ヒーリングセッションやっています

Imagine

我々は想像し創造する。

時に、その得意分野である想像に裏切られることがある。

想像を絶するとは、それはその人にとって存在しないということだ。

人が想像を絶すると言うとき、大抵は想像を絶する悲惨な光景を思い浮かべる。

平和な国が紛争国を理解するのは難しい。

想像に関して基本的に努力では解決しない。

生来の卓越した想像力か紛争地に身を置く決断力しかない。

映画やジャーナリストが実情を訴えても想像力が及ばない。

ドラマ的だったり悲劇的だったり焦点が定まらず、どこか掴み所がないものに感じる。

理解より先に誤解がやってくる。

紛争国にとって銃声にドラマ性などなく、悲劇というにはそれは恒常的過ぎた。

平和な国と紛争国にも共通点はある。

圧倒的現実感だ。

血飛沫や爆発音が夢ではないことを意味し、自覚的でないと生き延びられない。

平和な国はその無刺激さから、一の次は二が来るような当たり前さから夢だとは微塵も思わない。

無刺激と自覚的の邂逅はありえるのだろうか。

希望はある。たった一つの希望が。

目覚めよ。

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください