ヒーリングセッションやっています

ひとり不仲

昔の私は仲が悪かった。

世間と他人と自分と。

過去の自分を思い出す。今の自分にどうなったんだっけ。

……

イライラや不安がへばりつくようになったのはいつからだろう。

寂寥や悲しみがへばりつくようになったのはいつからだろう。

欺瞞や嘘がへばりつくようになったのはいつからだろう。

思い出せない。

それを剥がそうと試みる。

ダメだった。

これが入れ墨になったのはいつからだろう?

彫った覚えのない入れ墨ばかり増えていく。

思い返すと、入れ墨が消えたときもあった。

気の置けない友人と他愛もない話をしているとき。

飼い猫との一方通行のコミュニケーションに勤しむとき。

しよう、しようと思っていた実家への電話。親の第一声を聞いたとき。

人は一人では上手に生きていけないのかもしれないと思った。

確か私は…自分と仲良くなることからはじめたのだった。

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください