ヒーリングセッションやっています

Actor

人は遅かれ早かれ自覚という化粧をする。

そうでないと舞台へ上がれないからだ。

その化粧は人を否応なく役者へと変貌させる。

そして役者達は筋書きに埋没していく。それが道理だ。

演技力は皆折り紙つきで、状況次第ではすぐ泣き、笑い、怒る。

時にはこの筋書きにうんざりし、変えてくれと懇願するだろう。

しかし、それもまた一つの台詞。これからもその事実は永劫不変だ

台詞とはどんなものであれ刻まれる。

大きな存在が小さな泡のような瞬間を忘れぬよう、岩に刻むのだ。

だからもし、役者を一旦止めたければ黙るしかない。

沈黙という名の幕間にしか休む暇はない。

その沈黙はこの世界に役者がいないことを雄弁に語る。

ただし、沈黙には二種類の沈黙がある。

台本からなる沈黙とそうでないものだ。

安らぎは後者にこそある。

ペドロ

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください