ヒーリングセッションやっています

甦る童心

もしも、もしも聖人になってしまったら

彼らの大脳皮質に住まう聖人になってしまったなら

あなたの自由に影を落とす

おいそれと人を好きになることも出来ない

往来で歌うことも

中空を眺め笑うことも

確かなのは自分の現実感だけだ

それはあなたの心音であり

握った手の中にある少しばかりの汗だ

世の幻に目を奪われるなら閉じてしまおう

周りの声に合わせてしまうなら耳を塞ごう

芳しいものだけを辿って

嗅覚だけを頼りにして

芳しさが消えたのならすぐ次の目的地へ

なぜなら、全てを行えるあなたは必ずしも

全てを行いにきた訳ではないからだ

一つを極めることが善とも限らない

そこにはもう魅力が無いかもしれないのに

そこに居座ってしまうのは頭の発達である

技術は向上するだろうし、経験も積める

ただし、そこに本懐の気配は無い

嗅覚の発達は青図への架橋だ

この道程は凡庸で地味かもしれない

なあに特別に憩っている者は放っておけばよい

死の床で是非を問われるのはただ一人さ

彼らは凡庸に耐えられなかった

だから己の道を行く者よ、あなたは強い

頑強な脊椎を生やす者よ、悪童であれ

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください