ヒーリングセッションやっています

雄弁は銀

『それ』を垣間見た者達はその衝撃を他者に知ってもらおうと試みる。

しかし『それ』を説明しようとするとどこか片手落ちになってしまう。

あの手この手で広まった片手落ちの『それ』は無限のバリエーションとなる。

積もりに積もった幾千の描写は教義や派閥を生んだ。

やがて描写に魅了される者、対立に取り憑かれた者に枝分かれしていった。

それらはまるで『それ』がうたた寝をした時に見る夢だ。

確実なのは目で語りかけてくる者だ。

そしてあなたはその目を体感しなければいけない。

もしかしたら『それ』はウィンクでもするかもしれない。

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください