ヒーリングセッションやっています

最後の薔薇

血のしたたる手で薔薇を持ち、笑顔を作るのは誰か。

その薔薇たちは艶やかで、どこか欲をかきたてる。

誰しも手に取らずにはいられない。

美しさが眼を潰し、棘が見えていない。

香しさが鼻を曲げ、判断を鈍らせていく。

代償を払い人はやっと薔薇を手放すようだ。

痛みがある種の目を覚まさせる。

それでも痛みという御者は次の薔薇へと連れていくだけだった。

それを繰り返し、世界は悪に満ちていると絶望する。

悪の充満が天の導きに変革するとき、棘の無い薔薇の存在を知る。

その薔薇は見つけるにはあまりに近過ぎた。

声はか細く、色は普通で、気づくのは不可能に思える。

派手な色、鼻腔を襲うような香りに惑わされていると見逃してしまう。

棘の無い薔薇は確かにある。

しかしどうやってそれを見つけられよう?

誰が見つけられよう?

私自身がその薔薇だったのだから。

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください