ヒーリングセッションやっています

地球上にいる宇宙人の種類を8タイプまとめてみた。性格や特徴は?

みんな大好き宇宙人のお話です。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

UFO乗ったことあるよ。

※この記事は、みんな大好き宇宙人の種類を少しまとめる内容と、宇宙人いないと考えるより宇宙人いる。と考えたほうがしっくりくるように真面目に語る内容でお届けします。

地球に宇宙人いる?いない?

みなさんは、地球外に宇宙人はいると信じますか?地球内にはどうでしょう?今日は、楽しい宇宙人のお話です。

宇宙人論争の始まり、フェルミのパラドックス

宇宙人いる?いない?いるとしたらなんで地球にこないの?的な宇宙人論争で古く有名なのは、「フェルミのパラドックス」です。

イタリアはローマ出身の物理学者、エンリコ・フェルミさんが

「え?宇宙めっちゃ広くね?絶対地球人以外にも、生命体おるやろ。は?でもおれら見たことないし地球に来たことないやん。矛盾やん」

的なのがフェルミのパラドックスですね。1950年頃のお話です。どうやら、2000年に突入した今でも、ぼくらの議論はあまりここから進んでないような気がしています。

つまり、宇宙人いない根拠としては、見たことがないから。宇宙人いる根拠としては、これだけ広ければいるだろ。ですね。

21世紀に入ったいまでも、世界各地で宇宙人らしき生命体の写真や映像は毎日のように報告されるもの、フェイクだ。という主張が先立っていますね。

また、昔の遺跡や建造物にいまのぼくらやホモサピエンスとは違った生命体が記されており、それらを都市伝説としてもてはやしていますが、迷宮入りされていますね。(古代文明と宇宙人はコンタクトがあったとかないとか。)ちなみに、宇宙がどれだけ広いかはまだ全くわかっていませんね。

宇宙はめっちゃ広い

一方で、宇宙は広いことはなんとなくNASAとか天文学者、大学やシンクタンクなどの研究所が日夜、星と会話しながら、その広さと謎についてぼくらに明かしてくれています。

ちなみに、ぼくらが住んでいるとされている地球ですが、どこにあるか改めて下の図で振り返ってみましょう。

白い丸で雑に囲ったのが地球と月です。いわゆるこれは太陽系の惑星の図ですね。左から、太陽、水星、金星、地球、月、火星、木星、土星、天王星、海王星、最後のちっちゃい粒が冥王星。最近だと、NASAが冥王星の先に第10惑星の存在を確認したとかしないとかも言われています。12惑星存在する言う人もいますが、とりあえず「観測」できているのは冥王星くらいまでです。

次に下の写真を見て下さい。

これ、最も遠い宇宙の鮮明な写真を2010何年かにNASAが発表したものです。どこになにがあるか全くわかりませんよね。5500の銀河が映っていて、もっとも遠いものは132億光年の距離にあるそうです。意味が分かりません。

でも、これも、宇宙のほんの一部です。いうまでもありませんが、太陽系の惑星も宇宙のほんの一部です。

日本を宇宙とイメージしたら、あなたの家の近所の公園にあるブランコが地球で、公園全体が太陽系の惑星です。もっといえば、公園にある砂場の砂粒のひとつが太陽系の惑星で、地球は人間の目で見えないくらい小さいかもしれません。塵?分子?

それだけ、宇宙って広いんです。広さがわからないくらい。

そんな宇宙にぼくら地球人しかいないってめっちゃ寂しくないですか?笑 パリピギャルがクラブで踊っているのなんて、宇宙人気付くことすらないですよね。だって広すぎるから。ぼくら地球人は宇宙全体からみたら観測できない塵ですよ。宇宙人いないわけがないです(笑)

さて、少し長くなりましたが、ここからは宇宙人いる前提で、その中でもぼくの知る限り、地球にいる宇宙人をご紹介しますね。

地球にいる宇宙人①ショートグレイ

これはめちゃめちゃ有名です。

こいつですね。みなさんも一度はテレビや映像でみたことあるひといるでしょう。こいつは、ゼータレティクリアン(Zeta Reticulums)という名前でも知られています。遊戯王のゼータレティキュラントとは違います。

身長は90cmから150cmで人間と比べると小さく、丸い目と大きい頭が特徴で、口はあるんですが、非言語つまりテレパシーを使いますね。ちなみにこれが宇宙人や。と思ったあなた、半分正解で、半分不正解です。

こいつは雑魚キャラです。次に紹介するトールグレイの子分がこいつらで、ショートグレイは人間世界でいう感情意思がないロボットみたいなものです。アブダクション=誘拐が得意ですけどね。笑

ぼくは実際にまだ会ったことありませんが、ぼくの友達はけっこうみているひといますね。てくてく歩いとったわ、爆笑。とかいう友人との会話の中でもでてきますね。

地球にいる宇宙人②トールグレイ

トールグレイは、こいつです。ショートグレイの親分ですね。

(出典:Spiritual Unite

身長は2メートルを越える宇宙人で、人類との仲介役ですね。誘拐と人体実験をするんですが、実際にやるのは子分のショートグレイです。人間と宇宙人(グレイ)のハイブリッドをつくって、影の政府として働かせるらしいですね。ちなみにそのハーフ人間ハーフ宇宙人(グレイ)に地球を引き継がせるのが目的だそうです。またこれまでの文献や研究から、オリオン出身説が濃厚のようです。

ここまでは、宇宙人こえーよ。ですね。ハイブリッドってなんだよ。(笑)

ぼくは、彼ら(トールグレイ)に対してそんなにイメージが湧いてこないんですよね。というのもぼくら地球がどのように未来の舵を切っていくかはまだはっきりとしていなんですが、こいつらはそんなに重要じゃないのかな。という気がしています。(地球の未来のシナリオはぼくのイメージでは、相当揺れていて色々な映像がでてきます。ただグレイ宇宙人はどちらにせよ全く意味を為さないです。たぶんね。笑)

宇宙人、地球侵略説とか侵略映画みたいなときにこういうやつらは出てこないし、そもそもド派手に地球を壊すような、煩わしいことはしませんよ、もし地球侵略しようとおもえば一瞬ですので(笑)

もし、ショートやトールグレイの関係のある未来やメッセージを受け取ったら発信していきます。

地球にいる宇宙人③アルファ・ドラコニアン

これ、元ネタの写真があまりイメージしにくいと感じたので、写真は端折ります。

爬虫類系、みなさんが想像するドラゴンみたいな宇宙人です。身長は3~8mで体重は、800キロ以上。ティラノサウルスと同じくらいらしいですね。ぼくらの銀河系で最も古く、最初の知的存在とされています。性格は凶暴で強欲、色々な文明を攻撃し侵略するようです。一説によると、人間・地球もターゲットに入っていて恐怖によって支配したいらしいですよ。

こいつも、こえーよ。ですね。まあ、地球にいたら、100%目立ちすぎて総攻撃されるでしょうね。彼らの魂が入っている地球人はいるかもしれません。ただ、たぶん今の時間軸で言うと、もう「過去」の宇宙人かな?

ぼくのイメージでは、このアルファドラコニアンは、衰退しているイメージです。殿?孤高?孤独?消滅?そんなイメージが入ってきますね。

そもそも、ぼく宇宙人が地球を侵略するとか、支配・コントロールするとかそういう恐怖系や陰謀論は信じないというかイメージがほとんど入ってこないので、地球が終わるときは彼ら以上にヤバイやつが影響するかな。原因のひとつは彼らにあっても、結果としては関係なかったね。的な感覚です。

地球にいる宇宙人④ネイティブ・レプティリアン

続いての宇宙人は、レプティリアンですね。都市伝説好きなひとは一度は聞いたことあるかもしれません。

アルファドラコニアンと似ていますが、かれらはもともと地球に住んでいたとされています。身体的特徴として、身長は、1.8m~2.4mほど。緑色のうろこで二足歩行、特有の体臭と蛇みたいな目です。

実は、地球にいる人間とレプティリアンは遡ると関係が旧いらしいです。たまにサポート的なこともしてくれそうですが、彼らにとって人間は飾りです(笑)多種多様な方法で人間社会に侵入し、権力を持っています。

人間のエリート層を支配し、大きな会社や組織を動かしている場合もあります。一説によると、いまある宗教や金融の仕組みやシステムかは彼らがつくったとまで言われています。

こいつも、めっちゃこえーよ。ですね。ある意味最強にこわいですね。社会に影響されてますもんね。

ぼくのイメージでは、今まででた宇宙人と違って、レプティリアンは絶対います、断言します(笑)正確にいうと、「レプティリアン」かどうかははっきりわかりませんが、似たようなエネルギーや魂をもったひとは地球に100%います。既存の経済や金融システム、学校や会社、国のシステムをみれば明らかですね。議論の余地はありません。たぶんハイブリッドかな…

ググるとでてくるんですが、オバマ元大統領、トランプ大統領、海外のセレブ、エリザベス女王、秘密結社もレプティリアンじゃね?みたいな議論がされていますが、ぼくは違うイメージがあります。

理由は、彼らはもっと巧みだからです。ぼくらが暴けるような人には入っていなくてもっと支配できる立場にいます。すごく頭が良くて口が上手いです。狡猾でマジシャンみたいですかね。笑

仮に著名人がそうだとしても、彼らは雑魚キャラです。ぼくの高次の存在にエネルギー的な見分け方をきいたけど、かなり難しかったですね。ぼくの感覚では、爬虫類系のなかでも、イグアナやカメレオンのようなエネルギー。グルグル光強いエネルギーに縦縞模様がはいっている感覚があります。厳密に言えば、「レプティリアンではない」けど、エネルギー的な感覚で言うと爬虫類系なのかな?

ただ、地球の未来的なことで、レプティリアンVS高次の宇宙人的な対立軸は成り立たないかな。別次元で事が進んでいくし、宇宙はぼくらのちっぽけな想像力では追いつかないほど、複雑です(笑)キーポイントはすべてぼくら地球人が握っているし、波動がカギですね。

レプティリアン(っぽいエネルギー)については以下の関連記事で詳しく書いています、興味のある方はぜひ!

地球にいる宇宙人⑤ニブル人アヌンナキ

やっと、地球人の味方の宇宙人が登場します。アヌンナキは、太陽系の惑星ニビル星からきた宇宙人です。研究によると太陽系には、12番目の惑星があって、プラネットXともいわれています、そこがニビルですね。都市伝説好きなひとは聞いたことあるでしょう。

彼らは、当初、地球の金(きん)や鉱物を目的に地球を植民地化する予定でした。ですが、結果的には、シュメール人やアッカド人の文系発展をサポートとしたされていますね。先ほど紹介したドラコニアンと人間の支配をめぐって戦っているようです。

古代文明や人類の起源に関わりありそうですね。ぼくのイメージでは、レプティリアンとのハイブリッドとしているやつが多いですね。

宇宙人ろくなやついねーな。って感じですね笑

地球にいる宇宙人⑥シリウス星人

ここで、地球人の発展に役立っている宇宙人登場します。シリウス、一度は聞いたことあるのではないでしょうか。おおいぬ座の一等星でシリウスはAとB二つ。Cは論争があった気がします。

エジプトやマヤ文明にたずさわって、ピラミッド建設も手伝ったとされています。超古代文明アトランティス大陸が沈むときもシリウス星人が駆け付けたと言われていますね。

ちなみに、西アフリカのマリにドゴン族という民族がいるのですが、彼らはシリウス星人と交流があったとされています。天文学でシリウスAとBが発見される以前にその存在を知っていたようです。これは、嘘じゃないか。という説が現状では濃厚のようですが、AとBの存在はあまり問題ではなく、行ったことあるのでわかりますが、マリにはシリウス系エネルギーが流れていますよ。(笑)

現代では、タイムトラベルの研究をシリウス星人が手助けしているという説もあります。

シリウス星人は、元ネタでは、あまり今日ではあまり関わりがないと説明していましたが、いまでもちゃんといるし、関係しています。ぼくの周りにも何人かいます。周波数とか波動のコントロールが得意かな。動物好きなひとが多いイメージです。

地球にいる宇宙人⑦プレアデス星人

プレアデス、みなさん聞いたことありますか?おうし座の散開星団で、和名だとすばるです。ポジティブな宇宙人さんグループですね。

彼らは、もっとも地球のアセンションに貢献しようとしている宇宙人グループと言われています。陰と陽、二極性の統合を目的としている。スケベなひとがおおいとも言われています。日本人男性諸君は、プレアデス星人ですね笑

光や愛など、高次元の存在が好きで、人間だと幼少期は孤独を味わったり、元々が「光」(陽)の性質をもつので、地球では「闇」(陰)を学ぶそうです。

ちなみに、人間のDNAの開発は元々プレアデス星人が開発し、日本の八百万の神にはプレアデス星人が多く存在しているようですよ。僕の周りにもいますね。あくまでぼくのイメージですが、スピ系の教祖様は自称プレアデス星人であることがおおいです。(笑)

地球にいる宇宙人⑧アルクトゥルス星人

アルクトゥルスは、うしかい座の一等星ですね。こちらもポジティブな宇宙人です。

次元的には7次元と言われています。大天使ですね。前世やカルマとは無関係で地球をサポートするためだけにやってきたナース宇宙人ですね。

地球人を癒すためにきているので、ヒーラーさんとか多そうです。ぼくの知り合いもアルクトゥルス星人の魂もったひとがいます。一言でいうと、母なる大地ですね。なんでも受け入れてくれる感じでしょうか。

サイキック能力に目覚めているひとが多い印象です。

いかがでしたでしょうか?地球にいる宇宙人は実はもっといますよ。ネガティブ宇宙人の代表格はベガ星人やオリオン星人でしょうか。あなたの周りにももちろんいるでしょう。

おわりに(宇宙人いるけどなにか?)

宇宙人はめっちゃいますね。正確に言えば、地球にいる宇宙人は、宇宙から来た魂をもつ宇宙人(スターシード)です。だから、見た目は人間です。ぼくのイメージでは目が宇宙人か否かを物語りますね。

以下、関連記事では、さらに色々な宇宙人の特徴について記載しております。ここで登場したシリウスやプレアデスはもちろん、ベガやオリオン、なんかも登場します。ぜひご覧ください。

身体は借り物とか生まれ変わりの話につながるのですが、ここでは多くを論じません。明確なことは、ぼくらの身体は受け皿で、魂が大切ということです。

支配とか占領、陰謀、侵略ということばに本質を隠されていることに気が付いてみましょう。宇宙人いるかいないか正直どうでもいいです。(笑)

ぼくがあなたが、宇宙から来た魂をもつスターシードなのかも、どこから来たのかもそれも正直どうでもいいです。あまり大切じゃないです。どうせ同じところに還るし、地球にいるのはいまなので。

大切なのは、魂や光という存在に敏感になること、闇や陰の部分に興味を注がないことです。都市伝説で、地球滅亡とかぼくあまり興味をそそられないんですよね。超古代文明がどうしたとか、そんなことより、いまの力がヤバいです。

あの有名人は絶対レプティリアンだぜ。とか、誘拐系の未解決事件をUFOやグレイ系の宇宙人のせいやろ。とか言って、特定作業に時間を費やすのはもう止めましょう(笑) あと、秘密結社がヤバいとか、1ドル札にすげーとか。エリア51とかも正直どうでもいいです。

大事なのは、ぼくらが地球のシナリオをもっていて、現実はひとつもないということです。宇宙人は圧倒的に地球にいますが、波動が全てですよ。

8 COMMENTS

まめたろう

ピノキオさん

コメントありがとうございます!
どうなんですかねー?
宇宙人って「ロマン」ですよね~

返信する
たっちー

初めまして。
偶然読ませていただきました。
先日、とある方から、あなたは宇宙からの魂、と言われて半信半疑です。
対面と遠隔の違いはどのようなことがあるのでしょうか。島にも訪問したい位です笑

返信する
まめたろう

たっちーさん

コメント&読んでいただきありがとうございます。
お、スターシードなんですね~
島に来てください(笑)
遠隔でもお電話でお話させていただくかつ表情や視覚的情報を主としてセッションを行うわけではないので、
対面と遠隔はぼくにとっては違いがありません。だから、怪しいぼくの顔がみれるかどうかだけですかね(笑)

返信する

ピノキオ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください