ヒーリングセッションはこちら

生死を彷徨う

生とはなんだろう。

命を授かってから死が始まるなら生とは死ではないか。

死んだら今度は生のことばかり考えるのだろうか。

なんだかちぐはぐではないか。

左目のみで死を見ると恐怖となる。

右目のみで生を見ると苦しみに。

両の眼で見た。

それは楽しさだった。

生と死を直視するしかない。

しかし実際は見なくてもいい。

なぜなら必要なのは見ると決める覚悟であり、勇気だからだ。

片目で見るとき、人は死ぬために生きる。

両目で見るとき、人は生きるために生きる。

覚悟を決めれば魔物に映らず、それは人生を彩る深みとなる。

ペドロ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください