ヒーリングセッションやっています

Synchronize

同期活動の裏には速度信仰が隠れていた

共に笑おう

その笑いの色は同じではないかもしれないけれど

共に泣こう

その涙の味は同じではないかもしれないけれど

感性のオンライン化は手軽さと快楽を与えてくれる

Wi-Fiが切れたらどうなる?

きっと相手の靴を履くことになる

その人のように感じ、学び、動き

選び、消化し、想う

意見を言い合うことはできない

自身の出自や境遇は忘れ去られる

ついつい顔を出す

『僕だったらこうする』

『私だったらそんなことしない』

己を排するという謙虚性を突き詰めたこの作業は

鏡面仕上げとなるまで終わらない

同期が賑やかならば、共感は静けさ

電力が途絶えた街からは騒々しさが消え

人々は他者の肌へと耳を澄ます

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください