ヒーリングセッションやっています

黒魔術

その怒りは腐臭を放ち、粘性を帯びていた

妬み嫉みが究極の支配に至ると、気を失ういかける

何度となくそういったことを経験した

その度に手で身体を支え、堪えていると

自分は四つ足になりたいのではないかと思った

この復讐には代償が必要である

それは間違いなくこの『自分』であった

待ち受ける未来は灰塵であろう

そこに犠牲者を一人増やせるかどうかの違いがあるだけで…

意識の遠退きと共に亡霊が現れた

複合的な表情をしたその亡霊は短い言葉を残し消え去った

『汝に巣食う非尊敬を排すべし』

その亡霊は創世の兄だったのだろうか

ゆっくりと、黒魔術めいた現象は衰えていった

復讐の怪人には成り損ねたようだ

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください