ヒーリングセッションやっています

プレイヤー

物の見方を変えるゲームをしよう。

歌が喉から出たがっている。

道路が君の足を踏んでいる。

勇敢な食材が自ら口内へダイブ。

ボクサーが相手の拳を顔面で殴る。

天才のためにバカに甘んじる。

楽器がものすごい指の動きを強要。

キャベツが包丁に挑んで千回負けただけ。

スマホが人の手を掴んで離さない。

あらゆる音は耳のリクエスト。

女性の胸が男の目をガン見。

お金が人間をあごで使う。

面白い小説は手を動かすのが得意。

これらはどこか可笑しい。

それと同じように私がやっている、という現象は他の何かから見たときどこか可笑しいのかもしれない。

ペドロ

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください