていた人がまったく逆の感情が芽生えたり、反対に惹かれなかった人に惹かれたり。思い込みや周りのつくられた価値観に引っ張られることが少なくなりました。

「自分の感受性で決めていた」と思い込んでいた人間関係が、実は波動に引っ張られていたことに気がつきました。気付いたからといって、自分でその関係性を断ち切ったというよりは自然と連絡が途絶えていった感覚の方が近いですが。

結局、ぼくらは人からモノから経験から色々なことを学んで、少し前進して、また違う波動で生きていくことを繰り返していくので、じゃんじゃん変わります。変化は気が付いたその時にはもう訪れているかもしれません

もし、あなたがなんとなく人間関係に不満があったり、にっちもさっちもいかないような状況であると感じるのであれば、エネルギー的観点から人間関係を見つめ直すと、なにか見落としがあるかもしれませんね。

趣味や仕事が変わる

これも人によって変化が違うところですが、自分が好き(だった)モノとかやりたい仕事が変わるひともいるでしょう。

ぼくはそうでした。そもそもぼくは飽き性なんで参考にはならないこともあるかもしれませんが、暴力的なモノや人や地位という意味においての競争など、そういう存在から自然と離れていくようになりました。

波動がわかることで、本当に大切なのは自分を癒してあげることで自分以外の人に対して、こういう言葉はあまり好きではないんですが、愛とか光を与えられるようなことをやりたいと思うようになりました。簡単にいえば、みんなが喜ぶ仕事がしたいということでしょうか。

最近見たインターステラーとかめちゃくちゃ愛の話なんですが、ああいうの良いですよね(笑)

エネルギーや波動がわかると変化するモノまとめ

なんとなくイメージが掴めたでしょうか。変化はいきなり起こることもあるし、気が付かない部分で徐々に変わっていくこともたくさんあります。そこに敏感になるか、鈍感になるかはあなた次第ですが、ぼくの意見では、間違いなく前者のが楽しいです。

この楽しいという感覚は、誰にも邪魔されないし、何より他人ではなく、自分が満たされます。自分が満たされると他人にも社会にも少し優しくなります(笑)

エネルギーや波動がわかると変化するモノ
  1. モノや人に対する価値観が変わる
  2. 人間関係や人付き合いに変化が起こる
  3. 趣味や嗜好・仕事が変わる

他にもたくさんのことが意識的にも、無意識的にも変わってくるでしょう。変わってくるという言い方よりも、そこに気が付くことができるという感覚の方が近いです。目まぐるしい日常の中で、少し自分に立ち返る時間を増やすことで、より自分に正直になれることもあるかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください