ヒーリングセッションやっています

椿の懊悩

椿の花はいつも心配事を抱えている

雨や風でどこか飛んでいってしまいそうとか

鳥に啄まれそうとか

一日中起きてもいないことで神経を磨り減らしてる

死の恐怖に支配された花はどんどん肥大していって

やがて自重に耐えかねた花は落下する

ぼとり

椿の花は椿の木になっていた

椿は花であり木でもあり

そしてただただ椿であるのに

なぜ一部分に囚われてしまったのか

死の予行演習をして少しでも恐怖を軽減したかったのだろうか

虜になったのは間違いないのだから

死の物語はそれ程秀逸だったのだな

その重みが故に惹かれたのだろうが

その重みの力に一つの理解を与えられるとは

森羅万象の笑い声が聞こえてくるようだ

この世の主成分は可笑しみなのかもしれない

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください