ヒーリングセッションやっています

人生の目的や意味とは?スピリチュアルや宇宙視点での生きる意味

今回のテーマは、スピリチュアルと人生の意味と目的。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

すべては実験みたいな感じらしい。

※この記事は、スピリチュアル視点での人生の意味・目的について、普段ぼくが感じているところを共有する内容になります。スピリチュアルで言われる使命とかってぼくは大枠では、あるようでないような気がしています。

今回の話は、けっこうスピリチュアルや宇宙っぽい視点になるし、ぼくの思い込みの範疇を抜けない話になるので、そういう感覚もあるのかも。と思える部分だけ拾ってもらえると嬉しいです。

人生の意味や目的、使命の類は、自分が何者かでありたい(エゴ)と戦う部分でもあります。絶対的にこれが使命だ、これをしなければいけないという「義務」は、宇宙やスピリチュアル視点ではないですね。

結論からいうと、人生の意味や目的をスピリチュアルっぽく捉え直すと、宇宙や愛や光が反映した実験なのかもしれません。

スピリチュアルにおける人類共通の人生の目的や意味

まずは、ぼくらに共通項としてありそうな人生の目的や意味をみていきましょう。巷で言われているような幸福になるため。とかいう話ではもちろんありません。

人生の目的と意味は「幸福論」?

スピリチュアルや宇宙視点でいえば、幸福論という話にはなりません。こちらに関して、理由は明確で、たぶんですが宇宙人も落ち込んだりするからです笑

というのは建前で、本音を言えば、幸福というのは主観に基づくし、自分で「幸福の正解」をみつける以外にはほぼないのでそこが目的だとしたらたぶんわざわざ地球でなくてもできることのような気がぼくはしています。

例えば、アフリカで1日1ドル以下で生活している元少年兵が、幸福なのか不幸なのかはそれこそその少年兵にならないとわかりません。いくら努力しようが、頑張ろうが彼が幸せと思えば幸せだし、不幸だと思えば不幸ですね。

たぶん宇宙はそんなに狭くない気がしています。

絶対的幸福だろうと、相対的幸福だろうと、別に地球じゃなくてもできるでしょというお話ですね。

共通項としての人生の目的と意味

スピリチュアル好きな方であれば、耳にタコができるくらい聞いたことのある「アセンション」がいわゆる人生の目的や意味とする人が精神世界では多いです。

ぼくも敢えて共通する人生の目的や意味があるのであれば、アセンションだろうなと感じます。アセンションに関しては、色々な解釈がありますが、まあ、すべて正解なんでしょうね。

地球を良くするとか、自分が楽しく生きるとか、波動やエネルギーがちょっと軽くなるとかそういった表現がされていますね。この辺りは以下の関連記事に書いてあるので興味があれば読んでみてください。

共通する人生の目的や意味はないかも?

ここからが今回の本題っぽくなってきますが、敢えて共通する人生の目的や意味があるとすれば、それはアセンションだと感じるのですが、ぼくの感覚ではスピリチュアルっぽい覚醒とかアセンションとかはただの選択の違いだと感じます。

つまり、アセンションを選択する人も、敢えて選択しない人もいるんでしょうね。別にアセンションが良いモノとかアセンションしなきゃダメってわけではないですからね。選択しない人がいた方が盛り上がるんじゃないですかね。均一化したいわけではないでしょうし。

善悪や正義なんてものは表裏一体なので、正直そこが宇宙やスピリチュアルっぽい人生の目的や意味だとしたら、まだ少しつまらないなあ。とぼくは感じます。

スピリチュアル(宇宙)視点での人生の目的や意味とは?

それでは、スピリチュアルや宇宙目線で、もう少し壮大なスケールで人生の目的や意味をみつめるとどうなるかがここからのお話です。まあ、妄想の範囲ですけどね。

宇宙の実験

ぼくら個人個人の意味や目的を敢えてスピリチュアル視点で考えると、それは宇宙の実験です。ここでいう宇宙とは、大気圏を突破したところの宇宙だけではなく、いわゆるスピリチュアルにおける神とかソース(創造主)などと言われる類の宇宙です。

なぜ人生の意味や目的が、宇宙の実験かといえば、それは宇宙が宇宙ってなにかを知りたいからですね。

つまり、スピリチュアルっぽい考え方における人生の意味や目的は、宇宙とはなにか?というなんとも壮大な問いに関する答え探しになります。

ワンネスと人生の意味や目的

要約すると、スピリチュアルっぽい考え方の1つ、ワンネスですが、仮にぼくらが1つの存在(宇宙)から誕生した何かであるでしたら、その1つの存在である宇宙(神やソース)は自分とは何者か気になってくるのではないでしょうか?一休さんのトンチに似ています。

宇宙が気になった結果、宇宙人になってみたり、人間になってみたり、星になってみたり、草や木になってみたり、水になってみたり・・データを収集しているような感覚で好奇心の爆発でしょうね。至高のマッドサイエンティストです。

だから、敢えてスピリチュアル視点で人生の意味や目的とするのであれば、ぼくらは宇宙の反映であり、宇宙の実験なのかもしれません。図にすると、以下のイメージです。

「実験」をどう捉えるか?

宇宙(ソース)が反映した結果が、水や星、草木、自然、人間、動物、その他もろもろすべてものだとしたら、変な宇宙さんは壮大な実験中で、ぼくらは言わば、データを収集する、言葉は悪いですが、モルモットなのかもしれません。

そんなこというと、結構悲しいイメージを持つかもしれませんが、ぼくはこれに関してはかなりの文脈で捉え方次第かなという感じがします。

例えば、自分の身に不幸が降り注がれた瞬間や、そういう時期に関しては、これは宇宙のデータに役立つ。とか、

(スピリチュアルではない部分で)自分が生きている意味がわからない、人生の意味や目的がわからなくて苦しんでいる人は、そういう時期さえも宇宙には役立っているらしい。とか、

少しずつ前向きに捉え直すことも可能です。人生の意味や目的が「宇宙とはなにか?説」という立場に立つのであれば、前向きに捉え直した自分さえも宇宙のデータになりますが笑

スピリチュアル視点で人生の意味や目的を突き詰めると・・

すべては宇宙の試みであるとしたら、そのゴール、つまり、宇宙とはなにか?に対する答えや最終的なゴールはどこになるのでしょうか?その答えを出すためには何をすればいいんでしょうか?

集合意識のピュアなエネルギー

宇宙とはなにか?対する問いに答えが出るにはどうしたらいいのかを宇宙人も有機物も無機物も人間もぼくら全員がやっているとしたらけっこうぼくは面白いなと感じます。

どうしたらいいのかに対する絶対これだ!という答えはおそらくないんですが、ぼくはそれが(集合)意識のワンネスとか、光とか、愛とかなんて言葉に集約される気がしています。

簡単かつ乱暴に言ってしまえば、ぼくらは光であることを知るとか、すべては無条件の愛だとかちょっとそれっぽい言葉になるんでしょう。

光や愛のパーセンテージ

例えば、宇宙とはなにか?を知るために、宇宙があらゆるものに成り代わっていたとして、結論を出すには、集合意識の光(愛)のパーセンテージの集約が必要なのかもしれません。

もし、答えが100%の光や愛にあるとしたら、マイナスやゼロ、その他にある無限の%を知りたいと思うのは必然でしょう。だから、宇宙人っぽい存在がちょっとカオスな地球にやってきて、犯罪っぽいことをしてみたり、それこそなんか正義っぽいことをやってみたり、

聖人君子やってみたり、極悪非道の立ち振る舞いをしてみたり、それこそ無限に反映しまくっているのかもしれませんね。

その過程で集合意識のあらゆるデータが集まってより100%の光や愛(ソース)に近づく壮大な実験を宇宙人も人間としての肉体をもっているぼくらも共同でやっているとしたら、めちゃくちゃ興奮しちゃいます。

あくまでぼくはですが。みなさんはどう感じますか?

まとめ:人生の意味や目的は自分でつくってもいいかも?

今回は、人生の意味や目的を敢えてスピリチュアルっぽい目線でみるとというお話をしてみました。

要約すると、以下になります。

STEP.1
宇宙、ソース、神とはなにか?
宇宙が何者かを知るため。
STEP.2
宇宙の実験
○○になってみるか!
STEP.3
集合意識にデータ集める
光や愛の%を測る
STEP.4
集合意識=ピュアなエネルギーに近づく
宇宙とは何かがわかるかも?
STEP.5
最終目標
宇宙のみぞ知る!

超絶、雑ですが、こんな流れになるのかもしれません。だから、敢えて人生の意味や目的をぼくら個人個人に据えるとしたら、自分で自由に作っちゃっても良いんだと思います。意味や目的が欲しい人は。ですけどね。

意味や目的は、義務や命令とは圧倒的に違います。そんなものはなくて、あらゆる行動、言動、感情、感覚、すべてが意識体としてのぼくらとして繋がって、みんなで共通認識の宇宙探求しているとしたら、かなり面白いですよね。

だから、あらゆる実験なので、個人個人の感覚や感性で、その時、その瞬間に感じたモノをキャッチして意味っぽいモノとか目的っぽいモノを作り出して、自分にあらゆるデータを集めてみてください。

もちろんですが、そういうイケイケガンガンじゃないときもあります。ですが、それすらもデータになるのでそこが面白いところですよね。

空虚な空間に放り込まれたぼくらが手探りで光や愛を掴む瞬間がもしかしたら、人生や生きる意味、目的なんかを共有できるときなのかもしれません。

みなさんは敢えてスピリチュアルっぽい目線で人生の意味や目的をつくるとしたらなにをしたいでしょうか?そして何をしたくないでしょうか?

いろんな選択があって本当にわからんくてパンクしそうですが、マッドサイエンティストに付き合ってみてもいいかもしれませんね笑

少し壮大な妄想話になりましたが、質問や意見などありましたらぜひ!いつも読んでくださって本当にありがとうございます。

6 COMMENTS

ちえ

以前は「何者かでなくてはならない」
とガチガチに思い込んで、
人生を修行のように捉えていましたが、
このブログに出会い、生きることがとても軽くなりました。
ありがとうございます!
そのせいか、年中冬眠していた観葉植物が新芽を出しました(笑)

人生で実験しているような感覚、漠然とですがあります!
ほんとに実験て感じです。そう感じた時は私ひどくない?と、少し怖くなりました。

私は、やりたいことは、
「遊ぶこと」です
仕事も遊びも全て遊びだなぁ、と。
したくないことは、
「したくないことをガマンしてすること」
これがホントにイヤです…

人生の意味って、自分で色々に味付けしてもいいんだったら、そっちの方が楽しくなりそうですね!
私はうま塩で行きたいな。

返信する
まめたろう

ちえさん、
いつも、ありがとうございます!

おー、観葉植物すごい笑
したくないことの我慢はぼくもめっちゃ苦手です><

うま塩美味しそうですね笑

返信する
Rna

こんにちは。
すでにコメントにあるように
私も「何者かにならなければならない」とか
「生きる意味や目的をもっていなければならない」と
ずっと思っていました。

もっと自由に好きに生きていいのですね^^
普段食べたいと思ったものを食べたり、
好きな時に好きなことををしているはずなのに
どうしてこう大きな話になるとわからなくなるのだろうと思いました。笑

いつも楽しくなる記事をありがとうございます^^

返信する
まめたろう

Rnaさん
いつもありがとうございます!

そうですね、ぼくらが「生きる意味」的なやつを模索してそれを拡大解釈する理由は、
おそらく社会的な「責任論」とか、「義務」+で「偉人」っぽさを醸し出している風潮があるからだと感じています。
功績を残す=偉いという思い込みもあるかもです。

こちらこそありがとうございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください