ヒーリングセッションやっています

一人咲く

一緒に咲けたらどれほど良かったか

このように私だけ狂い咲いてしまうなんて

愚かの極み

約束なんてしていない

そこには示し合わせや調和などない

起きうるのは自由落下だけ

ただ、咲いてしまった

白銀雪中紅一点

極夜が私を覆い雪が伸し掛かる

周りに応援するものなどいない

その赤さは世界を好きになる力に溢れていて

雪など解かしてしまいそうだ

実らないなら、いっそ枯れてしまいたい

誰かに摘まれてしまいたい

そうして風に命を預けましょう

水面に砕ける自身の顔を見ても

この夢心地は続くのだろうか

このまま終われば死すら美しいはずだ

美しさだけを胸に刻み

白兎を追おう

最上の二番目の願いは叶い続ける

結ばれること以外は

全てが手に入ったような感覚を胸に

白銀に赤い雫が揺れ落ちる

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください