ヒーリングセッションやっています

メンタルブロックはなぜ簡単に外れないのか?理由と対策まとめ

まめたろう
まめたろう

今回のテーマは「メンタルブロック」です。

たっかぶり
たっかぶり

心のブロックというやつですね。

※この記事は、メンタルブロックについて、それが簡単に外れない原因や理由をまとめつつ僕なりの対策を提案する内容になります。

マインド、メンタルブロックとは、簡単に言えば、思い込みや固定観念のことです。(厳密にはたぶんちょっと違うけど)心理学でいうところのビリーフです。

すごく稚拙な例を出すなら、私は幸せになる権利がない。みたいなやつです。

こういった心のブレーキ、ブロックを外す方法をスピリチュアル、心理学などの分野は扱うことがあります。

今回は、このブロック的なやつを手放すことにおいて、簡単に外れると言われつつも外れない主な理由をピックアップしてみます。

逆算的に考えれば、外れない理由を把握することで外すに至る人もいるのではないか。というポップな内容になります。

自分で心、潜在意識なんかの書き換えをトライしている人にもヒントになればうれしいです。

今回のお話の流れ!

  • メンタルブロックとは
  • メンタルブロックとその階層
  • メンタルブロックが外れない理由
  • メンタルブロックの外し方と対策
  • まとめ

メンタル(マインド)ブロックとは何か?

まずは、概念的なところをまとめみましょう。

メンタルブロックの定義

メンタルブロックは、大きく分けて2つ定義があります。

メンタルブロックとは?
  1. 否定的な思い込みや固定観念
  2. 行動を抑止・制止(制限)する思考

誰がつくった言葉かまでは謎でしたが、和製英語感はあるかもしれません。

(英語だともう少しダイレクトで、トラウマや精神的なあれこれで記憶できない・思考停止状態を指すようです。)

一般的に、日本語で、メンタル・マインドブロック的なことができたら、とりあえず行動を制限するネガティブな思い込みと解釈すればOKでしょう。

メンタルブロックとそのレベル・深さ

メンタルブロック、心のブレーキなるものにはそのレベルや深さがあるのではないか。と考えられています。

まあ、これどう切り取るかって本当に言ったもん勝ちな気がしないでもないですがポピュラーな段階をご紹介してみます。

レベル①自覚できるブロック

思い込みが作られる原因はさまざまだと言われていますが、幼少期の体験、親の教え、世間・社会などから生まれるレベル今まで人生で培ってきたモノ

がここに入ります。

お金のブロック。を例に挙げるなら、例えばお金をたくさん稼いだら不幸になる。みたいな思考パターンを親から教えられてきた。

とか、両親がお金に関してマイナスなイメージを持ってたとかですかね。

いずれにせよ、行動に制限がかかる「きっかけ」を自分で把握しているレベルです。

レベル②忘れているけど掘り起こせるブロック

こちらは簡単な言葉で言うなら「トラウマ」です。一般的にはそのトラウマがショッキングすぎればすぎるほど、

人間の「忘却」という機能によって記憶がなくなることもあります。(英語のmental blockはこれを指すことが多い印象です。)

こちらは、セラピーできっかけを思い出す人もいれば、自分の内観などで思い起こす人もいると僕は考えます。

レベル③専門家によってわかるブロック

ここは、スピリチュアル的な要素が言及されることが多いです。

例えば、前世、宇宙的な記憶(スターシード)、パラレル、魂などの概念です。

要するに、現世・今世、今の人生以外の自分的な要素が作ったブロックですね。

個人的には、これはこういう考えに共感を覚えなかったら、別に考える必要もない気もします。

他にもあるブロックをつくるもの

これ以外にも様々なブロック的な概念はあります。

例えばですが、エックハルトトールのペインボディ、ホ・オポノポノ的な世界観でいうところの「古い記憶」、ファミリーカルマ(先祖代々の思考パターン)

などがあげられるのかなと思います。

ペインボディとはなにか?心の痛みの解放と溶かし方の基礎的考え ホ・オポノポノとは?4つの言葉や効果・やり方をわかりやすく解説してみた

メンタルブロックがなぜ簡単に外れないのか。5つの主な理由

きっかけさえわかり、適切な方法と段階を踏めばメンタルブロックを外すのは簡単!と言う人は多いですが、僕は人によると思っています。

ブロックを外したいのに外れない!と思う人が陥るゾーンをいくつか考えてみましょう。

①ブロックがある自分が好き(免罪符にする)

ブロックを外したいのは事実としてあるものの、そんな自分が好きな状態です。少しきつい表現するなら、

(他人と比べて)自分を特別視しているパターンです。

例えばですが、過去にこんな大変な苦労したのだから自分はかわいそうである。あなたとは違う。あなたにはわからない。みたいな心理です。

他人と区別する防衛本能をエゴと言いますが、ブロックを持っていること自体(その自分)にエゴるってことですね。

エゴの意味とは?スピリチュアルからみるエゴと手放す方法

②ブロックは外れない。

こちらはシンプルでわかりやすいパターンです。ブロック外すのなんて無理です。という否定的価値観の集合体ですね。

ブロックを外すことに関するブロックを外すとんちみたいな前作業が必要な場合もありますよね。

特に自分を責めやすかったり、自己卑下みたいなものが癖になっている人は陥りやすいゾーンのひとつかもしれません。

自己受容とは?その定義。自己肯定や自己否定の違いを解説してみた

③ブロックは敵である。

心のブレーキやメンタルブロックを敵認定するパターンです。

敵認定するのは、人によっては行動のきっかけになるので(一時的には外れる可能性があるので)いいときもありますがデメリットも考えられます。

ブロックを敵とした場合
  1. 薬や治療家に依存する
  2. 新たなブロックを生む可能性がある
  3. etc…

簡単に言えば、依存と同じ繰り返し(問題の先送り)です。

例えば、人生が不幸だと思っている自分は敵だ!として、幸せな自分こそが味方だ!みたいにアグレッシブにやるとなると、

不幸な人生をみようとしない自分に疲弊し、今度はもしかしたら、幸せをもつ自分がブロックになることもあるかもしれません。

(それは結局を不幸な自分をひた隠しにしているだけだから。)

トラウマとは何か?トラウマを克服する優しい4つの方法とステップ

④ブロックに安心感を覚える(逆説の投影)

ブロックが外れないとき、わりとあるパターンだと感じます。①とも似たような部分があるでしょう。

例えばですが、将来のことに不安を覚える。みたいなブロックがあったとしましょう。

ただその人にとっては不安を覚えることがイコールで、先回り・予測している(予測することで安心する)ことに結びついているような場合です。

要するに自分では解消したい。と表側では思っていても、裏側では解消したくないって感じているパターンです。

ブロックが外れたら、変化が怖い。変化したくないみたいなゾーンだったり、あるいはブロックが消えることで自分が消える(今までの関係が崩れるなど)

ようなゾーンでもあります。

⑤解決よりも「ブロック」にフォーカス

ブロックに限らずあるあるなパターンです。

思い込みや心の引っかかりがそこまで深刻なものではないはずなのに、「痛み」に寄り添いすぎていたり、

ブロックの「粗探し」にばかり時間を費やすパターンです。

何がブロックになっているのか。よりも、今までの自分のパターンを変えるには何ができるかにパワーを注いであげた方が効率がいいこともたくさんあります。

メンタルブロックのきっかけがつかめたけど変わらない。って人はそれ後、肉体レベルで行動するだけだよ。っていうことはありえそうです。

メンタルなあれこれは不思議です

メンタルブロックがしぶとい理由はこれ以外にもまだまだ考えられます。

なので、自分がどのゾーンにいるかまずは把握するのもありでしょう。

とりわけブロック外せば幸せになる。とかポジティブ=最高というのもちょっとおかしな話です。

まあ、偉そうに言ってますが、これらは全部僕が体感した(失敗した)ことですから。失敗というのは人間を豊かにしてくれることもあります。

メンタルブロックを外す方法と対策(心構え)

ここからは、メンタルブロックを外す方法を紹介しようと思うのですが、とりあえず今回は心構え的なものを多くピックアップしてみます。

要するに、上に挙げた5つの理由をちょっと視点を変えるイメージです。

①メンタルブロックはすぐに消えなくてもOK

完璧主義でストイックな方は、メンタルブロックを外すのに肩の力を入れてしまいがちです。

僕は、螺旋階段を上がるみたいなイメージで、別にすぐに抜けたり、消したりしなくても徐々に上がっていけばいいと思う派です。

1回で癒えないブロックは複数回に分けて刻んであるけど調理しやすいこともあります。

②ブロックはレッスン

スピリチュアル的な言い回しだと、心のブロックはエゴという言葉で表され、それを脱いでいく過程をアセンション、覚醒プロセスと表現します。

要するに自分が大きく視野を広げていくツールです。要するにブロックを外す過程は成長過程みたいなものです。

アセンション・次元上昇する方法。プラスもマイナスも越えたゼロ地点へ

③自分のバランス感覚を大事にする

ブロックや心のわだかまりみたいなものって、100人いれば100通りのパターンが生まれるものだと僕は思っています。

どれが正しくてどれが間違いだ。なんてことはなく、どんな方法もどんなプロセスも全部自分にとっては正解になるので、

その過程で自分を責めたり、誰かを責める必要はないと思っています。バランスが大事です。

番外編:メンタルブロック外す方法でポピュラーなやつ

心構え的のほかに、良く言われる外す方法もせっかくなのでご紹介してみます。

メンタルブロックの外し方
  1. 瞑想
  2. アファメーション
  3. 環境づくり(仲間をつくる)
  4. ホメオパシー系
  5. エネルギーワーク系、ヒーリング系
  6. 心理カウンセラーなどの専門家に相談
  7. etc..

正直、これが一番いい!というのは人それぞれの性質があるので難しいですが、なんでも試せば良いと思います。

自分でやりつつ、誰かの助けを借りるのもありですよね。

ブロックを深刻に捉えているうちは(悩んでいるまさにそのど真ん中では)こんな表現したら、怒られると思いますが、

自分が楽だったり、楽しめる方法があなたにぴったりな方法だと思います。

僕はシャーマンのパワーを使ったりするのがおすすめです(ちょうてきとう)

人はなぜ病気になるのか?シャーマンが語る病気を招く3つの内的要因

まとめ:メンタルブロックを外したら何があるのでしょうか。

心の闇、引っかかり、ブロックは本当に人それぞれさまざまだと思います。

人生の一部分では、そのようなブロックとか、身につけた防具を脱ぐような作業を体現していくのが僕らなのかもしれません。

「そんなブロックなんてないよ。」っていう人はすごいタフでパワフルな人なので、たぶんそれで良いと思います。

実にいろんなバリエーションの自分がいるのでぜひメンタルなブロックといろんな会話をしていきましょう。

みなさんはどんなメンタルブロック解除をやっていますか?

いつも読んでくださって本当にありがとうございます。

心の闇やトラウマを癒して魂の目覚めに活かす3つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください