ヒーリングセッションはこちら

無辜の幻影

俺が生まれる時期は人による。

大体は物心がついた時かな。

俺は対話であり主張であり、関係でもある。

まあ、問題でもあるがな。

最近巷では俺が悪者扱されているらしい。

なんでも覚醒だの見性だのってのに邪魔だとか。

言っとくが俺は救命胴衣みたいなもんで、もし俺が完全消滅なんてした日にゃあそいつは廃人になると思うね。

そういえばこの前どっかの僧が私はついに悟りました!とか抜かしてたが、それ、俺だかんな。わりぃな。

中には賢いやつもいてよ。俺に実体が無いことを見抜いてるやつもいる。

愚かなやつは真っ暗な部屋で闇をどうにかしようとパンチやキックだ。パンチやキックだぜ?

賢いやつは闇をどうするかって?そら部屋の電気のスイッチ押すだけだよ。

光あれってな。

あんまり俺をこねくり回さんこった。エゴイストまっしぐらだからな。

俺に言われたかないか!

せいぜい上手く使ってくれ。小回りもきく。

俺と墓場まで添い遂げる確立はほぼ100%だ。

だから仲良くやろうな。

ペドロ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください