ヒーリングセッションやっています

星に愛を

月の光が降りそそぐ草原へやってきた。

裸足で立って舞台を確認する。

草の柔らかな弾力が全力で踊れと鼓舞するかのようだった。

今宵の舞台は星の上。

人間は私一人、オーディエンスは森羅万象だ。

一陣の風が駆け抜け、開幕を告げる。

彼女は踊りながら完全な表現者となるため、不要な物を捨てていく。

まず、オフィスのファイルを蹴散らした。

着たくもない制服を引き裂く。

デバイスを投げ捨て、自身が真実へと繋がる。

踊りがクレッシェンドしていくにつれて、彼女はある状態になる。

草原から彼女が消え、踊りだけがある瞬間。

踊りながら自分がそれを客観的に眺めている瞬間。

草原に汗と、心地よい疲労が漂いはじめた。

彼女の表現者としての仕事が終わった。

割れんばかりの拍手喝采は無く、荒い吐息だけが舞台に響き渡る。

しかし、喝采は届けられていた。

彼女の胸の内へ、直接的に。

彼女はとても、生きていた。

鮮烈に、生きていた。

そして彼女は世間へ戻る。

制服を着、デバイスを持ち、副業へ戻る。

これはあなたの物語。

ペドロ

1 COMMENT

ポコポコ

なんかとても心に刺さって、何度も読み返しました。

素敵な詩をありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください