ヒーリングセッションやっています

【未来予測】人工知能AIロボットが人間を支配するのか?!テクノロジーの進歩と人類

今回のテーマはAIとかロボットとかテクノロジーです。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

どこかの世界では、みんなグレイ(宇宙人)。

※この記事は、科学技術やAIテクノロジーが発展して、ぼくら人間が支配される説、都市伝説の関暁夫ちゃん的にいう人間選別の時代に、突入するなんてお話を真面目に議論し、ぼくらの未来を楽しくみてみる内容になります。

人工知能ロボットは、人間より優れていてやべえ。ぼくら人間が支配される?!AIロボットに人間の仕事が奪われる。なんて話は一度は耳にしたことがあるでしょう。2045年はシンギュラリティくるでええとかね。

また、スピリチュアルな文脈では、AIやテクノロジーがアセンション(覚醒)をサポートするとか、トランスヒューマニズムで神に近づくなんて話もでてきますね。

そのあたりに関連するぼくのイメージを共有して、みんなで楽しく未来予測していきましょう。

「未来的」凄すぎるAIテクノロジーや科学技術まとめ

まず、平成最後の現時点で、ぼくらが可能にしているAIテクノロジーや科学技術をみていきましょう。

3Dプリンター、スマートシティ、ロボット、パラサイトヒューマン、トランスヒューマニズム、ディープラーニング、などなどたくさんありますね。

AIとロボット

AI(人工知能)は、1900年代後半から開発が進んでいたのですが、2000年代に入って飛躍的に進歩した分野です。

「圧倒的な人工知能が知識・知能の点で人間を超越し、科学技術の進歩を担い世界を変革する技術的特異点(シンギュラリティ)が2045年にも訪れる」と語ったアメリカの未来学者レイ・カーツワイルをご存知の方は多いのではないでしょうか。

いまや、人工知能やロボットは、ぼくらの生活において「遠い存在」ではなくなっていますね。

お掃除ロボット、自動運転する自動車、「感情がある」ロボット、レストランで「働く」ロボット、あるいはスマホ部品や自動車部品を組み立てるロボット、戦争ロボット、医療用ロボットめちゃくちゃあります。

そして、今まで以上に、建築、介護、農業、あらゆる分野でAIやロボットが活躍していくと言われていますね。職業が奪われるなんてことも聞いたことあるんじゃないでしょうか。

最近だと、世界中でAIロボットと婚約する人が増えているなんてニュースもあります。映画「her」の世界観ですね

ただ、AIが自らを自動的にプログラムするような状態ではなく、結局人間のプログラムを必要としているので、今のところそんなすごくないやん?って言っているひともいるようです。

ディープラーニング

ディープラーニング(深層学習)ということばを以前から聞きませんか?イケイケのビジネスマンなんかが得意気に語るアレですね(笑)

ディープラーニングは、簡単に言うと、人間のプログラムなしに機械が自ら自動的にデータや特徴を抽出したり、また、自ら学習進めてプログラムまで書き換えちゃう(ちょっと言いすぎですが)なんて感じのAIの技術要素の1つです。

イメージしやすい例を挙げておくと、接客するロボットがいたとしましょう。たぶんですが、今のところ、人間がプログラムしたこと(言ったこと)だけをするAIロボットが、

ディープラーニングを習得したら、接客する相手から学習して、立ち振る舞いや所作を超できるバイトくんみたく完璧に接客マスターしちゃうなんてイメージでしょう。(厳密には違う部分もあります(笑))

今使われている、ディープラーニングの例だと、画像認識、音声認識(Siriとか)、あたりが有名ですね。

ちょっと前に、人工知能「零」が新渡戸稲造と福沢諭吉をトレースして、文豪書いたかのような作品「賢人降臨」を出したのが話題になりましたね。これもディープラーニングです。

2020年の東京オリンピックの際には、世界の言語を同時通訳するような翻訳AIが登場するなんて言われています。

遺伝子とテクノロジー

ぼくらの遺伝子の部分でもテクノロジーが活躍するなんていわれていますね。

遺伝子を書き換える、編集する技術を応用して、クローンをつくったり、予め設定した遺伝子コードやDNAでヒトを造って、ガンや希少疾患をなくす方向に研究がされています。

男女の性別を予め決めたり、不妊治療なんかにも応用されそうですね。直近だと遺伝子を編集された双子が誕生なんてニュースがありました。また、DNA婚活なんてこともおこなわれています。

もしかしたら、テクノロジーで人間から病気や死が駆逐されるなんて未来が起こるかもしれません。

ぼくの好きな小説の1つに、伊藤計劃のハーモニーという作品があるんですが、社会システムでテクノロジーを応用して人が死ななくなった世界観を描いています。こんな未来がリアルに登場するかもしれません。

人間≒ロボットに

人間が科学技術と融合するトランスヒューマニズム(超人間主義)なんてムーブメントも起きています。

やりすぎ都市伝説でも登場していた、トランスヒューマニズム党のゾルダン・イシュトバンによると、10年後にはアメリカで50パーセント以上の人がマイクロチップを埋めて、いずれクレジットカード、身分証、飛行機のチケットもいらなくなる。

なんて言っています。「人類は、いずれロボットになる。」なんてことも言っていますね。

ぼくらがいま不可能だと思っている、テレパシーやテレポーテーション、不老不死を科学技術でやって人間を超越しようなんて感じでしょうか。

アニメ攻殻機動隊の世界観で早い話がサイボーグ化ですね。関係ありませんが、攻殻機動隊はおもろいのでおススメです。(笑)

科学技術の進歩は一昔前のそれと比べるとぼくらも実感しているように、かなり飛躍していますよね。スマホから遺伝子まで、このままいけば確実にシンギュラリティを迎えて人間のサイボーグ化も夢ではないでしょう。

ちなみに、ぼく、都会にほとんど出ないんでいま完全に浦島太郎状態なんですが、GUの自動会計でちょっと前に感動したのを覚えています、世の中が勝手に進化しとる的な(笑)

テクノロジーの進歩と人間の進化は共存できない?!

科学技術やAIの登場で、ぼくらの生活は飛躍的に便利になりました。どこでもなんでも情報が手に入るし、日本であればワンクリックで商品の購入もお買い物もできます。

ぼくらはテクノロジーで進化していますか?それとも退化しているのでしょうか?

テクノロジーが進歩すると人間は退化する説

テクノロジーの進歩によって、ぼくらは確実に便利な生活を手に入れています。

一方で、身体機能や、知能的には遅れをとっているなんてデータもありますね。科学技術やAIが人間の機能、例えば身体的、思考レベルでの成長を妨げるなんて考えるひともいるのではないでしょうか。

ぼくは、もちろんそういう側面もありますが、あくまでどう利用していくかによるでしょう。利己的で、傲慢なぼくらなので、どうしても二極化や物事を両極端に捉えがちです。

そして、テクノロジーの発展や方向性も同様でしょう。自然や人間をフルシカトするような技術はぼくは淘汰されていくイメージがあります。

傲慢で強欲で企業や社会が利益だけを追求していくようなテクノロジーよりも、自然と調和したり、共存したりするテクノロジーにおそらく支持が集まります。そうすれば、そもそもぼくらは、テクノロジーや科学技術なんて呼ばなくなるかもしれません

そして、技術の進歩と人間の退化や進化なんて枠ではなくて、もっと大枠でぼくら全体の発展とか飛躍なんて枠で捉えられるような未来が来るでしょう。

人間のグレイ化(宇宙人化)

未来にはサイボーグ化なんて話もチラホラあがって、病気がなくなり、不老不死になるかもしれません。そうなったら素敵ですか?嬉しいですか?みなさんはどう思いますか?

ぼくのイメージだと、将来的に人間の脳みそにAIをぶっこんで、happily ever afterなんて感じはたぶんないです(笑)

人間の脳にAIやマイクロチップを埋め込む人間もいるかもしれません。ただ、あくまで、それはぼくらが科学技術を利用しているとか、テクノロジーで利益追求を目指す。とかそういうマインドで上下で二極で捉える人とそれに賛同する人ではないでしょうか。

そもそも、人間は神で完璧ですね。テレパシーだってテレポーテーションだって思い出していないだけで使えますよ。

それを超越するトランスヒューマニズム的な発想やムーブメントの行く末は、おそらくサイボーグ化というより、人間のグレイ化です。グレイというのは、みなさんが想像する宇宙人です(笑)

こんなやつ。

このグレイは感情が一ミリもありません。ぼくら人間が利己的に科学を追及したり、自然を無視したらたぶんこうなります(笑)だって、悲しいとか切ないとか嬉しいとか楽しい感情を切断した方が確実にコスパがいいし便利なので(笑)

ぼくの妻情報によると、バシャールもアシュタールも同じことを言っていて、今ぼくらがいる軸ではないところに、人間がグレイになっている状態の世界が存在しているようです。

グレイって、人間を攫ったり、人体実験するなんて言われていますが、結局人間が人間を拉致してやんやする辺りはまったく変わらない構造ですね。苦笑

アセンションと人間選別とAIテクノロジー

やりすぎ都市伝説では、地球規模でヤバイことが起きて、AIが救う人間とそうでない人間を選別するなんてことが言われていましたね。

また、スピリチュアルで言われるアセンションも似たような文脈で、気付いた人間だけが上に行って、あとは下に行くなんてことを言うひともいます。(天国と地獄かなんかですかね。(笑))

もちろん、ぼくらが科学技術やAIそして、テクノロジーを利益追求のために「利用する」とか、自然や精神性なんてガン無視しちゃえ!なんてマインドを持っていたら、もしかしたら、人間選別とかあるかもしれません。たぶんそれでもないと思いますが(笑)

新しい世界や新時代と言われるのはそういう枠ではなく「共存や調和」とぼくはイメージして意図しています。

最新のテクノロジーが人間をサポートするとか、人間がテクノロジーを利用するとか、そういう次元の話でももちろんないと思います(笑)

科学技術やテクノロジーも自然を尊重して、協調あるいは共存していくようなイメージですね。テクノロジーも自然と人間をサポートするし、自然と人間もテクノロジーをサポートします。

そうなっていくと、そもそも、自然とテクノロジー、人間とテクノロジー、自然と人間なんて二極のイメージではなく、ぼくら1つで地球っぽいね。なんて優しい感じになってくるでしょう。

ニコラ・テスラがフリーエネルギーを実現しようとしていた時に、持っていたマインドとかなり近いと思います。おそらく宇宙人のハイテクも同じなんですが、使うとかそういう枠ではなくて、空気と似たように同調していく感じではないでしょうか。

未来シナリオの鍵は誰が持っているか?

結局、いつもお伝えしているところに話は戻ってきてしまうんですが、ぼくらが全部鍵を握っているし、どうするかも完全完璧にぼくらだけが未来を知っています。

AIや科学技術がおそらくこれから発展して、今よりももっとびっくりしちゃうテクノロジーに興奮して鼻血もだしちゃうかもしれません。その過程で意識やエネルギー、人間や地球がもつパワフルさにもかなり興奮しちゃうかもしれません。

科学技術が自然や人間と統合する方向を目指したら、おそらくテクノロジーももっと頑張れちゃうんです。

逆に、よっしゃAIや技術に簡単にアクセスできるから、ガンガン金儲けとか改造していくでえええ!と利用する方向を目指したらおそらく感情がなくてコスパがいいグレイに近づきます(笑)

まあ、どちらの方向でも、こんな両極端でなくても、やんわりと未来は進んでいくと思いますが、ぼくら1人1人が選択肢をもっていることは確実です。

優位性とか上下とかそういう枠から外れるともっと色々なせかいがあらわれそうですね。結局は、「いま」にフォーカスしてたらあっという間におもろい未来になっています。

テクノロジーもすごいし、AIもすごいし、地球ってすごいし、人間ってすごいし、意識やエネルギーってすごいです。

みなさんは未来にどんなシナリオを描いていますか?空飛んで宇宙にも行き放題、UFOも乗れて、タイムトラベルもできちゃう。雲や動物と会話したり、自然にあるエネルギーを存部に味わう。どうなっていくのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください