ヒーリングセッションもありますよ

超意識や潜在意識と繋がる方法。危険なの?注意点やコツをまとめてみた

今回のテーマは、意識です。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

寝ているか起きているかようわからんときに感じるやつだね。

※この記事は、いわゆる超意識とか潜在意識とかっていわれる部分にぼくがどうアクセスしているかをお伝えし、そのときの感覚などを共有する内容になります。みなさんにとって、繋がるってどういう感覚ですか?世の中不思議なことがたくさんあって面白いです。

「本来」の自分、無意識の自分、意識に少し踏み込んだところに在る自分と繋がる方法は、みなさんがそれぞれ、色々な形でご紹介していると思います。瞑想がいいで!いや、グラウンディングがいいで!ダウジングなんてのもあるで!

みたいな感じですね。ぼくらはよく、「方法論」にフォーカスしがちですが、ぼくは正直、その方法に関してはどっちでも良いと思っています。そして正解も不正解も、正しいも間違いももちろんないですよね。

だから、良く言われる瞑想やチャネリングは危険だ!なんて文脈も、その人がエゴで作りだしたりしたエゴ意識そのもので、逆に瞑想やチャネリングすれば「超意識」と繋がれてキラキラなんてのもエゴそのものだったりします(笑)

そこにぼくらの面白さを見出せるんですけどね。

超意識と潜在意識の違い

超意識とは、もともと心理学者のユングさんというおっさん(もちろん若かりし頃もあった)が、提唱した概念の1つです。

一般的に、潜在意識は、顕在意識との比較で出される言葉です。

潜在意識と顕在意識の違い

顕在意識は、わかりやすいところでいえば、好きな人に連絡しよう。とかスーパーに買い物に行こう。とか頭で考えて出てきたり、実際に言われたことばで抱いた感情や行動の部分です。

潜在意識はもう少し一歩踏み込んだ、あなたの無意識の部分です。隠れまくっているゆえにほぼほぼ気付くことのない自分ですね。

この無意識っていうのは、長年積み重ねてきたモノ、親の教え、育ったバックグラウンドで知らず知らずのうちに経験値を積んでいきます。もちろん、もともと持っている部分もあるかもしれません。

子どもが好奇心のみで大人からすれば「危険」って思うことをやっちゃうのは、潜在意識と顕在意識がほぼイコールになっているからかもしれません。

例えばなんですが、赤ちゃんとか動物って感覚が鋭くて、大人が見えないモノ(おばけとかオーラとか)を感知する能力が高いんですけど、それは、大人がおばけやオーラは特別な人しか見えないって誰かに教わったり、人生の中で獲得するからです。

ある意味、無意識を意識で形成していくとも言えるかもしれません。

赤ちゃんや動物はその「特別な人しか見えない何かがある」って意識したことがないので見えたり感じられちゃうんです。潜在意識=無意識=現実ですね。

超意識とは

超意識は、先ほどもお伝えしましたが、ユングが提唱した概念で、潜在意識からもう1歩踏み込んだ無意識です。彼は、集合的無意識とも言っています。

神の意識とか、無意識の越えた先にある部分とかいろいろな方が説明してくれていますが、解釈は自由です。潜在的に培った無意識よりもう一歩踏み込んだところとか、魂なんていう言葉でピンとくるひともいるかもしれません。

この辺りは、解釈論になってくるので、ぼくはざっくり潜在意識よりちょっと深くに在る部分とイメージしています。そして言葉ではっきりと明確に分けられるようなところでもないのかなって感じています。

ただ、敢えて言語化するとすれば、

  1. 顕在意識→はっきりみえたり、意識や思考
  2. 潜在意識→見えない無意識や深い思考(境目がないひともいる)
  3. 超意識→無意識より深い無意識や思考、魂

こんなイメージです。なんとなく伝わりましたでしょうか。

みなさんが想像するところのサイキック能力、つまり、オーラをみたり、サイキックアタックに対処したり、ハイヤーセルフと繋がったり、ヒーリングしたりするとき、ぼくは潜在意識や超意識といわれるようなところと繋がっている感覚があります。

でも、そんなに大層なモノでも、難しいことでもなくて、あえて言葉にすると、潜在意識や超意識なんてそれっぽい言葉にはなるという感覚です(笑)

これを自分と繋がると表現したり、意識と繋がると表現したり、見えない部分と繋がるとか、チャネリングとかというのは自由な気がしてなりません(笑)みなさんが自分と繋がるときどんな感覚でしょうか?

ちなみにこのブログに登場するペドロさんは「意識遊戯」と表現してくれました。めちゃくちゃ気に入っていていまからこっそりさっそく使おうと思っています。

超意識と繋がるのって危険?注意点は?

正直なところ、チャネリングや超意識と繋がる瞑想の類、「意識遊戯」は、危険だったり、注意点があるモノではないと思います。だって、自分と繋がるだけですからね。

ぼくの中ではそこまで特別感もなく、リラックスしたり、目に見えることだけで価値判断基準をせずなるべく広い世界から自分を見た方がおもしろいからです。

だから、繋がることで逆に難しい。疲れる。しんどい。本当に繋がってるの?と思うときは散歩でもしてもくだらない漫画やピンと来る本でも読んでリラックスした方がよっぽどコスパがいいです。

当然なんですけどね、いきなり浮世離れしたことをしようとすると、けっこう特別感を出しちゃうのがぼくらですね(笑)

よく瞑想やチャネリング、意識と繋がる行為は危険だ。安易にススメるようなことではないとネットや本でも言われているんですけど、たぶんそれは、「意識遊戯」に気合いいれすぎているときです(笑)

それか、いわゆる光と闇、目に見えないモノに自分の思考や経験でデコレーションしたエゴを塗りたくっている状態のときです。もちろんそれが良いとか悪いとかではなくて、あなたが獲得したモノで、あなたの形成した宇宙なので、それでいいんです。

だから、もし、心から危険と思うならやめておけばいいし、繋がらなくちゃとか思っているなら、放置プレイするのもアリです。引き算することで、わかることも多いのが、ぼくらのおもろいところですね。

それに自分と繋がるだけなんで、意識遊戯しなくてもその感覚ってそもそもわかる人もいますし(笑)いつもの繰り返しにはなりますが、楽しめればやってみたり、遊んでみたりしてもいいけれど、それで辛くなるくらいならやめちゃいましょう。

ぼくはたまたま、自分に合ったやり方に出会って、それを日々楽しむことで色々な発見があるので、続けているだけです。その延長線上にヒーリングもあったりはしています。

超意識と繋がる方法

ここでご紹介する繋がる方法は、繰り返しにはなりますが、絶対的な方法論にはなりません。みなさんが、たまたま出会ったり、教わったり、発掘していく中で試行錯誤していくヒントになれば嬉しいです。

そして、ぼくの中では意識と繋がることはとてもリラックスできる行為の1つです。大前提として、もしこれをやることで疲れたりできなくてイライラしちゃったりしたら100%逆効果なので、美味しいモノでも食べて、ゆっくりお風呂入る方が良いと思います(笑)

①クリアリング

まず準備段階として、エゴを浄化したり、身体や心をデトックスしたり、意識をクリアリングすることをおすすめしておきます。

ぼくの中ではエゴをなくすとか、自分の世界をフラットに近づけるとか、そんなイメージなんですが、正直あんまり実感がありません。(笑)

ただ在る状態とか、すべては完璧だなあ。とかに浸るイメージですね。間違いなく言えるのは、超意識に繋がるぞおお。とかって気合いは微塵も必要ないと思います(笑)

そうすると自分の作り出したエゴとか意識にガッチガチに繋がるとは思いますよ。まあ人それぞれだとは感じています。

②無意識になる

次に無意識にもってくることがポイントになります。ここでつまずきそうな人が多そうです。実際ぼくも昔はそうでした(笑)

この無意識になるというのは、ぼくの中では①のエゴをなくすとか、クリアリングするに直結しているんですが、100%無意識の状態というのはたぶん不可能かもしれません。(笑)

ヒーリングしているときに、ご相談していただいた方にみえているモノを伝えているんですが、え?これって誰が喋っているの?というときはあります。

そして無意識になる方法においては、色々な方が様々な方法を紹介してくれていると思っています。

それが瞑想であり、チャネリングであり、ダウンジングであり。人それぞれですね。あ、あと、ヒーリングを学んでいる方の中には、アチューメントしてもらうってこともありますよね。

ぼくの中では全部イコールです。この無意識になる方法は、各々が楽しめる範囲で実験してみることをおすすめしておきます。

ただ、とっかかりがないという人には、夢と現実の間、寝ているけど起きているみたいな状態=目を閉じて瞑想みたいなことがやりやすいのかなとは感じます。

もちろんですが、無意識になるぞおお。って気合い入れると、エゴMaxの無意識になると思います。

③心地いい場所にいく

これは言語化するのがけっこう難しいのですが、伝わるモノがあれば嬉しいです。

無意識に近い状態になると、意識がフワフワ浮いたような感覚にぼくは包まれます。幽体離脱に近いかもしれませんが、少し異なります。そのふわふわとした意識を自分の心地いい空間や場所に持っていってください。

綺麗な海。好きな自然。宇宙っぽい空間。見たことない場所や空間。なんでもいいです。自分が一番楽でリラックスできる場所です。

そこがあなたのホームになると思います。もちろんですが、よっしゃ心地いい場所に行くぞォォというイメージは必要ありません。

ぼくの中であえて言葉にするとすれば、「勝手に意識やイメージがいっちゃう。」そんな場所です。全部お任せすることがポイントになってくるでしょう。

そんなリラックスできる場所、勝手に意識やイメージがいっちゃうところがあなたのホームになってきます。ぼくのイメージだと、そのホームが超意識とか潜在意識のある空間なんて感じでしょうか。その場所で意識で遊んでみてください。

④自分に戻す

無意識状態になって、意識が心地いいホームにいくと、ふわふわしたりすると思います。なのでイメージでいいので、遊び終えたらその意識をちゃんと自分に戻してください。

そうしないと、ずーっと上に浮いているような感覚とか、なんか疲れやすい状態とかになってしまう可能性があります。イメージで戻してあげることをおすすめします。

寝ているか起きているかわからない状態でやってみたら、そのまま寝落ちしちゃった!ヤバイ。みたいなときもあるとは思うんですが、そんなときは、グラウンディングしたり、土に触ったりするだけで大丈夫です。

まとめ:超意識に繋がっても結局自分です。

超意識、自分の気付かないところに繋がったりする方法は本当に色々あると思います。今回、ぼくのご紹介した方法が100%絶対ということは、1000%ありえません。

ペドロさんも言っていましたが、意識遊戯はわけのわからない領域だと思います(笑)ぼく自身も昨日までのやり方とおんなじだったのにホームの様子ががらりと変わっていたり、みる風景や感覚が常に一定ということはないです。

そういった文脈で言うと、こうでなければいけない、こういう方法がベスト!これでしか繋がれない。なんてことはまず間違いなくないとぼくは思っています。

これはぼくの勝手なイメージなんですが、ヒーラーさんが使う方法はかなり種類があっても、やっている大枠は一緒のような気がしています。手順が違ったり、プロセスが若干異なるだけです。

だから、小手先のテクニックみたいなモノは必要なくて、やっぱり大切なのは、自分が日々クリアリングしていくこと、感性を鈍らせないこと、色々な体験や経験をしていくこと、今にフォーカスすること、そんな感じに集約されていくのだと感じています。

難しく考えずにシンプルに今を楽しんでみてください。

絶賛子育て中のぼくらなので、よくわかりますが、赤ちゃんは常に自分と繋がっていて、意識したことが全部現実になっているっぽいですね。やっぱり子供は天才すぎますね。ワインでも飲みながら、じっくり子どもを観察してみます。(笑)

またまた繰り返しにはなりますが、意識と繋がることとか「意識遊戯」、さらに言えば目に見えないモノで疲弊しているのであれば、のんびりと好きなことにエネルギーと時間を使うことをめちゃくちゃおすすめしておきます。

わたしの方法はこんなのがあるよとか、ご質問やご意見などがあればコメントに書いてみてください。

いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。

4 Comments

なな

いつも、ありがとうございます。

目を閉じるだけで、ふわふわして気持ち悪くなるので瞑想は中断しました。
土に触って、木に触って、グラウディングだけやってます。

返信する
まめたろう

ななさん

こちらこそいつもありがとうございます!
それがいいですね^^
グラウンディングも一緒で気分悪くなら少し離れてみるとなにか気付けることがあるかもしれません^^

返信する
なめこ

いつもワクワクする記事を、ありがとうございます。まめたろうさんの、スッと心に入るような、なるほどーと感じながらも思わず笑ってしまう文章の大ファンです♪
うちの子はよく、私が「〇〇に行きたいな」等と言うと嬉しそうに「ママ、もう〇〇に来てるよ、ホラ見て!」と何かを見せてくれ、すると暫くするとそれは現実になったりします。この記事を読みながら、あの感じかな?と思い出しました。
これこらも まめたろうさんご夫妻の記事を楽しみにしています。いつもありがとうございます!

返信する
まめたろう

なめこさん

こちらこそ、楽し気なコメントありがとうございます!

おー!お子さん、さすがです(笑)まさに、その感じです!
あえて言葉に落として「それっぽく」させるなら顕在意識と潜在意識の境目がゼロの状態ですね。
間違いなく宇宙人(笑)

こちらこそ、本当にいつもありがとうございます◎またいつでもコメントください!

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください