ヒーリングセッションはこちら

素人曲芸

自分の意思がある。

対岸には世間がある。

そして渓谷には『常識』を祀った神殿があった。

自分の意思が世間で花開くには綱渡りが必要だ。

皆が巧く綱渡りを出来るとは限らない。

奇人変人の類いは最初から綱渡りなど諦めているか、自ら渓谷へ飛び込んだ。

誤って落下した者は地面に激突するかオベリスクに突き刺さった。

プラスチックな神が血に飢えたことは一度もない。

疑念を抱きながら渡る者もいたが、大抵は命を縮めるだけであった

疑念を持っても表に出すな。それは下等なやつのやること。

上等なやつは考えるのを止めよ、思考を停止せよ。

それが賢き者のあり方だった。

綱渡りの往復を止め、世間に馴染んだものは常識を強要し始めた。

それは正義であり、心強い盾だ。

自分の意思の側からすれば理不尽に思えた。

皆が言うのなら正しいはずだと言い聞かせる者もいる。

オベリスクの元の色を思い出せないのを頭の隅に追いやり、今日も綱を渡る。

ペドロ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください