ヒーリングセッションやっています

無類の砂粒

砂漠の砂を掬い上げてみる。

指の間からこぼれ落ちる砂を惜しむ者は少ない。

その砂粒一つ一つが宇宙に二つとない星だとしたらどうだろう。

科学者であれば慌てて採取するだろう。

少し大げさだったかな?

大げさついでに一つ、あなたは星どころか宇宙そのものなのだ。

スケールを直接見せられないのが残念なくらいだ。

あなたはこぼれ落ちる砂粒でいてもいい。

もちろん科学者の度肝を抜いてもいいぞ。

私からはどちらも愛しく見える。

選択の幅が安らぎになるよう願っている。

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください