ヒーリングセッションやっています

一人相撲

傷付いている人がいて

本人がそれに不感症的であったら

その傷が原因で苦しんでいるのだと

口を衝いて出そうになる

一度感じてしまったら

そう捉えてしまったら最後

善意と自我を取り違えたとしても

その二つは紙一重かもしれないけれど

発散するまでそれが身の周りを漂って責め立てる

単なる勘違いかもしれないのに

相手は無傷で、自身の網膜が傷付いているかもしれないのに

自分の網膜の傷を確かめるには時間がかかる

問題を複雑化させないためにも人に頼るべきか

自身の傷を検分出来たなら他者に自分を見ることは減るだろうか

善意が絡まって脚が縺れるとはな

生活に打ちのめされ続け

別段相手は魔王でも獅子でもない

人間の日常に潜む隔たり

日々の確信を精査して

蝶の羽ばたきに心を向ける

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください