ヒーリングセッションやっています

一名様

怒っているという人がいた

口角や眉間を見て、そうなのだろうと思う

寂しいという人がいた

至近距離に座ってみたけれど

これだけでなんになるのだろう

彼らの外殻に触わってみても

物語が読み解けない

喜んでいるという人がいた

こういう時は一緒に飛び跳ねるのがいいんだ

心配してくれているという人がいた

その目は色々な意味が込められているらしい

私には分からないので

とりあえず、大丈夫だよと伝えた

私の学んだ差異を作らない生き方

触覚をもがれた少女は自他が希薄で

どこか超越的であるが、本人には知り得ない

少女は数々の読み解けない物語に触れ

もどかしさで息が出来ないように思えたが

そのもどかしさも第三者の陶酔の中にしかない

悪感情すら肯定され得る人生とはどのようなものだろうか

人々は開きすぎず閉じすぎない目に神性さを見出だすか

少女の胸の裡が悲風となって髪を揺らす

そんな幻を見ることさえ彼女には叶わない

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください