ヒーリングセッションやっています

病が無数の腕になって僕をどんどん連れていく

どんどんどんどん連れていく

傲慢という終極の地へ連れていく

近付く程可能性は目減りしていった

死が鼻先までやってきて

その匂いを嗅いだらなんとも芳しい

芳しいのに、同時にとても嫌な匂いだ

嫌な匂いが強くなると、とんでもない所まで来てしまったと焦った

振り返っても先を見遣っても何もない

たった一つの扉を除いて

その扉は常に開いていた

鍵の存在を知らないかのようだ

どんなに傲慢になったって気付く事は出来た

正常であれば言い訳の一つや二つぼやきたい

しかし、あまりにも草臥れた僕は素直に失った念を取り戻しに行く

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください