ヒーリングセッションはこちら

エンパス診断方法や特徴まとめ!他人の気持ちがわかりすぎる共感覚エンパスとは?

エンパスで悩むひと結構多いみたいなので。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

自分の感受性くらい・・

※この記事は、エンパスで悩む人、友人や知人にエンパスな人がいて、人間関係にちょっとしたトラブルがある、原因がわからないのに体調が悪い、自分っぽくない自分がいる、そんなあなたに届けばいいなあというような内容になります。

エンパスって言葉を初めて聞いた方もそうでない方も、例えば、誰かの話をしていて、その人がどういう感情なのかとか、感動的な映画を見に行って、自分の涙腺を刺激されたわけではないのに、泣いてしまうとか。なんか同調しちゃうみたいな方いませんかね。

自分の軸がしっかりとしているはずなのに、なぜかわからないけど、他人の影響力を強く感じる。そんなイメージです。

エンパスとは?サイキック能力なの?

ぼくの拙い知識だと、エンパスという言葉はローズ・ローズトゥリーという女性がつくった言葉(スピリチュアル系で流行ったもと)ですが、

たぶん他の人がたくさん解釈や知識を開けっぴろげにしてくれているので、ここではぼくの思うエンパスについて主に述べていきます。

言葉自体にそんなに意味はないし、みなさんの解釈と大きく相違はないでしょう。

エンパスは、簡単にいうと、共感覚能力がめっちゃ高い人です。感受性が豊か。感性が強い。というような表現も近からず遠からずでしょう。

ちなみに、日本人の5人に1人は、エンパスと言われていますが、かなり多くないですか?20パーセントです。どこからこの数字が出てくるのかはさっぱり謎ですね(笑)

ぼくはエンパス=サイキック能力とはちっとも思いませんが、中には結びつけるひともいるみたいです。いわゆる平均値と比べて、若干アンテナの感度が高い。って感覚でぼくは捉えています。

例えば、心霊スポットに言ってそこにうっ滞したエネルギーを受け取っちゃう。とか、わかりやすいところで言えば、月曜日の満員電車で、なんとも言えない気だるい空気感をもろに身体に受けちゃうとかですかね。

感動的な映画で感動しちゃう。とか、面白い漫画で爆笑しちゃう。とかその感覚をめちゃくちゃビンビンに尖らせるとエンパスになりますね。ぼくの感覚ですが(笑)

ちなみに、タイトルにあるHSPはHighly Sensitive Personの略で、自閉症の類の「精神病」に位置づけるひともいるそうですよ。気になる方はググってみるといいかもです。

ぼくの感覚では精神病でもなんでもなく、ただの個性ですね。まあ、ぼくらは何でも病名つけて固有名詞で呼ぶのが得意でカテゴライズするのが好きなので(笑)

エンパス体質にみられる6つのタイプと能力

ローズ・ローズトゥリー氏(ローズ2回ってエンパス感がヤバイですよね(笑))によると、エンパスの方には、主に6つのタイプ=得意分野があるようです。ざっくりみていきましょう。

エンパスタイプ①身体ワンネス型

相手の身体に起きたことを、自身の身体で起きているように感じるエンパスです。

経験したことのある方は多いのではないでしょうか。テレビや映画で転んで擦り傷を負うとか、自分の感覚と経験に照らし合わせて。、「うわ、痛そう~」みたいなやつです。エンパスの方はその痛みを無意識的にリアルに伴うのでちょっときついですよね。

ぼくも、ヒーリングのときには、物理的な辛い痛みはなるべくエンパスで感じるようにしています。

エンパスタイプ②身体直感型

相手の身体で起きたことが直感的にわかるエンパスです。

これも、①と似ていますが、エンパスな方は、ちらっと見ただけで、あ、この人胃が疲れているな。とか、もっと広げると自分の胃も調子悪くなるときもあります。ちょっと不便ですね(笑)

エンパスタイプ③感情ワンネス型

相手の感情を自分のことのように感じるエンパスです。

①の感情バージョンですね。相手が気分悪いと自分もそのまま気分悪くなっちゃう場合のやつですね。何故か知らないけど、怒っちゃうとき、イライラしたりするときももしかしたら、誰かの感情を受け取っているだけのときもあります。

エンパスタイプ④感情直感型

相手の感情が直感的にわかるタイプです。

②の感情バージョンです。簡単に言うと、相手が思っていることと言っていることが全然違うなあ。と感じるときのやつです。けっこうみんな嘘つきだなあ。と直感的に感じるひとはもしかしたらこれが得意なのかもしれません。

まあ、けっこうみんなウソつきですよね(笑)

エンパスタイプ⑤知的変容型

人の考えに合わせて行動してしまうタイプです。少し、別角度からみると、相手の知的能力や知識がわかるひともいるみたいです。どういう考えでこういう結論に至ったのかが直感で分かってしまうタイプですね。

人によっては、例えばですが、勉強したことない分野なのに、お医者さんと話しているだけで、医者の専門知識丸わかり!的なひともいるようです。みんな勉強マニアなので、使い方によっては便利かも(笑)

エンパスタイプ⑥スピリットワンネス型

相手のスピリットとつながり、その人を援助できるタイプです。

よく、守護霊やガーディアンエンジェル(守護天使)、ハイヤーセルフとつながって・・なんてヒーラーの方がやるあれですね。チャネリングのイメージに近いです。まあ、みなさんできるやつです。

これ以外にも、分子レベルで繋がるとか、自然界のエレメンタルと繋がる○○エンパシーというタイプはたぶん分ければめちゃくちゃあります。

ローズさんの本をリンクで載せておきます。レビューにもありますが、日本語訳が微妙らしいので、英語いけるでええ!って方は原文のペーパーバックがいいかもしれませんね。

原文「Empowered by Empathy: 25 Ways to Fly in Spirit

エンパス診断!エンパス体質な人にみられる28の特徴

ぼくの感覚したら、全員エンパスだし、エンパスじゃないんですが。。。一応エンパスな人の特徴がでていたので、以下を参考にしてみてください。

みなさんは当てはまるところがありますか?

  1. 感覚に強い刺激を受けると容易に圧倒されてしまう
  2. 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
  3. 他人の気分に左右される
  4. 痛みにとても敏感である
  5. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
  6. カフェインに敏感に反応する
  7. 明るい光や、強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などにに圧倒されやすい
  8. 豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい
  9. 騒音に悩まされやすい
  10. 美術や音楽に深く心動かされる
  11. 時々神経が擦り切れたように感じ、一人になりたくなる。
  12. とても良心的である
  13. すぐにびっくりする(仰天する)
  14. 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
  15. 人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
  16. 一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
  17. ミスをしたり物を忘れたりしないよういつも気をつけている。
  18. 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
  19. あまりにもたくさんのことが自分の周りで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
  20. 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
  21. 生活に変化があると混乱する
  22. デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
  23. 同時に自分の中でたくさんのことが進行すると気分が悪くなる。
  24. 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
  25. 大きな音や雑然とした状況など強い刺激に悩まされる。
  26. 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
  27. 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

当てはまるところありました?ぼくはまあまああるけど、フーンという感じですね(笑)

何個以上当てはまればエンパス。またはそうではないとは言い切れないので明記はしませんが、とりあえず多い人はエンパスの傾向にあるようです。

エンパスにおけるメリットとデメリット

エンパスってヒーラーさんとかはたぶん便利に使いこなしている「特性」のひとつですね(笑)ただ、相手の感覚、もっと広げるとすれ違ったひとや周囲の感情をたくさん受け取るひともいるので、悩む人は多い印象です。

メリット・デメリットをみていきましょう。

エンパスのメリット

メリット

  • 相手の感情や感覚と繋がれる
  • 波動を感じ取りやすい
  • ウソを見抜けちゃう
  • 相手の気持ちにかなり近くなれる
  • 仕事や恋愛に活かせる

まあ、メリットとと言ってもぼくは「捉え方」の違いだけだと思います。好きな相手にだけエンパス能力使えば、お!なんて発見もありますよね。裏を返せばコントロールできないひとは嫌な奴の感情も受け取るんですよね。

ぼくはヒーリングセッションでエンパスを使って、その人の身体の痛みとか、感覚感情の部分を知れるのでけっこう便利って思っています。接客のお仕事で人と関わる人は、場所や空間にも寄るんですが、もしネガティブな人ばっかりが集まっていたら大変そうです。

エンパスのデメリット

まとめ

  • 見えないので理解されにくい
  • 感情のコントロールが効かないときがある
  • 人の感覚や感情に左右される(と思われちゃう)
  • 必要以上に疲れるし、その原因も相手に伝えられない
  • 「精神病」とかって言われちゃう

これも裏を返せばメリットになりますが、とりあえず、「周り」から理解されにくいというのは、けっこう気になる方も多いかもしれません。まあ、人間どこかしら全員が狂ってるので気にしなければOKなのですが、気にしちゃいますよね。。。

あと、これはぼくけっこうあるんですけど、人の感情や感覚を察知しやすいので、悲しくないのに、悲しくなってきたり、怒っていないのに怒る気分になっちゃったり、よくも悪くも人やモノに左右される感じがあります。

今回は、エンパスをコントロールする方法をお伝えするのでぜひ参考にしてみてください。

エンパスは存在しない?波動(エネルギー)に敏感なだけ?

エンパスで悩むひとが多いということを知ったのは実は最近のことです。僕自身たぶんエンパス使おうと思えば全然使っているし、意識的に使うときもあるし、なのでまったく悩む必要のないことだったので少し意外でした。

ちなみにですが、サイキック能力のある人=すべての人がエンパスだとは、思っていません。理由は明快で全然関係ないからです(笑)

直感ですが、エンパスで悩んでいる人は、つまるところ、自分のアンテナのオン&オフのスイッチをコントロールできなくて悩んでいるのでしょう。

自分が必要に感じていない負の感情をもらってイライラしちゃったり、別に嬉しくないのにハッピー(と思えるような)空間にぶち込まれて作り笑いさせられたり・・(笑)

アンテナとか意識のエネルギーをコントロールできないと確かにつらいなというのはぼくもそういう時期があったのでわかります。

ずーっとオンだと人と同じ空間にいて、同じことをしていても異様に疲れちゃうんですよね。大勢の飲み会が苦手だったり、人とうまく付き合えないのは、意外に本質を知っているからだ。ということは往々にしてありがちです。

だって、みんな思っていることと、言っていること矛盾しまくりですからね。苦笑

ぼくの感覚だと、人は例えば言葉とか、仕草よりもはるかに、思考や意識、感情、感覚の部分の方が情報量が多いです。エンパスやHSPと言われる方は、そういう見えない部分からの情報(エネルギー)を無意識に受け取る人って感じでしょうか。

エンパス体質を改善して活かす方法

エンパスだからといって、基本的には悩むことは一つもないのですが、それでも生きていたら人と関わっていくので、心や身体が重かったら生きづらいのは確かです。また、周りからも理解されにくく、わけのわからん言葉で傷付くひともいるかもしれません。

不必要な念を感じ取ったり、いらないエネルギーを受けることほどストレスに感じることはないですよね。

ぼくも普段からやっていますが、オーラの切り替え、エネルギーのオンとオフをやるとエンパスも範囲が縮まったりするのでいいかもしれません。もし参考になれば嬉しいです。

基本スタンスは知りたい情報だけ

ぼくは常に、無意識的に心がけていることですが、自分が必要なことだけ、知りたいことだけを感じ取れるようにしておきます。

たとえば、大切なひとに何かが合ったときだけ、感が冴えまくる。とか。耳鳴りがするとか。

それ以外は、必要のないことなのでスルーさせるように自分の感覚をしつけしておくといいです。そうでないと、情報過多に陥ってめちゃくちゃ疲れちゃいますからね(笑)

これは、エンパスに当てはまる人なら尚更、そうでない人も心がけると生活が楽になってくる人もいるのでおススメです。

ぼくは、いま現在24時間、365日の大半を妻と子どもとしか接しない生活を続けているのでこういうオンオフがあまり意味がありません(笑)

ただ、サラリーマンをしていた時は、満員電車での言葉にできない異様な空気感とか、大勢のひとが集まる空間でのちょい不快な場面ではスイッチを完全オフにしていました。ハンターハンターでいうところの絶!もたまに使いました(笑)

オーラの範囲をコントロールする

エンパス、つまり感受性が高い人は往々にして、オーラの範囲が自分の周囲だけでなく、かなり広い範囲を無意識的に覆ってしまっていることが多いです。

ハンターハンターを読んでる人なら一発でわかりますが、「円」の半径がめちゃくちゃ大きい人です。笑

普段であれば、自分の数センチあるいは数十センチくらいにしかエネルギーを張り詰めていないのですが、エンパスの人は好むと好まざるとにかかわらずこの範囲が大きい人のような感覚を受けます。

ですので、エンパスな人の悩みを解決するのは、ひとつで、そのオーラやエネルギーの範囲を小さくしてあげるだけでいいでしょう。

もっといえば、今の自分に必要なだけアンテナを尖らしておくといいでしょう。

コントロールする方法は簡単で、自分のオーラをイメージして(通常は数センチとか10センチくらいです)、それをそこに留めておくイメージをしてみてください。本当に嫌なときは、そのオーラをプツンっと切ってあげてもいいです。

もしできない人は、感覚や感情を自分に向けてあげるだけで大丈夫です。エンパスの人は、自分の意識が無意識的に外側に向いてしまうので、それを全部内側にもってきましょう。

主導権はあくまで自分にある

他人の感情や、場の空気を受けやすいもらい体質にあるから悩むという人は、結局「思い込み」ということもあります。

悪い意味ではなくて、他人の感情を受けやすいんだよなあ。って感じて生活していると、本当にそっち方向にアンテナが働くという意味です。思い込みやクセの力もエンパスの人は必要以上に助長してしまうかもしれませんね。

あくまであなたが主体の世界であなたが世界を作っています。ここを誤解したり、拡大解釈してしまうと要らない影響を受けてしまうことがあります。

今の自分には何が必要で、何が必要ではないか。そのあたりを明確に、想念をクリアにすると、エンパスって別に意味なくね?となってくるかもしれません(笑)

エンパス能力を高めたい場合

逆に、もっとエンパスを広げてみたいという方は、そのオーラの範囲を自分が届く範囲まで広げるといいです。

その場にいないひとでもすぐに繋がれます。

詳しくは以下の関連記事でチャネリングする方法を記載してあります。エンパスのひとはおそらくすぐに感覚が掴めると思います。

エンパスをコントロールするのはまったく難しいことではありません。自分の感覚で遊ぶと色々発見があって面白いですよ。

まとめ:エンパスをバランスよく活用することをおすすめ

エンパスやHSPを「病気」の類と診断するひとは多いでしょう。

「あなた変だよ。」とか、「変わっているね。」「なんかヤバめ~!」とかですかね(笑)

また、エンパスは目に見えないことで説明も周囲への理解も難しくて、抱え込んでしまいがちです。けっこう相談とかしにくいですもんね。なんかわからんけど、イライラしちゃうとか、なんかわからんけど、気分悪くなるとか・・

え?それ絶対病院行ったほうがいいよ。って言われそうです。

医者や周りは、おそらくそれを「病気」としか語彙力がないので言いませんが、ぼくはそれを語彙力がないので、「個性」と呼んでいます。

誤解して欲しくないのは、エンパスだからサイキック能力があるとか、それは超能力だ!とか美化はしない方がいいときもあります。エンパスってべつにふつうですよ?

ぼくらは見える・見えないでの判断を何事においてもしちゃう傾向にありますが、実際には目に見えない情報の方がはるかに多いし、強力で、ぼくは信頼できます。

だって、世の中ウソだらけで、腹黒いひととかいて、面白いですもんね(笑)

共感覚って確かに状況や環境によっては、不便だし、イラつくこともありますが、エンパスはあなたの大事な一部です。物事は必ずしも一面性で捉えきれない部分があるので、自分の感性を傷つけないであげてください。

エンパスを活かすことで、たくさんギフトを得られることもあります。また、ぼくのイメージだとエンパスはぼくら全員がもつギフトのひとつです。

人の考えや思考、感情がわかるのもそのひとつです。相手の痛みがわかるひとは、自分にも周りにも優しく接することができるはずです。

そのためには、まず自分が調子よくないと余裕ができないことが多々ありますね。

イライラしたり、感情のコントロールができないときは、人より自然にエンパスを使ってあげたり、自分の心地いい感覚=内側にエンパスを向けるといいかもしれません

相手に左右されるというのは、案外思い込みや自分がつくったパターンの自分だったりすることもあります。

軸がブレることも想念がざらつくことも、生きていればたくさんありますが、自分の心の軸の調整にエンパスをぜひ使って上げてみてください。

そして、エンパスが得意な人は無意識にチャネリングしている可能性もあるので、自分の心地が良い方向へチャンネルとスイッチを向けていけばおそらく人生の捉え方が多角的で面白くなるはずです。

悩みまくってわけかわかめという方にはセッションもしているので、ぜひご相談ください。

いつもありがとうございます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください