ヒーリングセッションやっています

Stalker

嗚呼、またやってきた

苦しみが霧の中、剣を弄んで佇んでる

必要無い鞘が地面に転がって

日の昇る前、ふと目覚めて囚われる

霧の中、剣を錆びつかせて佇んでる

鈍い斬れ味を愉しんで

神出鬼没の苦しみが狙ってる

いまかいまかと昂って

束の間の孤独にやってきた

苦しみの切っ先が皮膚を撫でまわして

今ばかりは非日常と言い聞かせる

いっそその剣を取り換えてくれ

真新しいのに変えてくれ

愉快な時にやってきた

過去の残響を手下にして

憂鬱な時は交わって

最期をチラつかせ笑ってる

忘れた時にやってきた

所詮冷戦でしかないかもね

鮮やかに生きることが出来ればな

付かず離れず蠢いて

潔癖捨てたら、異形の尾っぽが観えてきて

拒絶反応乗り越えたら

ゆるりゆるりと受け入れて

幾ばくかの隙間も出来てきて

メティエなんて無いんだと諦めて

異形の尾っぽに見慣れてく

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください