ヒーリングセッションやっています

星の行方

僕は思う

神はみだりに光輝を放ち、人々を平伏させない

神は水面を歩いてみせ、人々の力を奪いはしない

神の怒りなど、無い

神は僕達の幻想の中で言う無能に徹していると思う

僕は感じる

もし、目の前に神が現れたならば

存在感で圧倒せず、歩み寄るよう隙を与えてくれる

その隙は興味や疑念さえも許す

近寄ると、知性を宿した眼に吸い込まれそうになった

ただ、じっとこちらを見つめている

見透かされているのに攻撃性は全く無い

その眼は『あなたならできるもの』といった風であった

何故かこの眼は僕に力を与えてくれた

生きる上で大切なイニシアティブを教えてくれた気がしたのだ

僕は知る

選択は信頼の延長線上にある

星の禍福さえ、僕らの手に

ペドロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください