ヒーリングセッションやっています

スピリチュアル的にみる健康において大切なことは魂・心・体かもしれない件

https://i1.wp.com/donkey-earth.com/wp-content/uploads/2018/03/3-e1543973510272.png?w=880&ssl=1
まめたろう

今回のテーマは「健康である」です。

https://i2.wp.com/donkey-earth.com/wp-content/uploads/2018/03/5-e1543973501539.png?w=880&ssl=1
たっかぶり

私がヘルシーゴッドなのです!

※この記事は、スピリチュアルからみる「健康・ヘルシー」な状態において大切なことは、魂(スピリット)、心(マインド)、身体(ボディ)かもしれない件について、改めてぼくの所感を共有する内容なります。

ぼく自身、常にめちゃくちゃ健康でヘルシーかと言われればおそらくノーです。ただ、病や調子の悪さに関していえば、改善点の確認作業として捉えている節はあります。そしてある意味、「ふつう」な状態=(自分にとっての)体調良好と感じています。

魂、心、身体はすべて繋がっているとぼくは感じています。だから、当然かもしれませんが、食べ物や生活習慣にだけ、気を付けて心や魂の扱いを下げていたり、

逆にスピリチュアルっぽい人に多いかもしれませんが、魂や心にばかり焦点レンズはバッチリ充てて、身体はガチガチになっている人もおそらくどこかしらで何かしらの「調整期間」に入っちゃうと思います。

みなさんは健康であること、健全な状態でいることに対してどんな認識でいるでしょうか?

今回お伝えしたいこと
  • スピリチュアルからみる健康
  • 健康と魂・心・身体の関係
  • 健康はふつう。自己治癒力はすごいかも
  • 健康であることは自分を保つこと?

スピリチュアルからみる健康な状態とは?

まず初めに、スピリチュアルからみる健康、ザ・ヘルシーな状態をみていきます。結論から言えば、魂・心・身体の3要素のバランスです。当然ですが、どれが素晴らしいとかどれが大事とかではないです。

すべて、一直線に並び、そしてすべて相関関係があるかもしれません。

魂、心、身体のつながり

ヘルシーな状態をスピリチュアルっぽい感じで定義をするなら、「魂・心・身体のバランスが整っているとき」とぼくは勝手に定めています。

繰り返しにはなりますが、どれが優れてて、どれが劣っているなんて話ではなく、すべて同じくらい大切でイコールで結びついています。

心が魂に、魂が身体に、身体が心に、この絶妙なバランスがヘルシーさに繋がっていると感じます。

ちなみにめちゃくちゃ余談ですが、1999年に、WHO(世界保健機関)は、健康=肉体、精神、社会的に満たされている。状態とし、プラスでスピリチュアルを加えようと議論がされました。

スピリチュアル的な健康と魂、心、身体のバランス

ここからは魂、心、身体がそれぞれどんな感じがヘルシーといえるのかをみていきましょう。言わずもがな、ぼくは個人差(個体差)がめちゃくちゃあるので、あくまで自分ベースの健康を追求していきたいところです。

身体の健康

身体はわかりやすいですかね?ちょっとした身体の痛みとか、体調不良、ザ・病気なんかもあると思います。

人それぞれの体質として生まれつき『病弱』だ。とか疲れやすい。とかはもちろんありますよね。ぼくはアトピーがあったりしました。

そういう生まれつきの体質は抜きにして、誰かと比べてはなく、あくまで自分にとってのヘルシーな状態を見つけておきたいところですね。ぼくの場合ですが、言葉にすると、わりと全部軽い状態が身体の健康OKな状態になっています。

心の健康

心の健康状態は見えない分、そしてカテゴライズできない要素が強い分、身体と比べるとわかりにくいことも多いかもしれません。

いわゆる、うつ病とかは典型でしょうか?

心も身体と一緒で、個人差、個体差があるので、あくまで自分ベースの心が健全な状態をまず定めることが第一歩にはなってくるような気がします。

ぼくにとっての心がヘルシーな状態は、ハイテンション(躁状態)というよりは、身体とおんなじでおだやかに軽いイメージです。

魂の健康

魂の健康といっても??が乱立する人がほとんどかもしれません。

ぼくも正直、目に見える、音で聴こえる実感として魂が健康な状態はこうです!ということはわかりません。

ただ、『違和感』には敏感であって、それっぽい言葉を使えばハイヤーセルフや守護っぽい存在、自分の魂に背いているような生活、言動、思考回路などなどをしていると、何か上手くいかなかったり、直接的に不調になったりしますかね。

この辺りは感覚でしかないので、言葉で表現するのは激ムズです。スピリチュアルで言われるような目覚めなさいとかそういうことではないような予感はビンビンにあります。

オリジナルの健康な状態の探求

身体でも、心でも、魂でも、健康な状態は、モノクロで一定方向を向くようなものではなく、自分にとってのベストが必ずあるとぼくは感じています。

だから、繰り返しにはなりますが、誰かと比べてとか、何か一般的に言われていることを指標にして○○しなければ。というよりは、まず自分のスタートラインや「ふつう」基準を設定(気が付いて)して、自分自身をないがしろにしないこと

から始めることをわりとおすすめしておきます。

この辺りは人それぞれ得意不得意の基準があるので、自分と問答してみると何か発見があるかもしれません。

身体と心と魂のバランスを整える方法ってなんかある?

ここからは、ぼく自身が体感として、心や身体、魂のバランスを整える方法をみていきます。案外必要なのは、健康方法を探すこととか、魂や心を整える瞑想です!とかそういう部分だけではないかもしれません。

身体のバランス

身体に関しては、色々なアプローチがありますよね。高いモノを食すとか、健康に良さげなモノを食すとかそういうのもアリだとは思うんですが、一番は自分が欲していることに気が付くのが大事かな。と感じています。

健康方法もまったく一緒ですね。

心のバランス

「心」に関しては、ザ・スピリチュアルもけっこう得意分野のアプローチがあると思います。瞑想であるとか、アーシング(グラウンディング)であるとか。。

それ以外にも、いわゆるエゴの部分とか、親の影響が強い人は、そういう部分での内観とかですかね。どのアプローチも正解不正解という縮小した意味合いでくくれるものではなく、自分に合ったものを探すゲームにベットしたいところではあります。

魂のバランス

「魂」に関しては、ザ・スピリチュアルの分野ですかね。例えば、過去世やカルマの解消。守護霊や守護天使なんかのメッセージ。ハイヤーセルフも一緒だと感じます。インナーチャイルド案件ですかね。

魂に関してはバランスを整えるという言葉というよりは、ぼくは本来の自分の得意分野とか不得意分野に気が付いたり、

自分がやりたい部分に正直になったり、クセや思い込みが続いていたらアプローチを変えてみたり。

そんな人生の中で、学んだり、気付いたり、離れたり、くっついたり、伸びたり縮んだり、バリエーションが増える作業も含有しているとは思います。

自分のゼロポイントを探ること?

結局、自分にとっての健康を考えると、身体や心、魂、3つのバランス(充足)が全部大切なんですが、必ずしも不足状態が悪いわけではないと感じています。

身体を通じて、心を通して、魂から、ぼくらは色々なメッセージを受け取ったり、解釈している存在なのかもしれません。そんな視点を持てたら、おそらく自分にとっての「ふつう」な状態がわかるかもしれません。

ぼくの勝手な感覚だと、自分にとっての「ふつう」=いい感じなヘルシー状態に行けば、ぼくらは神とソースが一緒なので、

超絶素晴らしすぎる自己治癒力、自己改善能力が自然と働いて、めちゃくちゃいい感じになれるんでしょうね。

まとめ:スピリチュアルな健康は自分を保つことかもしれません

今回は、スピリチュアルな健康は、心や魂っぽいアプローチだけでなく、身体も含めた自分のバランスが必要っぽいです。ということを一番に主張したい気分でした。

結局、スピリチュアルっぽいことって、ハイヤーセルフがうんちゃらとか、オーラがどうとか、先祖や守護霊がなんとかみたいな話に縮小されがちなんですが、ぼくはそれだけが面白さとは感じていません。当然ですけどね。

そして、ザ・健康ブームの昨今ですが、食生活とか瞑想とかなんちゃらリーディングとかいわゆるアプローチ集みたいなのは広がるばかりで、

わりと大切な自分にとってヘルシーってなに?とか自分自身にシンプルに素直になることを案外忘れがちなのかもしれません。

本来の自分が知っている部分に抗うことなく、健康でヘルシーで面白い自分の中にグラデーションを発見していきたいところですね。

みなさんは「健康」ってどんなイメージで捉えているでしょうか?

いつも読んでくださってありがとうございます。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください