ヒーリングセッションやっています

Contract

現実は嫌味ったらしく滑らか

私の意識は一人ザラつくようだけど 

些末な事にせっつかれて

我に返るを繰り返す

痛みや不安が急所であるし

欲望や怠惰が死角なせいか

もう人の持つ弱さに従ってしまえ

そうして私は手を合わせて大願を託す

不可視の者に頭を下げて

焦りと不安にそっと蓋をする

無防備になるとは知らずに

五芒星が逆さまとは知らずに

ついつい快の匂いに身を委ねる

六つの願いが叶った頃には有頂天

荒波を軽く往なし、断崖は平地の如く

そのはずだった、そうであるべきだ

表の顔はいかにも耽美で

裏の顔を知る者は手遅れ

七つ目の願いは相手の番だ

高く高く僅かに重力を忘れたから

獲物がまんまると肥えたから

意気揚々と足を掬いにやって来た

その高低差がたまらないのでしょう

鼻をへし折るのが大好物な奴ら

奈落の底へ落ちるその顔だけが餌なのね

絶望を味蕾で楽しみながら

喉を通る感触に酔いしれている

視えないは存在しないではない

次こそは、明け渡してやるものか

何一つとして明け渡してやるものか

核を差し出さず私は私に賭けてみたい

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください