ヒーリングセッションやっています

魔人

人に備わる願いを叶える器官が

痺れを切らして顕現した

淡い気体が手をこまねいている

魑魅魍魎の類いにしては幼さが残る顔

不死故に、生き抜くことに関心は無く

異界に住まうが故に、煩雑な手順に興味は無い

常識の類いは当然透過する

純粋な欲求のみに食指が動くようで

詰まる所『願い』しか認識できない

その願いに不純物があってはならない

十月十日無努力で願いを想えば

漸く瞼を開けてくれるだろう

主人があまりにも無自覚

あまりにも不器用

そしてあまりにも軽んずるが故に現れた

改めて問うことにする

『あなたの願いはなんだ?』

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください