ヒーリングセッションやっています

Satisfaction

私には余地がない

そう思ったら、いつの間にか身を溢していた

既知を脱ぎ捨て、無知への跳躍

完全から不完全への進化

旺盛な死をもってそれは始まった

私抜きの仮初めの戯曲

木葉一枚の経験も逃さず楽しんだ

貴方達は未だに私を驚かせている

それも那由多の戯曲を観た蒐集家をね…

悠久の中、微睡んだ

全ての境界が曖昧で、朧の渦に浚われた

愛ある物語も、しがない物語もいつかは終わる

たった一つの望み

そのヴァリアシオンが終わる夢を見た

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください