ヒーリングセッションやっています

預けられた光

自分だけの光を探せと言われると

苦しくなる人は沢山いる

誰しもが確信の『一つ』というものを持つわけではない

そういう人たちの光は内部ではなく

誰かと自分の間に淡く光っているから

関係性の中において貴方の光は放たれる

誰かを応援する、繋げる

喜ばせる、支援する

ピースのハマる感覚は

スポットライトなど忘れてしまうし

非主役などと思わない

そんなことは不満の表れに過ぎない

ただ、そこが貴方の場所ではないということ

『一つ』を持つ人たちより

活動範囲の広い貴方たちは

今まで内側を見つめ過ぎたのかもしれない

そういう風潮だから

そういう教育だから

『やりたいこと』という言葉は

呪詛に変わって虚ろを彷徨うことになる

ほんの少し外を見れば

貴方が灯すべき光が淡くもだえて待っている

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください