ヒーリングセッションやっています

霊障とは?霊障が起こる原因や対策方法と特徴や症状をまとめてみた

今回のテーマは、「霊障」です。

まめたろう(僕)

たっかぶり(妻)

祟ってやるでえ。

※この記事は、「霊障」についてその症状や、霊障が起こる原因を広い視点から説明して、ふだん、ぼくがやっている対策・対処方法をお伝えする内容になります。

霊障は、読んで字のごとく、霊による障害のことで、横文字ではサイキックアタックとか、アタックなんて表現がされます。この「霊」は狭く捉えれば「幽霊」になり、広く捉えれば、人の念ー多次元存在(過去や未来)までを含みます。

ぼくは霊障=サイキックアタックとしていて、実際にヒーリングセッションでみるときは、「幽霊」に限定せず、人間含む多次元で捉える価値観が好きなので色んな方向からみています。この辺りは、人それぞれ好みや得意不得意があるのではと推測しています。

今回は、広めの「霊障」で本記事を読み進めてもらえればと思います。

この記事で伝えたいポイント

  • 霊障とはなにか?
  • 霊障の特徴と症状
  • 霊障と「デトックス」や原因不明の体調不良の見分け方
  • 霊障が起こる原因と対策・対処方法

霊障とは?

まずは霊障ってなんなのか?というところをみていきましょう。

霊障の定義

霊障の定義は、人それぞれ異なるとは思うのですが、ぼくは、みえない部分で自分ではないエネルギーが混じる(飛んでくる)ナニカ。で捉えています。

自分ではないエネルギーが、人によって、「幽霊」「人の念や生霊」「その他多次元存在」などに切り替わっていくイメージです。

必ずしも「圧倒的ネガティブ」で人に憑りついたり、悪事を働くモノとは限らず、全く別視点でそうでないところもあり、いわゆる「メッセージ性」もあるのがこの霊障とぼくは感じています。

霊障の種類まとめ

霊障の種類はそれぞれあると思いますが、その「出所」、「発信源」をみていきましょう。

①ザ・幽霊

こちらは単純明快、シンプルですね。ザ・オバケです。

ここでいうザ・オバケは、守護霊やサポートしてくれる霊的存在ではなく、どちらかと言えば、肉体に近い「幽霊」です。こちらは以下の関連記事をゆっくり読んでみてください。

②生霊や人の念

念は、おばけから来る念もあれば生きている人があなたに向ける「ネガティブな感情」なんかもあります。

妬ましい、嫉妬、羨ましい、なんでこっちをみてくれないんだ。支配、コントロールなどがポピュラーな念ではないでしょうか。捉え方によっては、「重い愛」ともいえます。

③多次元存在

スピリチュアルっぽい世界、目に見えない世界はやっぱり、時間や空間を限定しない方向が強いため、例えば、異次元っぽいやつからの霊障、過去からの感覚や感情を引き継ぐ、パラレルセルフが影響を及ぼす。

などなど、ちょっと説明不可かもみたいなところもちろんあります。ただ、ベースは今の自分ですので、通過点、出所がたまたま、多次元に過ぎないという感覚ですね。

細かく分ければ、パラレルセルフとかカルマとかなどにはなるんでしょうけど、今回はこの辺に留めておきます。

霊障の特徴をまとめてみた

次にぼくが感じている霊障の特徴と症状をお伝えしていきます。もちろん、あくまで「一例」に過ぎないので、参考程度にとどめておいてください。

①嫌な感じがする

いわゆるアセンション症状との違いは、後述しますが、霊障は発信源がどこであれ、自分とは異質な感覚のエネルギーが混じるので、「嫌な」感覚があります。ネットリとかざらつくとか、言葉で表わすと難しいのですが、そんなイメージです。

特徴:②特定の時間・場所

特定の時間、例えば夜中だけ、とか朝型、○○の期間など、霊障っぽい症状に一定の規則がある場合もあります。繰り返すパターンと表現してもいいかもしれません。

特徴:③感覚器官に訴える

わかりやすい霊障は、肩が重い感じがするとかなどですが、臭いとか切り傷などもここに該当します。自分の感覚器官で弱めところを突いてくるイメージもあります。

おろそかにしている身体の場所なども関係があるときがあるかもしれません。

霊障の症状をまとめてみた

ここからは霊障では具体的どんな症状がでるのかをみていきましょう。

①原因不明の体調不良(頭痛や眠気など)

よくわからない感じの体調不良全般ですね。こちらはザ・霊障と思える感じのものも含みます。もちろん、ただの疲れとかもあります。

原因不明の体調不良
  • 頭痛
  • 首や肩への痛み
  • めまい
  • 高熱
  • 足、手、身体の痛み(腰痛、関節痛など)
  • 気分の悪さ
  • 倦怠感
  • 体臭・口臭
  • 下痢
  • 嘔吐
  • (風邪ではない)のどの痛み
  • 眉間の圧迫
  • 不眠症
  • うつっぽい感じ
  • かゆみ
  • 眠すぎる

②特徴的な嫌な臭い

いわゆる霊臭といわれるやつですが、鼻が敏感な人は霊的なもの、見えない存在をネガティブな感覚で捉えた場合、霊障ともいえます。

ぼくが感じたことあるのは、焦げ臭いようなニオイとか、硫黄っぽい、腐敗臭のような匂いですね。ただ、攻撃的な意味合いを含むかと言われば必ずしもそうではなく、「気付いてほしいで。」ってサインのときもあります。

③切り傷・擦り傷

本当にそんなことあるのかよ。という感じですが、ぼくはあります。幽霊とかのせいじゃなくて、ただ単に転んだのにぶつけたのに気が付いていないだけとかもありそうですが笑

かまいたちの歌を妻はよく歌っています。

④電子機器の不具合

単にスマホの調子が悪いとか、録音機器の不具合とかはもちろんあるんですが、

ぼくもセッション中に例えば縁切りしようとするタイミングで抵抗されるときとか、邪魔される感じでノイズが入ったり、電波めっちゃ良いのに相手の音を拾えなかったりとかいうのは感じるときがあります。

霊障の1つですね。

霊障は身体の左側と右側で違う?

霊障と調べると、左 右という単語が並びます。左側は守護霊がいるから、右側に霊障は現れるで。なんて意見もあるんですが、ぼくは必ずしもそうとは限らないなあ。という印象があります。左の足に蛇(っぽいエネルギー)巻き付いているひととかもいますし。

あくまで個体差があるので、じゃあ、前とか後ろはどうすんの?って話にもなるし、悪いモノは必ずしも右側に来るかと言われればそうではなく、その人次第ですね。

ぼくは右と左両方に来るし、良い予兆も右と左で感じます。耳鳴りに関しては、左側がどちらかといえば、未来的に良いこと起こるで。で右側が虫のしらせ?系が多いです。あくまで多いだけですね。

霊障が起こる原因と覚醒症状との違い

ここからは霊障が起こる原因について少しだけぼくが感じている感覚を共有していきます。

霊障に関しては、受ける側と発信側で原因が異なるのでそこを少しだけ区別していきます。まずは受ける側の原因についてみていきます。

①学びや気付き

ぼくは霊障を必ずしも悪意のあるダメなモノ。という風には考えられなくて、やっぱり自分で気付いておきたいことがあるとか、ちょっとニュートラルになってないんじゃない?っていうサインを教えてもらう感覚もあります。

ただ、こちらは仏教感覚の修行やレベルアップのための試練とかそういう意味合いではもちろんありません。もっと俯瞰して、「体験」という言葉が近いかもしれません。

②意識をネガティブな方向にもって行きがち

生活していれば悩みなんて言うのはゼロになることはほぼないです。人間関係とか恋愛、仕事、それこそ悩める種はめっちゃあります。だから落ち込むのは当然です。

ちょっと自分が落ち込みゾーンに入っていて、境界線が薄いとき、もしかしたら霊障が起きる可能性もあります。

③転換期のサイン

もし、あなたが繰り返しているパターンとか、ずっとつまづくような感覚があれば、それをちょっとごにょごにょしちゃいなよ。っていうサインとしても捉えられます。

気付きや学びの派生としてみてみるイメージです。

だいたいが受ける側の原因としてはこの3つになるでしょう。もちろん、めちゃくちゃ大雑把に言語化しています。


次に送る側の原因についてみていきます。人であれば無意識とか幽霊であれば好奇心って言葉に替えられる部分だと思います。

①興味・好奇心

幽霊で言えば、なんとなくちょっかいを出してみたくなったから。とか、人の無意識的な部分であれば、構って欲しかったからとかですかね。

純粋霊障やってみたい!って感覚で霊障をやっちゃう存在がいるかどうかはなぞですが、いてもおかしくはないとぼくは感じています。

②入って欲しくないラインに潜入

人であれば、ここからさきは立ち入られたくない。とか幽霊であれば自分のテリトリーを侵犯されたとか。ですかね。

ボーダーラインってそれこそ目に見えないものなので、たまたま地雷踏まれて激おこ。みたいなやつがこれかもしれません。

③気付ける人をキャッチ

幽霊とか多次元存在とかであれば、やっぱり寂しいんじゃないでしょうか。

だから、いわゆる「感覚が鋭い」人に対しては、気付いてくれよオーラを飛ばします。人の念であっても、やっぱり優しくてこの人なら言葉を発せずとも分かってくれる人に対しては、重めのやつを飛ばすこともあるかもしれませんね。けっこう迷惑ですが笑

霊障と覚醒症状の違い

霊障と覚醒症状は身体に起こる反応としてぼくは一緒のようなことがあると思います。

熱が出るとか、頭痛とかですね。

ただ、明確な違いは、霊障は自分のエネルギーではないモノが混じるような感覚。ですので、外側からくるものが大半です。

一方で、覚醒やアウェイクニング症状は、感覚として内側から余分なモノを出す。イメージが強いです。

つぶさにみると、ぼくは、人によっては、デトックスで弱ったカラダに霊障が入ってよりハードモードにさせている。なんてパターンもあります。なので、結局は、絶対○○です。なんて細かに分けられるものではないんでしょうね。根も葉もありませんが。

 

霊障への対処・お祓い方法は?

霊障への対処方法はいつものパターンでいけます。ただたまーにガチなやつがあるのでもうどうもうんともすんとも如何。というときだけ誰かそれっぽい人に頼る方向がぼくはイイと思います。

全ては経験と学び、そして気付きですね。ぼくなりにおすすめの対策をまとめてみたので参考になりそうな部分だけ拾ってみてください。

①良く寝る

疲れたら(憑かれたら)、とりあえずめちゃくちゃ寝てください。睡眠は心と魂を休める効果がめちゃくちゃ強いです。

ぼくも憑かれたらいつもより多めの睡眠を心がけます。睡眠不足が症状として出ている場合でも、なるべく目を閉じる時間を増やす方向がいいです。

ただ、小さなお子さんがいらっしゃる方はどうしても。なところもありますよね。

②自己流のヒーリングを模索

邪気払い、ヒーリングは特別な人ができる能力でもなんでもありません。そしてめちゃくちゃありますね。

このブログでも取り上げていますが、塩舐める、レモンで、とかセージ焚く、汗かく、グラウンディング、音楽聴く(ビートルズのLet it beとか)などなどです。

とにかく休息せよ。というサインの1つでもあるので、オリジナルのヒーリング方法を探してみることをおすすめします。

③カラダが喜ぶものを摂取

当然ですが、疲れているときは、身体が一番喜ぶものを取り入れるor何も食べずに抜く作業も必要だとぼくは感じています。

オーガニックでヴィーガン意識パンパンになりなさい。とか断食すげえぞ。とかそういう意味ではもちろんありません。あくまで自分の身体に聞いて、自分の心や身体が喜ぶものを摂取してみください。

④プロに依頼

①ー③をひたすらやればおそらく、その過程で「気付く」人が多いとぼくは思います。つまり、なんで受け取ったのかですね。

それでもよくわからないし、もう意味不明というときはそれっぽい人に聞くくらいがちょうどいいとぼくは感じています。

原因不明の病気や霊障の類は、何かしらのメッセージだとぼくは受け取ることが多くて(もちろんそうでない場合もあります)、そこに気付かない限り根本解決にはなり得ない可能性が高いです。

もちろん、症状によっては①ー③でも対応できないときもあるんですけどね。極論、気にしないもパワフルな効果を発揮します笑

まとめ:霊障をよく観察するといいかも?

今回は、霊障、サイキックアタックをまとめてみました。

当然ですが、別に自分に原因とかなくても、もらっちゃうときなどはありますよ。いわゆる「因果」とか関係なく来るやつもありますからね。

この辺りは、意識次第とか好みに寄りけりかもしれませんが、因果マスターはアタックは全部自分が出したものが還ってきているだけとかいうかもしれないし、幽霊マスターはすべて霊障に落とし込むかもしれません。

なるべく偏ることなくいろんな世界をみるのが好きなぼくは、「ごちゃ混ぜ」宇宙観が好きなので、なんでもアリを採用しています。まあ、ただ1つが原因ってこともないでしょうし。いろんなことがあるからおもろかったりします。

ただ、もらい癖が付きすぎている人は思い込みのパワーでそれを増幅させることも多いにあると思います。そんなときこそアップデートのチャンスだったりはするんですけどね。

みなさんは、目に見えない部分から何を見出しているでしょうか?

質問や意見などありましたらぜひコメントやSNSでご連絡ください。いつも読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください